このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

第38回東村山市民文化祭の様子

更新日:2013年12月18日

第38回東村山市民文化祭ポスター
第38回東村山市民文化祭ポスター

第38回東村山市民文化祭が、市内全公民館を会場として開催されました。
前年度に引き続き、中央公民館展示部門の開催期間が前期と後期に分かれ、全部門で延べ7日間の開催となりました。
市内で活動しているサークル等合計123団体が参加し、各部門で工夫を凝らした催しが来場者を楽しませていました。
今年は概ね天候にも恵まれ、多くの来場者にお越しいただき、大きな事故やトラブルもなく無事に終了することができました。

開催日程

集会部門 

  • 中央公民館:平成23年10月29日(土曜日)、11月5日(土曜日)・6日(日曜日)
  • 秋津公民館:平成23年11月5日(土曜日)
  • 廻田公民館:平成23年11月5日(土曜日)・6日(日曜日)

展示部門

  • 中央公民館:平成23年10月28日(金曜日)・29日(土曜日)・30日(日曜日)、11月3日(祝日)・4日(金曜日)・5日(土曜日)・6日(日曜日)
  • 秋津・富士見・廻田公民館:平成23年11月4日(金曜日)・5日(土曜日)・6日(日曜日)

ホール部門

  • 中央公民館 平成23年10月29日(土曜日)・30日(日曜日)、11月3日(祝日)・4日(金曜日)・5日(土曜日)・6日(日曜日)
  • 秋津公民館 平成23年11月6日(日曜日)
  • 富士見公民館 平成23年11月5日(土曜日)・6日(日曜日)

市民文化祭レポート

集会部門

集会部門には中央公民館・秋津公民館・廻田公民館において5団体が参加し、ダンスパーティー・お茶会・体験教室等が行われ、参加者と来場者が交流しながら催しを楽しんでいました。

茶会の写真
中央公民館で開催された茶会の様子

展示部門

展示部門には53団体が参加し、公民館の集会室等が各団体の個性あふれる作品で彩られ、来場者の目を引きつけていました。体験コーナーも設置され、来場者も様々な作品を作って楽しんでいました。

木目込人形の写真
木目込人形の展示

フラワーアレンジメントの写真
フラワーアレンジメントの展示

陶芸作品の写真
陶芸作品の展示

来場者で賑わうロビーの写真
来場者で賑わうロビー

ホール部門

ホール部門には65団体が参加し、個性的でお洒落な衣装を身にまとった参加者が楽器演奏、合唱、ダンス等の演目を披露しました、ステージから様々なパフォーマンスが繰り広げられ、客席から多くの拍手が沸き起こりました。お子さんの参加者も多く、幅広い年代層に楽しんでいただける内容でした。

フラダンスとハワイアンバンドの写真
ハワイアンバンドをバックにフラダンス

合唱の写真
合唱の発表

オーケストラの写真
オーケストラの演奏

セレモニー

11月5日(日曜日)に中央公民館ホールにてセレモニーが開催されました。市民文化祭実行委員長、市長、教育委員会委員長より来場者へのあいさつが行われ、来賓の市議会議長よりご祝辞を賜りました。また、市民文化祭ポスターの原画を手がけた東村山西高校3年生の大野哲也様が紹介され、実行委員長より記念品が贈られました。
東村山市文化芸術表彰式も併せて行われ、久米川憩いの家「うるわしの会」の指導をはじめ、長く市民に対し美術の発展並びに普及活動に貢献された伊藤三夫様、そして、世界らん展日本大賞2011においてフラワーデザイン部門最優秀賞を受賞された高野容子様に、教育長より表彰状が授与されました。

実行委員長あいさつの写真
村上俊三市民文化祭実行委員長のあいさつ

市長あいさつの写真
渡部市長のあいさつ

実行委員長と大野哲也さんの写真
記念品を贈られる大野哲也様(右)

文化芸術表彰受賞者の写真
高野容子様(左)と伊藤三夫様(右)

このページに関するお問い合わせ

教育部社会教育課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3513~3515)  ファックス:042-397-5431
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部社会教育課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る