このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 東村山市議会 の中の 市議会の活動状況 の中の 請願等一覧 の中の 請願一覧 の中の 21年6月~現在 の中の 視覚障がい者が安全に暮らせるまちづくりについての施策を求める陳情 のページです。


本文ここから

視覚障がい者が安全に暮らせるまちづくりについての施策を求める陳情

更新日:2014年9月1日

陳情項目

視覚障がい者も安全に移動でき、建築物の入口へ確実に到達できるよう、東村山市としてまちづくりのルール(要綱やガイドライン)を設けてください。

理由

 近年、バリアフリー法(1994年)、交通バリアフリー法(2000年)、それらを統合したバリアフリー新法(2006年、以下「法」という)により、障がい者、特に車椅子を使うものにとってのバリアフリー化は飛躍的に進みました。
 しかし、段差解消や歩道・通路の拡張が進むことが、私たち視覚障がい者にとっては、かえってバリアを強化することになっている現状をご存知でしょうか。私たちは、白杖の先で小さな凹凸を感じながら移動しています。段差が無くなり、手掛かりの乏しいスペースや駐車場が広がることで、移動ができなくなってしまいます。点字ブロックが誤った敷かれ方をしていることも少なくなく、そのことが危険性を高めている場合すらあります。
 特に、広い道路沿いの施設や店舗で、大きな駐車場やオープンスペースの奥に設けられるものが多くなったことは、私たちにとっては大きな問題です。大型店の進出によって歩いていける距離にある中小の店が次々と消えていることは、それだけで移動手段を持たない私たちにとっては死活問題ですが、たとえたどり着いても、自身の力で入店することすら難しくなっているのです。
 視覚障がい者にとっての「バリア」について正しくご理解いただき、特にバリアフリー法が対象とする建築物に対し、市として必要な対策を講じることを求められるようなルール(要綱やガイドライン)を設けていただきたく、陳情いたします。

平成26年8月15日

陳情人
東村山市萩山町2-13-1-207
翔和会 会長 手賀 清春

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2813・2814)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

21年6月~現在

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る