このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

医師会コラム

更新日:2018年8月13日

子宮腺筋症

子宮腺筋症は、本来、子宮の内腔に位置する子宮内膜に類似した組織が子宮筋層内に増殖する病気です。
 子宮腺筋症の組織は、女性ホルモンの影響を受け、正常な子宮内膜と同じように子宮筋層内で増殖し出血するため、病気が進行すると子宮筋層が厚くなり、子宮が大きくなります。子宮腺筋症の症状は生理痛、過多月経、過多月経に伴う貧血などです。
 子宮腺筋症を診断するための検査は、まず経腟超音波検査で子宮および卵巣の状態を見ます。次に、血液検査で腫瘍マーカーをチェックします。最後に、MRI検査で病変の位置や広がりを見極めます。
 子宮腺筋症は子宮筋腫および子宮内膜症と似ているところがありますが、子宮筋腫でできるこぶが、子宮腺筋症では見られません。また、子宮内膜症は子宮以外にできますが、子宮腺筋症は子宮にできます。
 子宮腺筋症は薬もしくは手術により治療します。薬による治療では、貧血がある場合は鉄剤やサプリメントで貧血を改善します。月経痛や下腹痛には鎮痛剤で症状を抑えます。痛みの強い場合は低用量ピルで症状が軽減できます。症状が重い場合は、子宮全摘手術などを考慮することが必要です。
 生理痛や貧血にお悩みのかたは、一度婦人科を受診することが好ましいと思います。

東村山市医師会

関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 東村山市医師会(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康増進課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線:庶務係3213~3214、保健事業係3217~3219、健康寿命推進係3138~3139・3215~3216、高齢者支援係3146~3147)  ファックス:042-395-2131
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部健康増進課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る