このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

平成20年度「なぎさ体験塾」活動の様子

更新日:2012年2月21日

  • 実施日 平成20年8月20日(水曜)から23日(土曜)
  • 平成20年度 東京都市長会「多摩・島しょ子ども体験塾」助成事業
  • 主催 東村山市教育委員会
  • 共催 柏崎市教育委員会

平成19年度は、中越沖地震の影響で中止となった「なぎさ体験塾」。今年は、東村山市と柏崎市から50名の小学校5・6年生が参加し、海洋体験を通じ友情を深めました。親元を離れて3泊4日の共同生活。緊張していた子どももすぐに仲良しになりました。海難事故に備えたライフセービングの実習からスタートし、カヌー等のマリーンスポーツや初めての海釣りを体験しました。磯辺の観察では、貝等の採取をしました。釣った魚や採れ立ての貝で作った浜汁の味は、思い出に残ります。普段海に接する機会の少ない子どもたちにとって、貴重な体験ができました。地震の被災地見学では、自然の恐ろしさを知ると同時に、柏崎の皆さんの復興に向けた力強さを感じました。最終日、手を振って別れを惜しむ子どもたち。この体験で芽生えた友情がいつまでもつづくことを期待します。(「きょういく東村山」第57号 平成20年9月20日発行より)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 2008年(平成20年)8月21日 「柏崎日報」

  • 「柏崎日報」に『なぎさ体験塾』の様子が紹介されました。

市民センターに集合
市民センターに集合

参加者の誓い
参加者の誓い

ライフセービング講習
ライフセービング講習

救命訓練の様子
救命訓練の様子

昼食のひとこま
昼食のひとこま

バナナボートに乗るぞ
バナナボートに乗るぞ

貝が獲れたぞ
貝が獲れたぞ

プレジャーボートに乗船
プレジャーボートに乗船

震災の復興状況を見学中
震災の復興状況を見学中

1班のなかま
1班のなかま

2班のなかま
2班のなかま

3班のなかま
3班のなかま

4班のなかま
4班のなかま

5班のなかま
5班のなかま

6班のなかま
6班のなかま

このページに関するお問い合わせ

教育部社会教育課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3513~3515)  ファックス:042-397-5431
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部社会教育課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る