このページの先頭です

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

東村山市の取り組み

更新日:2013年7月29日

 特別支援教育とは、従来の特殊教育の対象の障害だけではなく、LD等を含めて障害のある児童・生徒の自立や社会参加に向けて、その一人一人の教育ニーズを把握して、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な教育や指導を通じて必要な支援を行うものです。

東村山市特別支援教育の取り組み

 東村山市の特別支援教育では障害の有無にかかわらず、すべての子どもたちが豊かに暮らすことのできる社会の実現を目指すことを基本理念にしています。

専門家チームによる巡回相談

 学識経験者・医師・臨床心理士・指導主事・相談員・都立特別支援学校教員などの専門家が学校からの依頼を受けて、市内小・中学校を巡回し、特別な教育的支援を必要とする児童・生徒に対しての支援方法等の指導・助言を行っています。

特別支援教育運営委員会

 特別支援教育コーディネーターと特別支援学級設置校の教員で構成される委員会です。特別支援教育の推進と充実を図り、教育環境の向上を目的としています。

教員サポーター制度

 学校からの要請に応じ、通常の学級において、担任を支援するサポーターを派遣しています。

支援員補助金制度

 身体的な理由などにより、教室移動や着替え、学校行事の参加などで支援を受けているお子さんの保護者に対して費用の一部を補助する制度です。

特別支援学級(固定学級) 

 知的な発達に遅れがある児童・生徒に少人数の学級で個の能力や可能性に応じた教育を行います。

特別支援学級(通級指導学級) 

 通常の学級での学習が可能であり、通常の学級に籍を置きながら、週に1・2回個別指導やグループ指導を行います。

就学支援シート

 就学先が決定した後、保護者の方の希望のもと作成します。就学前施設と保護者の方がお子さんの様子等について記入します。特別な支援を必要としているお子さんが学習しやすい環境を整えるために活用します。

副籍制度

 都立特別支援学校や特別支援学級に通学している児童・生徒が副次的に地域の学校に籍を置く制度です。地域の学校との交流と地域とのつながりを目的としています。

東村山市の特別支援教育リーフレットPDFファイル

東村山市の特別支援教育についてリーフレットにまとめました。
下記のファイル名をクリックして下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

教育部教育支援課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3441,3443~3445)  ファックス:042-397-5431
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部教育支援課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る