このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

台風19号に伴う浸水家屋の消毒

更新日:2019年10月18日

台風19号に伴う浸水家屋の消毒

 災害に遭われた皆さんへ心よりお見舞い申しあげます。
 東村山市では、台風19号による大雨に伴い、床上浸水や床下浸水の被害にあわれた住宅の消毒を行います。消毒のご希望がある方は、ご相談ください。
 なお、受付から消毒までに多少の時間を要しますので、ご理解をお願いいたします。

消毒の対象

床上浸水や床下浸水の被害にあわれた住宅が対象です。

消毒の内容

浸水被害を受けた家屋の床下部分及び家屋周り(建物の外壁)を中心に消毒液を散布します。消毒液は、塩化ベンザルコニウム等です。

受付時間

午前8時30分から午後5時

受付窓口

市役所本庁舎 環境・住宅課
電話:042-393-5111 内線2422・2423

消毒の手順

  1. 上記の窓口にて、罹災証明書等で確認します。
  2. その後、直接指定業者と日程調整いただくことにより、消毒作業を行います。

消毒前のお願い

消毒を実施するまでの間、以下の対策を各自でお願いします。

床下浸水の場合

  1. 家の周囲や床下にある不要なものや汚泥などを片付ける
  2. 床下は雑巾等で吸水し、扇風機等により換気し、乾燥に努める

床上浸水の場合

  1. 家の周囲や床下にある不要なものや汚泥などを片付ける
  2. 濡れた畳や家の中の不要なものを片付ける
  3. 汚れた家具や床・壁などは水で洗い流すか、雑巾で水拭きし、十分に乾燥させる。必要に応じて適正な濃度に薄めた消毒薬で消毒を行う
  4. 食器棚や冷蔵庫などは汚れをよく拭き取り、消毒用アルコールなどで拭き取り消毒する
  5. 食器や調理器具などは汚れを水で洗い流し、熱湯や家庭用漂白剤を使用して消毒を行う

(注記) 消毒薬の過剰使用は、人の環境に影響を与えることがあるため必要最小限とする、使用の際は取扱説明書に従い、事故が起こらないよう注意する。

食中毒、感染症予防

  1. 受水槽は安全と衛生を点検、確認してから使用する
  2. 飲料に適する水を飲むこと
  3. 水に浸かった食品や停電により保存温度が保てなかった要冷蔵・冷凍食品はできるだけ廃棄する
  4. 加熱したものを食べる
  5. けがや体に異常を感じたら早めに医療機関を受診する
  6. 疲労を避けるため、できるだけ休養をとる

震災がつなぐネットワーク(NPO法人レスキューストックヤード内)で作成したこちらのリーフレットもご参考にしてください。

関連情報

風水害により被害を受けたかたへのお知らせ

浸水被害発生時の衛生対策と消毒方法(健康増進課)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 被災した家屋での感染症対策(厚生労働省ホームページ)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

環境安全部環境・住宅課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線 環境対策係2422・2423 住宅係2424・2425)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
環境安全部環境・住宅課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る