このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 東村山市議会 の中の 市議会の活動状況 の中の 議員研修会 の中の 議員研修会「議会における政策形成について」(平成26年6月、7月) のページです。


本文ここから

議員研修会「議会における政策形成について」(平成26年6月、7月)

更新日:2016年10月21日

議員研修会「議会における政策形成について」

日時:平成26年6月28日(土曜)午後2時から午後5時
場所:いきいきプラザ マルチメディアホール
講師:会津若松市議会前議長 目黒章三郎氏
出席者:議員21人

日時:平成26年7月8日(火曜)午後2時から午後5時
場所:市役所6階 第1委員会室
講師:日野市議会議長 菅原直志氏
出席者:議員20人

 議会基本条例第13条では、「議会は、積極的に政策提案を行うよう努め、目的達成のために政策研究会を行うことができる」と規定しています。
 この「政策研究会」をどのように行っていくか、先進市の事例を参考にするため、福島県会津若松市議会前議長の目黒章三郎氏、日野市議会議長の菅原直志氏を講師に招き、「議会における政策形成について」をテーマに議員研修会を開催しました。
 会津若松市議会は、市民との意見交換会で出された意見を議員同士で議論し、政策提案に結び付けています。また、政策実施後も成果を検証しており、広報広聴委員会の役割や政策討論会の定義など、市民の意見や要望に応えるための「政策形成サイクル(政策研究・立案・決定・執行・評価)」について話を伺いました。
 日野市議会では、施策を提案するために議員連盟を設立し取り組んでいます。そこでまとめた「提言書」を市長に提出し、さらに条例を議員提出議案として提出、政策につなげています。講演では、議員連盟の設立経過や手法、その成果などについて伺いました。
 議会としてどのように施策の提案ができるか、両議会の事例は大変参考になるものでした。

 東村山市議会では、議会基本条例をどのように機能させ、自らの責任と役割を果たしていくか、今後も議会全体で議論を重ねていきます。

<研修の様子>

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2813・2814)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る