このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 子育て・教育 の中の 青少年育成 の中の 青少年健全育成大会 の中の 平成27年度「青少年健全育成大会」の様子 のページです。


本文ここから

平成27年度「青少年健全育成大会」の様子

更新日:2016年9月1日

平成27年度「青少年健全育成大会」の様子

日時

平成27年11月8日(日曜)

場所

市民センター

プログラム

  • 第1部 中学生の主張大会
  • 第2部 表彰式
  • 第3部 市内小学生・中学生による発表

第34回 東村山市中学生の主張大会

作文部門

「人とのかかわりを通して日頃考えていることや将来の夢など」をテーマに、感受性豊かな中学生の様々な体験や経験を題材にした1,572編の作文の応募があり、厳正な審査を得て選ばれた10編の作品が選ばれ、9名の作者が、緊張しながらも舞台壇上で堂々と発表しました。

作文入選者
学校名 学年 氏名 タイトル
東村山第四中学校 3 野澤 楓佳(のざわ ふうか) さん 友達とのかかわりを通して
東村山第五中学校 3 平澤(ひらさわ) もとか さん 世界を広げる
東村山第二中学校 1 齋藤 美聡(さいとう みさと) さん 戦争のおそろしさを受けつぐ
東村山第三中学校 3 長沢 亮祐(ながさわ りょうすけ) さん 僕の将来の夢
東村山第一中学校 1 田村 泰子(たむら やすこ) さん くらしに身近な憲法
東村山第四中学校 2 小嶋 愛未(こじま まなみ) さん 社会での中学生。中学校での中学生。
東村山第六中学校 1 新井 花菜 さん 私の家族団らん
東村山第五中学校 3 貝塚 俊紀(かいづか としき) さん 友達の存在
東村山第七中学校 3 谷岡 祥子(たにおか しょうこ) さん 大変なだけじゃない、この仕事
東村山第二中学校 1 都築 麻緒(つづき まお) さん

「ライン」について考えたこと

絵画・イラスト部門

「団らん」「生きる力」をテーマに、自分や家族、友達の夢や希望等を表現した心温まる150点の作品の応募があり、厳正な審査を得て選ばれた10点が舞台スクリーンに鮮やかに映し出された中で、描いた中学生が絵画・イラストについてのコメントを読み上げました。

心を一つに
心を一つに

  • 東村山第六中学校 2年 寺下 慶吾(てらした けいご) さん
  • 僕は、サッカーをやっていて、チームのまとめ役になりました。開始前の円陣では、 

   みんなの気持ちが1つにまとまる時に、僕は毎回嬉しく感じます。その気持ちをイラ
   ストに描きました。みんなが円になって、背を並べ、腕を背中にかける、そういった喜
びや嬉しさを感じてもらえたら良いと思います。

泣いて、笑って、笑って
泣いて、笑って、笑って

  • 東村山第三中学校 2年 神野 彩花 (かみの あやか)さん
  • 友達と一緒に泣いたり、笑ったりすることが、生きる力になっていることを表した絵を

  描きました。題名に「笑って」という言葉が二回繰り返したのは、泣くよりも笑っていた 
  方が、力や希望に繋がるという意味です。私自身もこの絵のように友達と辛いことを
  乗り越えたり、楽しい時間を過ごして生きる力にしていきたいという願いを込めて、こ
  の絵を描きました。

向日葵
向日葵

  • 東村山第二中学校 2年 石川(いしかわ) あかり さん
  • 私は2つのテーマの中から「生きる力」を選びました。暖かな日ざしの中、必死に太陽に向かって伸びる向日葵から「生きる力」が伝われば幸いです。また、メインの1輪の向日葵だけでなく、下にも幾つかの向日葵を描くことで、皆と支え合いながら生きていく姿を少しでも感じていただければと思います。色を何度も重ね塗りしたり、水彩色鉛筆を使ったりと時間をかけたので、そちらの方も見ていただければ幸いです。

フレームに残る思い出
フレームに残る思い出

  • 東村山第六中学校 2年 渡邉 健太(わたなべ けんた) さん
  • この作品は、家族で原っぱで寝ころんだり、楽しく話をしている所の様子を描きまし

  た。全国の家族が、この作品のように、仲よく、楽しくいられたら良いと思い、思いを
  込めて描きました。この作品を見た人に笑顔があふれたら良いなと思い、自分なりに
  工夫して作品を描きました。

幸せを運ぶ仕事
幸せを運ぶ仕事

  • 東村山第一中学校 1年 横沢 夏妃(よこざわ なつき) さん
  • 日本の昔ながらのあたたかみを引き出すために、暖色系の色をベースにして描き

  ました。画題でもある「幸せを運ぶ仕事」で、まず連想したのが郵便配達員でした。こ
  の絵では、手紙を通じて人々が笑顔になる様子を表現しました。絵の主人公である
  郵便配達員の乗り物も自転車にして、レトロな雰囲気を出せるように工夫しました。

仲直り
仲直り

  • 東村山第七中学校 3年 菊間 章紘(きくま あきひろ) さん
  • 些細なことから親友とけんかをしてしまった。謝ろうと心に決めて、小高い丘に親友

  を誘った。「ごめん」と言いかけた時、親友も僕と同時に「ごめん」と言った。友達は僕
  の宝物だとあらためて感じた。晴れ晴れとした僕たちの心を虹の色で、きまずい思い
  をモノクロの鉛筆で表現しました。大好きな東村山の町の未来の姿も一緒に表現し
  ました。

笑いの種
笑いの種

  • 東村山第六中学校 1年 大木場 優菜(おおこば ゆうな) さん
  • 私はみんなが笑い合うことに生きる力や生きている事の素晴らしさを感じるので、そ

  れを表現しました。さまざまな所に笑いの種はあって、ふとした時に開花いたような笑
  いが生まれるという意味を込めました。真ん中の滴は、涙を表していて、涙を流して
  成長すれば、心から笑いが生まれると思い、それを表現しています。

私の帰り道
私の帰り道

  • 東村山第五中学校 1年 伊藤 千生(いとう ちあり) さん
  • この絵は、団らんをテーマにし、私が部活から帰る所をイメージして描きました。楽しく和めるような雰囲気が伝わるように、温かいオレンジや黄色を多く使いました。私自身が「楽しいな」「ずっとこの中にいたい」と思えるような空間を一枚の絵に仕上げました。空のグラデーションに、たくさんの色を使ったところを工夫しました。

乗り越えて
乗り越えて

  • 東村山第三中学校 2年 大前 遥(おおまえ はるか) さん
  • いじめを乗り越えようと、頑張っていじめっ子に一言いうことができたけど、やっぱり怖い。そんな時に心優しい友だちたちは、ハンカチをその子に渡しそっと見守る。後ろの背景は、複雑な気持ちを表しているます。

夏、想う
夏、想う

  • 東村山第六中学校 2年 武内 遥也(たけうち はるや) さん
  • この作品は、夏の草原で少年が将来のことや、いろんなことを大空を見ながら考え

  ているという作品です。夏の草原で色んなことをぼんやりと考えている姿を自分なり
  に表現しました。見た人がそれぞれこの少年の気持ちになって考えていただける作
  品としました。

第29回 東村山市善行表彰授賞式

本市では、東村山市青少年善行表彰規程に基づき、善行顕著な青少年を表彰しています。平成27年度は、2団体より2名の推薦があり、善行表彰選考委員会(委員構成 東村山市青少年問題協議会委員の中から市長が委嘱した5名と事務局(社会教育課・指導室))で選考いたしました。選考結果については、市長出席の青少年問題協議会の議題として協議し、最終決定を行いました。表彰式は、青少年健全育成大会の第2部表彰式にて行いました。受賞された方には、今後とも各方面にて活躍いただきたいと思います。

青少年善行表彰受賞者
青少年善行表彰受賞者

東村山市青少年善行表彰受賞者
区分 氏名 所属
青少年指導育成に関する行為 角町 直子(つのまち なおこ) さん

青少年対策第七地区委員会

社会福祉に関する行為 本橋 果林(もとはし かりん) さん

特定非営利活動法人
ボランティア協会

市内小学生・中学生による発表

東村山第三中学校EFC英語部
東村山第三中学校EFC英語部

東村山第三中学校合唱部
東村山第三中学校合唱部

このページに関するお問い合わせ

教育部社会教育課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3513~3515)  ファックス:042-397-5431
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部社会教育課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る