このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 東村山市議会 の中の 市議会の活動状況 の中の 請願等一覧 の中の 請願一覧 の中の 21年6月~現在 の中の 議員が一般質問をする場合、請願・陳情と主旨等が重なっても、できるようにする陳情 のページです。


本文ここから

議員が一般質問をする場合、請願・陳情と主旨等が重なっても、できるようにする陳情

更新日:2014年12月18日

主旨

議員が一般質問をする場合、請願・陳情と主旨等が重なっても、できるようにする陳情

陳情内容

 現在、一般市民から請願・陳情が提出された内容(主旨)が、一般質問で議員が取り上げることができない場合があります。
 請願・陳情が常任委員会で審議されるためでしょうか?
 議会の運営に関する諸規則など拘束があるなら改めてください。
 一般市民にとって、各会派また個人の議員が、一般質問の「通告内容や質問予定」など、全くあずかり知らないことです。
 また、議員にとっても、陳情が広く出しやすくなった現状で、どのような主旨の陳情・請願(1議員の紹介)がだされるか、予測不可能ですから、一般質問の通告を規制するようでは、住民から要望を受ける議員の議会活動に支障が当然生じます。
 議員が請願・陳情の取り下げを、市民に打診するケースが、過去にもありました。
 本議会と常任委員会(閉会中の委員会も同じ)の関係で、請願・陳情審議より先に一般質問をするのがまずいのなら、一人会派の議員は、請願・陳情の内容によって、不利な状態になります。切り口を変えることで問題ないと考えます。
 本会議で、所属しない委員会の委員長報告を、限られた時間で質疑討論することになっています。
 過去には、所属委員会に関する一般質問はできないと理解されるような、話も伝わっていました。議員研修会で、議会運営の規則など学習されていても、市民は、一般質問前締め切りに合わせて、請願・陳情を提出するわけですから、この矛盾を解決するよう要望します。
 地方自治法、東村山市議会条例の本旨から、上記に関する「議会諸規則」また“過去からの申し合わせ文章”がもし存在するなら、変更されることを願います。

平成26年12月8日

陳情人
東村山市本町1-13-22
パルナス本町パート3-212
黒田 誠

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2813・2814)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

21年6月~現在

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る