このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

後期高齢者医療保険料の納め方

更新日:2017年6月8日

特別徴収

 受給している老齢(退職)年金等が、年額18万円以上のかたは、年金からの天引き(特別徴収)となり、受給している年金からあらかじめ差し引かれます。特別徴収は、年額保険料を6期(年金支給月の4、6、8、10、12、2月)で納付します。

 なお、4月、6月及び8月に納付する保険料は、法の規定により「仮徴収額」となり、原則として前年度の2月に納付した額と同額になります。ただし、年度途中に75歳になられたかたは、前年度保険料をもとに算出した仮徴収額となります。年額保険料の決定後、年額保険料から仮徴収額を控除した額を「本徴収額」として、10月、12月及び2月に分割して納付します。

普通徴収

 受給している老齢(退職)年金等が、年額18万円未満のかたは、納付書(あるいは口座振替)で納めていただきます。

 なお、下記の事由に該当する場合、老齢(退職)年金等が年額18万円以上であるにもかかわらず、普通徴収となります。

  1. 年度途中で資格を取得したとき
  2. 年度途中で他の市区町村から転入したとき
  3. 年度途中で保険料額や年金額が変更になったとき 等

保険料賦課決定通知書・納入通知書の送付

 毎年7月中旬頃に保険料の通知書を送付いたします。
 年金の4月支給分から仮徴収額を天引きさせていただいている特別徴収のかたには、後期高齢者医療保険料額決定通知書をお送りします。年間保険料額と年金からの毎回の天引き額(4月~翌年2月)がご確認いただけます。
 年金から天引きされない普通徴収のかたには、後期高齢者医療保険料額決定通知書、納入通知書(納付書)をお送りしますので、取り扱い金融機関で納付をお願いします。
(注記)すでに口座振替の手続きをされているかたには、納付書はお送りしません。

口座振替のご案内

 保険料の納付は便利な口座振替をおすすめします。平成21年4月より、市へ納付方法の変更手続きをしていただくことによって、後期高齢者医療保険料を年金天引きから口座振替に変更できるようになりました。

 保険年金課窓口あるいは市内の金融機関等に備え付けられている後期高齢者医療保険料の口座振替依頼書にて手続きをお願いいたします。その際は預金通帳、届出印をお持ち下さい。

 なお、口座振替の申込がないかた、年度途中で資格を取得された、あるいは転入されたかたに関しましては、保険料決定通知書発送の際に、葉書型の口座振替依頼書をお送りしています。こちらでもお申込みできます。保険年金課窓口にも置いてありますので是非ご利用ください。

社会保険料控除の適用について

 後期高齢者医療保険料は、所得税や住民税の社会保険料控除の対象になります。特別徴収のかたは、ご本人に社会保険料控除が適用されますが、口座振替を選択された場合は、口座振替により保険料をお支払いいただいたかた(被保険者または被保険者と生計を一にする配偶者そのた親族に限ります)に適用されます。

後期高齢者医療保険料取扱金融機関一覧(口座振替可能な金融機関)

取扱金融機関一覧
金融機関名
りそな銀行 みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行
埼玉りそな銀行 武蔵野銀行 東京都民銀行 山梨中央銀行

三井住友信託銀行

東和銀行

東京スター銀行

八千代銀行

飯能信用金庫

西京信用金庫

西武信用金庫

青梅信用金庫

多摩信用金庫

東京厚生信用組合

大東京信用組合

中央労働金庫

東京みらい農業協同組合

東京都信用農業協同組合連合会及び東京都の各農業協同組合

郵便貯金銀行(東京都・山梨県及び関東各県所在)

(注記) 郵便貯金銀行は納付期限内の取扱のみとなります。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保険年金課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2533~2538、2543~2545、2546~2547)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部保険年金課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る