このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

住宅改修費支給申請

更新日:2019年5月17日

要介護認定又は要支援認定を受けたかたが、介護に必要な手すりの取付け、段差の解消などの小規模な住宅改修を行う場合に、厚生労働大臣が定めた住宅改修の種類であれば改修後、介護給付費が支給されます。

はじめにお読みください

はじめにこちらを確認してください。

申請書類など

事前申請

  • 申請書(以下の「償還払用」または「受領委任払用」)

  住宅改修費支給申請書(償還払用)(PDF:5KB)
    申請書(償還払用)記載例(PDF:120KB)
  住宅改修費支給申請書(受領委任払用)(PDF:8KB)
    申請書(受領委任払用)記載例(PDF:116KB)

申請した工事内容が変更した場合

被保険者本人が死亡し、被保険者以外の口座に入金する場合

工事後に必要となる書類

 

その他注意事項

新規で認定申請をし、認定結果が出る前の住宅改修について

新規認定申請中や区分変更申請中でも事前申請はできます。また、承諾書を受理した後であれば、工事に着手していただいて構いません。ただし、事後申請は認定結果後に行うようにしてください。また、認定結果が非該当となった場合には、全額自己負担となります。予めご注意ください。

入院・入所中の住宅改修について

入院中、入所中(一時帰宅や外泊を含む)は原則として住宅改修の支給申請が出来ません。
退院・退所することが決まり、やむを得ない事由で退院・退所前に改修を行う必要がある場合のみ、例外的に事前申請を受け付けます。
住宅改修を行ったにも関わらず、被保険者本人が改修箇所を利用しなかった場合(やむを得ない事由で退院・退所前に工事を行ったが状況が変わり退院・退所できなくなった等)、該当改修箇所については、支給対象外となります。

身体状況が変わったとき

要介護状態区分が3段階以上上がった場合、また転居した場合には再度20万円までの支給限度基準額が設定されます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部介護保険課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 いきいきプラザ1階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3133~3137、3143~3145)  ファックス:042-395-2131
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部介護保険課のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

サービス関係

このページを見ている人はこんなページも見ています

お勧めのリンクはありません。

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る