このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

高額介護サービス費

更新日:2019年8月20日

 1か月に利用した介護保険サービスの利用者負担の合計(同一世帯内に複数の利用者がいる場合には世帯合算)が高額になり、上限額(月額)を超えた場合、利用者負担段階区分に応じた額が後日、給付されます。

(注記1)
本制度に該当する場合、通常、サービス利用月の3か月後以降に、当市より個別でご案内をいたします。
(注記2)
介護保険サービスの利用者負担」には、福祉用具購入費・住宅改修費の自己負担額、支給限度額を超えて10割となった自己負担額、通所介護(デイサービス)等を利用した際のお食事代やレクリエーションの材料費等、施設サービス利用時の食費・居住費・日常生活費等は含まれません。
(注記3)
上限額(月額)」「利用者負担段階区分」につきましては、下表1をご覧ください。

表1 自己負担の上限額(月額)
利用者負担段階区分 上限額(月額)
平成29年7月まで 平成29年8月から
現役並み所得者相当のかた (世帯)44,400円
市民税課税世帯のかた (世帯)37,200円

(世帯)44,400円

世帯全員が市民税非課税 (世帯)24,600円

世帯全員が
市民税非課税であり

  • 老齢福祉年金受給者
  • 合計所得金額+課税年金収入額≦80万円 等

(世帯)24,600円
(個人)15,000円

生活保護受給者 等 (個人)15,000円

(注記4)
「現役並み所得者相当のかた」とは、同一世帯内に課税所得145万円以上の第1号被保険者(65歳以上)のかたがおり、そのかた(達)の収入が、単身の場合383万円以上・2人以上の世帯で合計520万円以上のかた

(注記)5
市民税課税世帯のかた」の世帯で、1割負担となる被保険者のみの世帯については、平成29年8月から3年間に限り、自己負担額の年間(8月から翌年7月までの間)の上限額を446,400円(37,200円×12か月)とする緩和措置が適用されます。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部介護保険課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 いきいきプラザ1階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3133~3137、3143~3145)  ファックス:042-395-2131
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部介護保険課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る