このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

地域猫活動セミナーの開催報告

更新日:2018年2月16日

市では、その地域に住むかたなどのご理解とご協力のもと、「飼い主のいない猫(野良猫)」をこれ以上増やさず、今いる猫がその命を全うするまで地域で適切に管理する「地域猫活動」を支援しています。
平成27年度、28年度、29年度と年1回計3回セミナーを開催しました。

平成29年度のセミナーの概要

日時・場所

  • 日時:平成30年2月3日(土曜) 午後1時30分から午後4時00分
  • 場所:北庁舎 第2会議室(1F)

参加者

市民38名の方にご参加いただきました。内、市内の方は35名でした。

講師


石森 信雄 氏(地域猫活動アドバイザー)

  • 石森 信雄 氏(地域猫活動アドバイザー)

平成6年に練馬区役所に入庁。
平成20年4月に練馬区保健所に異動し、狂犬病予防事務、野良猫対策の担当職員となった。
平成21年から開始された練馬区地域猫推進ボランティア制度の立ち上げを行うとともに、練馬区の地域猫活動ガイドラインを作成。
その後、平成26年10月まで、練馬区の地域猫活動担当者として、制度の推進を行った。
現在は他部署に異動したが、ライフワークとして、 地域猫活動の普及、啓発のために全国各地で講師として活動されている。

講演内容 「野良猫対策の具体的方法」

講演「野良猫対策の具体的方法」

「 ねこはかわいい・でも、トラブルもたくさんある」 ことから、野良猫の生態および、地域猫活動についてお話をされました。

  • 野良猫の生態について

・子猫は半年程度で成猫となり、メス猫は1回で4から5匹の子猫を年に3回ほど出産するなど、ねこの驚異的な繁殖力についてのお話がありました。

  • 野良猫のえさやりや、ふん尿処理をめぐる近隣トラブルについて

・野良猫は、複数のえさ場を巡回する。えさを与える人も数人いるがお互いえさやりしていることは知らない。
・野良猫を放っておくことによって、大繁殖→フン尿等の被害拡大→間違ったえさの与え方が問題視され、近隣関係の悪化につながるとのお話がありました。

  • 地域猫活動について
  • ・野良猫による近隣トラブル解決方法のための地域猫活動についてお話がありました。
    「地域広報をしっかりと行うこと」「野良猫全頭の不妊・去勢手術」「置きえさをしない」「フン被害対策のための猫トイレの設置」などの具体的手法。
    また、行政やボランティアの地域猫活動への関わり方等、幅広い観点からの講演となりました。

参加者からのアンケートより(抜粋)

  • 分かり易い貴重な話で良かった。
  • 今後も協力したい。広報して欲しい。
  • 分かり易い講義だった。猫より人の習性をを知ることが大事。
  • 急に猫が迷い込んできた理由が講義で理解できた。
  • 猫の繁殖のしくみや習性が理解できた。

平成27年度セミナー動画【講師「工藤久美子氏」NPO法人 ねこだすけ代表理事】




【スマートフォンをご利用の場合】
 下記リンクよりご覧ください。
   【動画】地域猫活動セミナー

【パソコンをご利用の場合】
 最新版のAdobe FlashPlayerをインストールしてください。
 また、javascriptが無効となっている場合は、有効に設定してください。


地域猫活動とはどんなことを行っているのか、また、地域の方に知ってもらうことが大切なので地域広報の重要性についてお話してくださいました。

関連情報

地域猫活動支援事業

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る