このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 東村山市議会 の中の 市議会の活動状況 の中の 議案一覧 の中の 平成17年 の中の 平成17年9月定例会 議員提出議案の審議結果 の中の 「リフォーム詐欺」から高齢者等を守るための対策強化を求める意見書 のページです。


本文ここから

「リフォーム詐欺」から高齢者等を守るための対策強化を求める意見書

更新日:2011年2月15日

認知症など判断能力の不十分な高齢者を狙って不要なリフォーム工事を契約させ、法外な代金を請求・だまし取る「リフォーム詐欺」が大きな社会問題になっています。そうした犯罪行為の横行を許さないため、まずは、あらゆる法律・制度を駆使し、関係機関が連携して、悪質業者を摘発することと、再発防止への早急な取り組み強化が求められます。

そのため政府は7月13日、関係6省庁課長会議において当面の対応策となる緊急対策を決めました。その内容は、悪質業者に対する行政処分や取り締りの強化、関係業界に再発防止策を求めるなど、多岐にわたっています。

その上で、今後の課題として、成年後見制度をより利用しやすくするための措置や、リフォーム工事に関する建設業法の見直しなどが指摘されています。高齢者等を「リフォーム詐欺」から守るため、早急に下記の項目を実施するよう強く要望いたします。

一.成年後見制度の普及、活用

(1) 制度趣旨への理解を含めた周知・徹底のための広報活動を強化するとともに、成年後見申立時の費用や後見人への報酬を助成する成年後見制度利用支援事業を拡充・周知すること。

 (2) 第三者後見人の人材を確保すること。

一.建設業法の見直し

 リフォームを含む建設工事の請負契約の締結に当たっては、書面の記載

などの手続義務規定違反に対する罰則を設けること。

一.全国各地の窓口で気軽に法的サービスが受けられる「日本司法支援セン

ター」(来秋スタート予定)が、高齢者らに対する出張相談などを積極的に

実施すること。

一.特定商取引法や消費者契約法、割賦販売法などを活用して被害者の早期

救済を図るとともに、悪質リフォームを対象にした取締法規の制定を検討

すること。

以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。

平成17年9月 日

 東京都東村山市議会議長 丸山 登

内閣総理大臣 小泉 純一郎 殿

法務大臣 南野 知恵子 殿 

厚生労働大臣 尾辻 秀久 殿

経済産業大臣 中川 昭一 殿

国土交通大臣 北側 一雄 殿

国家公安委員長 村田 吉隆 殿

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2813・2814)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る