このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 東村山市議会 の中の 議会情報 の中の 会議録検索 の中の 平成23年・委員会 の中の 第2回 平成23年6月14日(生活文教委員会) のページです。


本文ここから

第2回 平成23年6月14日(生活文教委員会)

更新日:2011年8月1日


生活文教委員会記録(第2回)


1.日   時  平成23年6月14日(火) 午前10時6分~午前10時38分


1.場   所  東村山市役所第1委員会室


1.出席委員  ◎北久保眞道    ○石橋光明    佐藤真和    小松賢
          山崎秋雄      石橋博各委員


1.欠席委員  なし


1.出席説明員  金子優副市長   森純教育長   大野隆市民部長   曽我伸清教育部長
         原文雄市民部次長   當間丈仁教育部次長   當間春男産業振興課長
         大西岳宏市民協働課長   根建明庶務課長   小澤雅人指導室長
         村木尚生教育部主幹   神山正樹社会教育課長   森脇孝次市民スポーツ課長
         池谷俊幸国体推進室長   小谷中政美ふるさと歴史館長
         小俣己知雄産業振興課長補佐


1.事務局員  榎本雅朝局長   荒井知子調査係長   村中恵子主任


1.議   題  1.23請願第2号 「TPP参加反対の意見書」提出を求める請願(1)
         2.23請願第3号 「TPP参加反対の意見書」提出を求める請願(2)
         3.特定事件の継続調査について

午前10時6分開会
◎北久保委員長 ただいまより生活文教委員会を開会いたします。
―――――――――――――――― ◇ ――――――――――――――――
◎北久保委員長 傍聴の申し出があれば、これを許可したいと思いますが、これに御異議ございませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
◎北久保委員長 異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
  傍聴申請があれば、適宜これを許可いたします。
  休憩します。
午前10時7分休憩

午前10時9分再開
◎北久保委員長 再開します。
  審査に入る前に委員、並びに傍聴人に申し上げます。
  携帯電話、カメラ、テープレコーダー、電子機器等の委員会室への持ち込みの禁止が集約されております。本委員会への持ち込み、並びに使用は禁止をいたしますので、御承知おき願います。
なお、携帯電話をお持ちの場合は、電源を切り、使用されないようお願い申し上げます。
―――――――――――――――― ◇ ――――――――――――――――
〔議題1〕23請願第2号「TPP参加反対の意見書」提出を求める請願(1)
〔議題2〕23請願第3号「TPP参加反対の意見書」提出を求める請願(2)
◎北久保委員長 23請願第2号、23請願第3号を一括議題といたします。
  本請願につきましては、本日が最初の審査になりますので、議会事務局に請願文の朗読をいたさせます。議会事務局長。
(事務局朗読)
◎北久保委員長 朗読が終わりました。
  これより、審査に入ります。
  各委員より質疑、御意見ございませんか。山崎委員。
○山崎委員 意見を申し上げます。
  先日、私は市内の農業者クラブ主催の農業視察に参加しました。6カ所を見たんですけれども、2代目の方が真剣に説明してくれましたその様子を今でも思い出します。また、農業の発展を願っていることも感じました。
  そこで、TPPの参加は日本の農業、市内の農業、また地域経済に甚大な影響をもたらすと思います。請願文にも自給率の低下や米の生産量への影響などが示されていますが、市内の農業への影響について、所管へ幾つかお尋ねします。
  1番目としまして、市内の農家の戸数です。それから専業農家の戸数、兼業農家の戸数、もし軒数がおわかりになったら、それぞれお願いしたいと思います。
△當間産業振興課長 農家戸数は311でございます。あと専業、兼業ということですけれども、専業は本当に少のうございます。明確な数字は、後日でよければ、確認してお伝えしたいと思います。

○山崎委員 続きまして、2点目で、市内農家の農業所得の推移を、もしわかりましたら、5年間、よろしくお願いしたいと思います。
△當間産業振興課長 資料等、用意しておりませんので、これにつきましても、後日の答弁で御理解いただきたいと思います。
○山崎委員 3点目です。
  TPPに参加して、これからの農業の戸数とか、農地の面積とか、農業所得がどうなるか。試算の資料がありましたら、よろしくお願いします。
◎北久保委員長 もう一度、資料を言ってもらえますか。
○山崎委員 これから農家の軒数が増加するか、減るかです。それと農地の面積がどうなるか。それから農業所得がどうなるか。その試算をした数字がありましたらお願いしたいと思います。
◎北久保委員長 調べられますか。今までの経緯でこうなるでしょうという予測くらいはあれかもしれないけれども、影響を受けたというあれは、今までの相続だとか、それを勘案して、このようになっていますということは答えられるかもしれませんけれども、TPPに関してというのは、なかなか難しいと思います。今後の予測だけでいいですか。よろしいですか。
○山崎委員 もう一点ございまして、私たち市民の多くは、消費者は、関税がなくなって安い輸入作物に飛びつくんですけれども、市内の農業者の活性化では、安定的な作物が供給できるかが問題なんです。安定させた市内の農業物を市民の口に入ることができるようにすることが一番必要ではないかと思うんですけれども、もし所管のお考えがありましたら、お願いします。
  ですから、安い輸入物が入ってくれば、そこに飛びつきますね、私たちは。やはり市内の農業の安定と、農家の所得が安定するためには、どういう施策があるかどうかを、所管の考えがあればお願いします。
△當間産業振興課長 先ほど、山崎委員が、意見を述べるという形でおっしゃっていました。
  この場で御質疑いただくというのは、非常に厳しい状況、先ほど申し上げましたように資料を持ってきておりませんし、また、資料請求等については、この場で資料請求という形ではどうなのかなと思っておりますので、その辺の、よろしくお願いしたいと思います。
◎北久保委員長 ほかに。佐藤委員。
○佐藤委員 とりあえず進め方の話で、今、所管からのお話がありましたけれども、この請願を審査するに当たって、必要と思われる資料を、この後、委員間で詰めて、委員長を通してお願いするということで、整理を委員長にお願いをしたいと思いますので、御検討ください。
◎北久保委員長 そのような意見をいただきましたけれども、今、資料はございませんので、資料請求があれば、資料請求したいと思いますので、言っていただければありがたいと思います。
  先ほどの農業所得と耕地面積とか、いろいろありましたけれども、あれはTPPが実施された後というのは、難しいと思うんです。ですから、今後の、数年後の予測で構わないというもので、そのような形にしてください。
  休憩します。
午前10時24分休憩

午前10時28分再開
◎北久保委員長 再開します。
  質疑ございませんか。佐藤委員。
○佐藤委員 所管のほうに伺います。
  農業の新しい計画を、今、つくっていらっしゃると思うので、今の状況について、お話しいただけたらと思います。
△當間産業振興課長 第2次の農業振興計画につきましては、昨年度1年間かけて、市民等の意見を伺いながら、策定してまいりました。議会最終日までには、皆様のお手元に届けさせていただく予定でございます。
○佐藤委員 そこで伺いますけれども、今、山崎委員のほうから、とりあえず現状の農業の戸数、全体として311戸というお話があって、専業、兼業についてはこれからというお話、詳細は後日というので、その辺と、それから、今、資料の要求のあった農家の収入、所得の推移、それから耕地面積というあたりは、今回の計画にどれぐらいまで書き込まれているのか、そこを教えてください。
△當間産業振興課長 これからの10年間の計画の策定ということになっておりますけれども、今後10年間の中で農地の減少が予測される面積とか、これからどういうふうな状況で農業が推移していくかという部分も含めて、なおかつ、農業振興に向けての考え方といいますか、その辺のところが盛り込まれております。
○佐藤委員 わかりました。もう一つは、これまで予算・決算を通じて農家の状況について、大分、議会でも議論してきている経過がありますので、そこも踏まえて、そして間もなく今の振興計画が出るというお話でしたので、そこを踏まえて、今、山崎委員からあった資料を含めて、委員会で精査をして、後日、そういう点では、計画が出てから、委員会のほうで精査をして、委員長に最終的にこの資料ということを確認をして、特定をした上で、次回の委員会で資料請求を確定させるということの段取りでお願いできたらと思いますので、よろしくお取り計らいを、委員長にお願いいたします。
◎北久保委員長 ほかに、質疑、御意見等ございませんか。石橋光明委員。
○石橋(光)委員 今回の請願に関しては、当然、国のほうが方向づけを持って、構想をしっかり練っていかなければいけない。当然、それが地方自治体にも及ぼす影響というのは、少なからずあるであろう。それは御案内のとおりだと思いますけれども、現実、日本は、貿易立国として栄えてきた歴史もあります。ですから、産業界等がこの部分に関しては推進すべきという立場でもいらっしゃいます。逆に、JAを中心とした方々に関しては、非常に危惧される部分で、非常に微妙な問題だと思います。
  ましてやこの3・11の東日本大震災がありまして、東北地方、非常に農業関係に大打撃を受けたということもありまして、国もこの部分に関して、どういうバランスをとって、世界各国との貿易を行っていくかという、いわゆる市議会レベルでは、考えるのが非常に難しい課題だと思います。
  ですから、いつ、このTPPに関して国が手をつけてやっていくかというのは、非常に不透明な部分がありますので、市議会レベルで意見書を出すという請願ではありますけれども、調べられるところまでは調べて、プラス国の動向もしっかり見て、どういう方向に進めていくのかということも、早期に出るのか、まだまだ先になるのかわからないですけれども、うちとしてはそういうことを踏まえて、議論に参加していきたいと思っています。
◎北久保委員長 ほかに、質疑、御意見等ございませんか。佐藤委員。
○佐藤委員 この問題について、今、石橋委員もおっしゃいましたけれども、去年の今ごろは、それこそ政府は一直線というような感じ、推進一直線というような感じでしたけれども、まさに震災以降の状況もありますし、うちの会派の話をすると、3人、寄り合い所帯ですが、それぞれの考え方が、三者三様に近いところがあって、きょうのところで、うちとして賛否をお伝えするというのは、ちょっと難しいなとは思っているところです。
  個人的に言えば、震災以後の状況を受けて、グローバリゼーションでずっと突っ走ってきたのが本当によかったのかなという投げかけが大分起きていると思うし、ローカライゼーションということの考え方の中でどうするのかという大きな、市長もパラダイムシフトという言い方をされていましたけれども、そういうことで考えなければいけない問題だなとは受けとめています。
  ただ、基本的には、考え方の違いに立つところが大きいので、資料請求も先ほど、次回確定してというお話もありましたので、きょうのところは、私は、少し各委員から考え方、今あれば出して、その上で、継続でお願いできたらと思っています。うちももう少し会派で議論をしてから、話を詰めていきたいと考えております。
◎北久保委員長 ほかに、質疑、御意見等ございませんか。山崎委員。
○山崎委員 考え方というのが出たんですけれども、請願が2つも出ていますもので、これは東村山の民主的な団体の新婦人、それから革新懇で、よくこの文書を見ていただければ、考え方ということがありますけれども、やはり請願が出ているので、前向きに考えて、ぜひ私ども共産党は、この請願に賛成するという形で、今、討論をしていますもので。
◎北久保委員長 ほかに、質疑、御意見ございませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
◎北久保委員長 質疑、御意見等がないようですので、以上をもって、本日は継続審査といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
◎北久保委員長 異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
  次に進みます。
  休憩します。
午前10時36分休憩

午前10時37分再開
◎北久保委員長 再開します。
―――――――――――――――― ◇ ――――――――――――――――
〔議題3〕特定事件の継続調査について
◎北久保委員長 特定事件の継続調査についてお諮りいたします。
  本件につきましては、お手元に配付のとおりとし、本会議の議決を得たいと思いますが、これに賛成の方の起立を求めます。
(賛成者起立)
◎北久保委員長 起立全員と認めます。よって、さよう決しました。
  次に進みます。
  以上をもって、本日の生活文教委員会を閉会いたします。
午前10時38分閉会

 東村山市議会委員会条例第30条の規定により、ここに署名又は押印する。

生活文教委員長  北 久 保  眞  道






















議会事務局職員

記録担当

議事係長

次長

局長



このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2813・2814)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

平成23年・委員会

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る