このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年 第4回議会報告会

概要


9月議会の報告と意見交換会のポスター

今年、4回目の議会報告会を開催しました。2日間で約30名の方にご参加いただきました。

  • 内容
  • 平成29年9月定例議会の報告、各会派の意見
    テーマ
    「私たちの税金はどう使われた? 28年度決算と各会派の意見」

議会報告会 報告書

日時:平成29年11月17日(金曜)午後7時から9時
場所:東村山駅西口サンパルネ コンベンションホール
参加人数:20人
司会:石橋博
報告と説明:佐藤まさたか、小林美緒
        肥沼茂男、島崎よう子、おくたに浩一
        土方桂、駒崎高行、山口みよ

その他の出席議員: 伊藤真一、かみまち弓子、小町明夫
             渡辺英子、村山淳子、横尾孝雄
             大塚恵美子、白石えつ子、蜂屋健次
             熊木敏己、石橋光明、渡辺みのる、さとう直子

日時:平成29年11月18日(土曜)午後2時から4時
場所:市民センター2階 会議室
参加人数:8人
司会:大塚恵美子
報告と説明:島崎よう子、蜂屋健次
        肥沼茂男、おくたに浩一、土方桂
        佐藤まさたか、駒崎高行、山口みよ

その他の出席議員: 伊藤真一、かみまち弓子、小林美緒
             小町明夫、渡辺英子、村山淳子
             横尾孝雄、大塚恵美子、白石えつ子
             石橋博、熊木敏己、石橋光明
             渡辺みのる、さとう直子

報告内容(1日目、2日目とも同様)

  • ようこそ議会報告会へ

・東村山市議会について(「市議会のしおり(PDF:972KB)」に沿って説明)

  • 9月定例議会の報告

市長提案議案18件のうち、4件の報告をした。

・議案第49号 印鑑条例の一部改正
・議案第50号 手数料条例の一部改正
・議案第54号 児童館第2野火止分室の指定管理者の指定
・議案第63号 平成29年度一般会計補正予算(第1号)

結論を出した陳情5件の報告をした。
   
・29陳情第9号 文部科学省前事務次官・前川喜平氏らの国会証人喚問を求める意見書に関する陳情
・29陳情第10号 骨髄移植ドナー支援制度策定に関する陳情
・29陳情第11号 市民が介護保険制度を「我が事」にするため、市民が必要とする情報をいつでも手元に置き、介護保険制度を使いこなすことができるよう、市民本位の「介護事業者ガイドブック(冊子)」を、保険者である行政の主導で作成し、必要とする市民に「保険者サービス」として無償配布することを求める陳情
・29陳情第12号 「全国森林環境税の創設に関する意見書採択」に関する陳情
・29陳情第13号 精神障害者も心身障害者医療費助成制度(マル障)の対象と
           することについての陳情書

委員会提出・議員提出の2件を報告した。

・委員会提出議案1号 精神障害者も心身障害者医療費助成制度(マル障)の対象とすることを求める意見書
・議員提出議案第1号 北朝鮮のミサイル発射・核実験強行に対する抗議決議

決算特別委員会の報告をした。

・決算特別委員長が28年度決算の概略を説明した。その後、各会派(草の根市民クラブを除く)から決算を審査した際、評価した点と課題とした点を報告した。

 


主な質問と回答

(質問)  委員会提出議案と議員提出議案の違いはなにか。
(回答)  陳情内容が、都や国へ意見書の提出を求める陳情で、委員会で採択した場合において委員会から本会議に提出されるものが委員会提出議案。議員提出議案も委員会 提出議案も、大きく変わるものではない。
(注記)当日は上記のように回答しましたが、以下のように補足させていただきます。2006年の地方自治法改正で、委員会審査の充実を図るため、従来は自治体の長と議員に限られていた議案提出権を委員会にも認めることとされた。今回は厚生委員会において全会一致で採択した陳情を踏まえ、委員会が提案者となって東京都知事に対する意見書案を提案した。両者に大きな違いはない。
(質問)  お金をもっと借り入れてでも、大胆な施策を打つことを考えるべきではないか。
(回答)  現在進行中の事業の中には、西武線連続立体交差化事業や都市計画道路など、将来へ向けて大きな予算が動いているものも多々ある。予算編成時には各部署から財政所管に要望がされるが、その段階で40億円から50億円程度の収支のかい離が生じている。将来負担を見据え、無理なく、できる限り借り入れを増やさないよう予算を組み執行しているのが現状である。
(質問)  東村山駅西口のエレベーターが大雨による故障で止まっているが、西口ビルの維持管理費用や駐輪場エレベーターの運営費はどこの費目から出されているのか? 
(回答)  ビル内の公益施設は、健康増進施設がメインなので指定管理者への費用として年 間約4,500万円を衛生費(東村山駅西口公益施設運営経費)から、駐輪場については総務費(駐輪場維持管理経費)から支出している。エレベーターの故障について は現在対応を進めていると聞いている。
(質問)  提出した陳情が9月定例会で採択されたが、今後は議会としてどう進めるのか。
(回答)  採択された請願や陳情は、行政への法的強制力はないが、議会として責任を持って実現を図っていきたい。10月に公表された市の予算編成方針にも、議会で採択された請願や陳情には配慮することと記されている。来年度予算審議の際にも注視する。
(質問)  請願と陳情では扱いや効力に差があるのか。
(回答)  法律上は異なるが、東村山市議会では議会基本条例第7条で、その内容が政策提案に関するものなど、審議又は審査する必要があると認める陳情については、請願と同様に取り扱うこととしている。採択された請願と陳情は同じ重みももつ。

(質問)  議案第49・50号について、
(1)なぜ印鑑登録証明書だけが対象なのか。
(2)今年度の ランニングコストが約2か月分で33万円だが、翌年度は12か月分で2,000万。計算として合わないのではないか。
(3)過去、住基カードの普及を目的とし、国の補助 金100%だからと電子ロッカーを導入したことがあるが、今回も国の補助金は入るのか?
(回答)  (1)住民票やその他の証明書もコンビニ交付ができるようになる。
(2)コストについて深い議論はなかったが、1通あたりのコストについての質疑はあった。
(3)国から の補助金について質疑はなかったが、実際には一定程度あるものと考えている。
(注記)当日は上記のように回答しましたが、以下のように補足させていただきます。コンビニ交付事業について、直接その経費に充てる補助金はないが、コンビニ交付サービスを利用するために必要となるマイナンバーカードの交付事務に係る経費について、国から補助金が出ている。
(質問)  定例議会の最終日までに提出された請願や陳情は、閉会中に審査されるはずだが、9月に出された陳情はなぜ審査されないのか。締切りを2回設けている意味は何か。  
(回答)  基本は次の定例会で審査するが、結論が急がれる場合は閉会中も審査できる。
(質問)  市税のコンビニ納付件数がかなり多いと感じるが、
(1)市税と軽自動車税の合計なのか。
(2)口座引落しや窓口での納付はどれくらいあるのか。
(回答)  (1)合計件数である。
(2)実績の質疑はあったが、他の納付方法の件数については数字を持ち合わせていない。
(意見)  個人情報漏洩のリスクを考えると、コンビニ納付はよい方法とは思わない。市と議会をあげてセキュリティーの高い支払い方法を推進するべき。
(質問)  ほっとシティ東村山について国会でおとしめるような質問があったと聞くが、市はどう対応しているのか。
(回答)  市長が衆議院議長に質問状を提出したことまでは承知しているが、その後に衆議院の解散もあり、現状については説明できかねる。
(質問)  介護保険事業特別会計で7億余が収支差額とされるが、どう扱われるのか。
(回答)  次年度の補正予算において安定化基金への積み立て、一般会計への繰り戻し、過交付分は国庫へ返納する。介護保険事業は3か年で財政上の均衡を図っている。

課題と成果

■参加人数が過去最少(1日目20名・2日目8名)であったことについて
・参加してよかったと思えるような工夫が不可欠。原稿を読むだけではダメ。数字の
 出し方や見せ方の工夫や、議会で議論したポイントがもっとわかるようにする。
・全体としては少なかったが、今回も初めて参加してくださった方が20%以上いた。
 20代、30代、40代の参加もあり、駅頭でチラシを受け取ってという方も7名いた。
・仕掛けや呼びかけの工夫、委員会との連動等が必要。議会報告会というネーミング
 も含めて硬い印象。各議員がもっと声を掛ける努力も必要。
・9月定例議会が終わってから約2か月経っての実施だが、市議会だより発行よりも
 早い時期に開催すれば参加者にお得感も出るだろうし、もっと新鮮な感じが出るの
 ではないか。(要検討とする。)

■的確な答えができない場面があったこと、質問に対して議長が答える場面が多かったことについて。
・受けた質問を反芻して整理、確認する力が必要。
・各委員長は守備範囲に対してもっと責任を持つ。事前準備もしっかり行って臨む。
 その上で、臨機応変に他の議員が答えることも必要。
・当日、不明瞭や不正確な回答をした質問についての扱いはどうするのか?
⇒正確な回答になるように修正、補足した上で、議会ホームページに掲載する。

■決算特別委員会の報告を初めて行ったことについて
・会派意見を5分間ずつ述べるのは長すぎる。手元の市議会だよりと同じ内容を読み
 あげるのではなく、聞き手がわかりやすい内容に整理し、語りかけるように伝えた。

アンケート集計表

アンケート集計表
開催日

11月17日(金曜)

11月18日(土曜)

合計
開催場所

東村山駅西口
サンパルネ

市民センター  
参加人数 20人 8人

28人

アンケート数 13枚

8枚

21枚
設問      
1.お住いは

市内12 市外1

市内7 市外1

市内19市外2

内訳

本町3 久米川町2

本町1 久米川町1 本町4 久米川町3
  秋津町0 青葉町1 秋津町1 青葉町0 秋津町1 青葉町1
  恩多町2 萩山町0

恩多町1萩山町1

恩多町3 萩山町1
  栄町0 富士見町0 栄町0 富士見町1 栄町0 富士見町1
  美住町0 廻田町0 美住町0 廻田町1 美住町0 廻田町1
  多摩湖町2 諏訪町0 多摩湖町0 諏訪町0

多摩湖町2  諏訪町0

  野口町2 野口町0 野口町2
2.年代は      
~10代 0 0 0
20代 1 0 1
30代 2 0 2
40代 0

2

2
50代 7 2 9
60代 2 3 5
70代 0 1 1
80代~ 1

0

1

3.何で知りましたか      
市議会だより 2 3 5
市議会ホームページ 0 2 2
公共施設ポスター 0 0 0
駅頭配布チラシ 7 0 7
議員から 3 2 5
友人知人から 1 0 1
その他 1 2 3

4.これまで参加したことがありますか

     
はじめて参加した 5 1 6
参加したことがある 7 7 14
5.内容はいかがでしたか      
わかりやすかった 6 4 10
わかりにくかった 0 0 0
どちらともいえない 5 2 7

6.市議会だよりを読んだことがありますか

     
毎号読む 7 6 13
特定の記事だけ読む 1 1 2
まったく読まない 2 0 2

(注記)未記入や複数回答があるため、内訳と合計が合わない場合があります。

当日いただいた貴重なご意見やご感想は、今後の参考にさせていただきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る