このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

平成23年度「なぎさ体験塾」活動の様子

更新日:2012年2月23日

  • 実施日 平成23年8月17日(水曜)から20日(土曜)
  • 平成23年度 東京都市長会 多摩・島しょ広域連携活動助成事業
  • 主催 「なぎさ体験塾」実行委員会(東村山市・小平市・柏崎市の教育委員会青少年健全育成所管課で構成)

 東村山市・小平市・柏崎市の3市合同で実施している、「なぎさ体験塾」。今年も総勢70名の子どもたちが、普段経験することのできない「本物の体験」・「貴重な体験」をすることができました。

 1日目は、東村山市・小平市の参加者がそれぞれ集合場所から大型バスに乗り込み、一路柏崎市に向けて出発。途中関越自動車道高坂SAで合流した後、柏崎市に向かいました。到着後、柏崎市の参加者と合流し、開講式に臨みます。
 開講式では、東村山市教育委員会の町田豊委員長より、「柏崎市でなければできない海洋プログラムがたくさんある。ただ参加するのではなく、自分でちゃんと目標をもって積極的に参加して欲しい。」と呼びかけがありました。
 開講式の後は、東村山市・小平市から引率している青少年委員が中心となっての仲間づくりゲームで友だちづくりをしました。最初は、どことなく恥ずかしがりながらの参加者が多かったですが、ゲームをするうちに少しずつ笑顔になっていきます。ゲームの終わる頃には、最初の時の表情とは一変していました。
 1日目の海洋プログラムは、毎年恒例の『ライフセービング体験』です。柏崎市の海水浴場の安全を守るプロのライフセーバーの方を講師に招き、海の楽しさと恐ろしさ、いのちの大切さを教えてもらいました。
 実技では、レスキュー用のサーフボードとレスキューチューブを使っての人命救助訓練や、波打ち際を早く走るコツを教えてもらいました。子どもも大人も真剣に取り組むことができました。
 夜には、健康管理についての注意を受けた後、自宅で作ってきた手作りの名刺交換をみんなでしました。手書きやパソコン、写真やシールなど個性豊かな名刺の交換は、友だちになった証です。いつまでも大切に持ち続けて欲しいです。

 2日目は、みんな楽しみにしている海洋プログラムが盛りだくさん。『シーカヤック操法体験』・『磯辺の生物観察』・『バナナボート』・『浜遊び』を楽しみました。
 『シーカヤック操法体験』は、前日に引き続きライフセーバーの方に講師をお願いし、パドリングなどを学びました。2人1組で息を合わせてパドルを漕ぎ、海の上を進んでいきます。上手くいくシーカヤックもあれば、なかなか息が合わずにグルグル回ってしまうシーカヤックもありました。
 『磯辺の生物観察』では、柏崎市立博物館の学芸員の方を講師に招き、磯辺に棲む魚や貝などを採取し、ていねいに解説をしてもらいました。カキやウニなどを探し、大興奮の生物観察になりました。
 『バナナボート』は、6人1組で乗り込み波間をすり抜けるスリルを味わいました。スピード感ある体験だったので、少しビックリすることもありましたが、全員が大満足となりました。
 各体験の合間には、柏崎市のコミュニティFM放送局「FMピッカラ」の生放送に出演することができ、参加者も緊張しながらマイクに向かってしゃべることができました。
 夕食は、みんなでバーベキューを食べ、楽しかった一日をふりかえりました。

 3日目は、強風のため予定していた海釣りをすることができず、急きょ予定を変更して柏崎市立博物館を見学しました。
 まずプラネタリウムでは柏崎市で観ることのできる星座の解説を聞き、「はやぶさ」の映画を鑑賞しました。その後、館内見学では、柏崎市の参加者が中心になって、歴史や文化などの紹介をしてくれました。
 午後には、予定通り石地海岸での海水浴を楽しむことができました。仲良くなった友だちや、東村山市から参加しているボランティアの高校生・大学生のリーダーと一緒に、思いっきり体を動かし、海で遊ぶことができました。休憩時間には、班対抗の「砂山づくり競争」をし、班の団結力を知ることができました。
 夜には、少なかったですが花火をみんなで楽しむことができました。
最終日は、お世話になった宿舎前の海岸清掃をしました。閉講式では、3市の代表者が「なぎさ体験塾」で学んだことをみんなの前で発表し、楽しかった4日間を締めくくりました。今回参加した70名の記憶に、「なぎさ体験塾」で学んだたくさんのことが、いつまでも残っていってくれれば嬉しいです。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 2011年(平成23年)10月5日号「広報かしわざき」

  • 「広報かしわざき」に『なぎさ体験塾』の様子が紹介されました。

集合写真
集合写真

1日目の様子

東村山市参加者 出発式の様子
東村山市参加者 出発式の様子

バスに乗り込む
バスに乗り込む

小平市参加者 出発式の様子
小平市参加者 出発式の様子

真っ赤なバスに乗り込む
真っ赤なバスに乗り込む

関越自動車道高坂SAで合流
関越自動車道高坂SAで合流

関越自動車道越後川口SAで休憩
関越自動車道越後川口SAで休憩

70名で開講式に臨む
70名で開講式に臨む

3市の代表者が「参加者の誓い」をたてる
3市の代表者が「参加者の誓い」をたてる

仲間づくりゲームのひとこま
仲間づくりゲームのひとこま

お揃いの水泳帽を確認
お揃いの水泳帽を確認

ライフセーバーの講話
ライフセーバーの講話

海岸へ移動
海岸へ移動

“早く海に入りたいな~”
“早く海に入りたいな~”

海に入る前に準備体操をする
海に入る前に準備体操をする

“思ったより冷たかった!”
“思ったより冷たかった!”

“海って気持ちがいいね!”
“海って気持ちがいいね!”

サーフボードの使い方を学ぶ
サーフボードの使い方を学ぶ

サーフボードで海に出てみる
サーフボードで海に出てみる

レスキューチューブの使い方を学ぶ
レスキューチューブの使い方を学ぶ

人命救助の模擬訓練
人命救助の模擬訓練

ドルフィンキックの練習
ドルフィンキックの練習

人命救助訓練の様子を見学
人命救助訓練の様子を見学

楽しい夕食の時間
楽しい夕食の時間

片付けもみんなで協力!
片付けもみんなで協力!

健康管理についてのお話し
健康管理についてのお話し

今日一日のふりかえりを話し合う
今日一日のふりかえりを話し合う

手作りの名刺交換大会
手作りの名刺交換大会

“僕の名刺もらって!”
“僕の名刺もらって!”

2日目の様子

朝のつどい
朝のつどい

ラジオ体操の様子
ラジオ体操の様子

朝食の様子
朝食の様子

朝食の順番を待つ班の様子
朝食の順番を待つ班の様子

柏崎市教育委員会小林教育長のあいさつ
柏崎市教育委員会小林教育長のあいさつ

プログラム会場に向かう
プログラム会場に向かう

海に入る前の準備体操
海に入る前の準備体操

シーカヤック パドルの使い方を教えてもらう
シーカヤック パドルの使い方を教えてもらう

浜辺でパドルの練習をする
浜辺でパドルの練習をする

いよいよ海に出てみる
いよいよ海に出てみる

バナナボートに乗ってみる
バナナボートに乗ってみる

いよいよバナナボートの出発
いよいよバナナボートの出発

バナナボートに大興奮
バナナボートに大興奮

スピードにのって快調なバナナボート
スピードにのって快調なバナナボート

波間を縫って進む
波間を縫って進む

子どもも大人も大興奮
子どもも大人も大興奮

ビーチフラッグ競争
ビーチフラッグ競争

誰がフラッグを取れるかな!
誰がフラッグを取れるかな!

生物観察の注意を聞く
生物観察の注意を聞く

海の生物を道具を使って探して見る
海の生物を道具を使って探して見る

楽しい昼食の時間
楽しい昼食の時間

みんなたくさんいただきました!
みんなたくさんいただきました!

FMピッカラの生放送に出演する
FMピッカラの生放送に出演する

東村山市のリーダーが取材にこたえる
東村山市のリーダーが取材にこたえる

楽しい夕食は“バーベキュー”
楽しい夕食は“バーベキュー”

美味しい夕食に思わずうっとり
美味しい夕食に思わずうっとり

2日目の反省会とふりかえり
2日目の反省会とふりかえり

東村山市のボランティアリーダーたち
東村山市のボランティアリーダーたち

3日目

柏崎市立博物館のプラネタリウム
柏崎市立博物館のプラネタリウム

館内の展示物を熱心に見て回る
館内の展示物を熱心に見て回る

石地海岸の浜茶屋での昼食
石地海岸の浜茶屋での昼食

美味しいカレーをいっぱい食べました!
美味しいカレーをいっぱい食べました!

海に入る前はやっぱり準備体操
海に入る前はやっぱり準備体操

楽しい海水浴の時間
楽しい海水浴の時間

思い思いに海で遊ぶ
思い思いに海で遊ぶ

班対抗の“砂山づくりゲーム”
班対抗の“砂山づくりゲーム”

みんなでささやかに花火大会
みんなでささやかに花火大会

花火の美しさにうっとり
花火の美しさにうっとり

4日目の様子

宿舎前の海岸清掃
宿舎前の海岸清掃

“いっぱいゴミって落ちてるんだね?”
“いっぱいゴミって落ちてるんだね?”

友情の証 “帽子にサイン交換”
友情の証 “帽子にサイン交換”

いっぱいサインが集まったかな!
いっぱいサインが集まったかな!

閉講式の様子
閉講式の様子

3市の代表者が感想を発表しました
3市の代表者が感想を発表しました

“4日間楽しかったよ!” “ありがとう!”
“4日間楽しかったよ!” “ありがとう!”

“また会おうね!” “柏崎に遊びに来てね!”
“また会おうね!” “柏崎に遊びに来てね!”

高坂SAでの東村山市・小平市の解散式
高坂SAでの東村山市・小平市の解散式

別れを惜しみながらバスに乗り込む
別れを惜しみながらバスに乗り込む

東村山市での解散式
東村山市での解散式

最後の“なぎさだホイ”で解散
最後の“なぎさだホイ”で解散

このページに関するお問い合わせ

教育部社会教育課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3513~3515)  ファックス:042-397-5431
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部社会教育課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る