このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

生ごみ集団回収事業

更新日:2017年5月23日

生ごみ集団回収とは?

地域の3世帯以上が集まったグループが、それぞれの家庭から出る生ごみを分別して、決められた日時・場所に週1回出したものを、市が回収を行います。回収した生ごみは堆肥等の原料として資源化しています。
参加にあたり、生ごみを保管するための専用バケツが必要になります。

生ごみ回収専用車両
生ごみ回収専用車両

生ごみ回収専用容器
生ごみ回収専用容器

専用バケツで出せるもの

野菜・果物・魚類・肉類・調理くず・食べ残し(水分を切ってから入れてください)

生ごみの回収開始までの流れ

(1)3世帯以上のグループを作る。(代表者・排出場所の決定)

 参加する方を3世帯以上集めていただき、1つのグループを作ります。また、グループの中で代表者と排出場所を決めてください。

(2)市へ団体登録を行う。(生ごみ集団回収団体登録の手続き)

 参加世帯数、代表者等が決まりましたら、「生ごみ集団回収事業団体登録」の手続きを、ごみ減量推進課で行ってください。

(3)生ごみを保管する専用バケツの購入。(各世帯で1個ずつ購入)

 生ごみを1週間保管するための専用バケツ(生ごみが腐敗しにくい容器)を各世帯で1個ずつ購入してください(購入先については、ごみ減量推進課へお問い合わせください)。
 参加にあたり、市では専用バケツの補助制度があります。専用バケツの購入補助の手続きは、ごみ減量推進課で行ってください。

(4)生ごみの回収開始。(決められた日時・場所に出す。)

 毎週1回、回収日(現在、火曜日)に決められた排出場所へ出していただければ、市が無料で回収します。出された生ごみは回収され、排出場所に専用バケツを置いていきます。


回収作業の様子


専用バケツの中身を回収します

専用バケツの補助制度

対象:市内在住のかた
補助条件:補助金の交付を申請されるかたは、申請前に「生ごみ集団回収団体」として、市に登録されているかた
 (注記)生ごみ専用バケツ(抗酸化溶液配合バケツ)・・・1世帯1容器購入
補助金額:1容器あたり購入価格の1/2の額(上限3,000円)
申請方法:申請時に必要なもの
   (1)印鑑(認印でも可)
   (2)購入者名、品名が明記された領収書の原本、レシートは不可
   (3)振込先の金融機関の口座が確認できるもの
申請場所:資源循環部ごみ減量推進課(秋津町4丁目17番地1秋水園)

回収された生ごみは資源化されています

 生ごみ集団回収で回収された生ごみは、資源化を行う民間業者に引き渡し、堆肥の原料として有効に活用されています。

出張説明会を行います

 市では、生ごみ集団回収事業に関心のある方へ説明会等を行っております。ご要望のある方は、ごみ減量推進課までお問い合わせください。
問い合せ:資源循環部ごみ減量推進課
電話:042-393-5111(代) 内線:2622

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

資源循環部ごみ減量推進課
〒189-0001 東村山市秋津町4丁目17番地1
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2622~2624)  ファックス:042-391-5847
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
資源循環部ごみ減量推進課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る