このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の くらしの情報 の中の ごみ・リサイクル・環境 の中の お知らせ の中の 「1人1日当たりのごみ排出量」の少なさで全国8位、「リサイクル率」の高さで全国8位となりました のページです。


本文ここから

「1人1日当たりのごみ排出量」の少なさで全国8位、「リサイクル率」の高さで全国8位となりました

更新日:2017年6月12日

 環境省が、全国の市町村及び特別地方公共団体に対して実施した「一般廃棄物処理事業実態調査(平成27年度)」(人口10万人以上50万人未満の全国市町村の部)において、本市は「1人1日当たりのごみ排出量」で全国8位、「リサイクル率」で全国8位の順位でありました。
 この結果は、市民の皆さまのごみ減量への取り組みやリサイクル活動への推進が実を結んだものであり、あらためて感謝いたします。
 今後につきましても「東村山市一般廃棄物処理基本計画」に定められた基本理念である「低炭素や効率性に配慮した循環型社会の実現」に向け、更なる事業推進を図ってまいります。引き続き市民の皆さまのご理解ご協力をお願いいたします。

ごみ排出量およびリサイクル率の比較
 

1人1日当たりのごみ排出量
(第8位)

リサイクル率
(第8位)

東村山市 717.8グラム/人日 36.8%
全国平均 939.0グラム/人日 20.4%

(注記)人口10万人以上50万人未満の全国市町村の部(対象:239市町村)

家庭でできる効果的な「ごみ減量」の方法

1.古紙の出し方

紙類は資源として再生されますので、月2回の古紙回収にお出しください。
また、地域で行っている集団資源回収にもご参加ください。

  • 古紙として出せるもの

 新聞紙、ダンボール、雑誌・書籍、紙パック(牛乳パック類)、雑紙(紙箱・包装紙・はがき・ボール紙、ポスターなど)

2.生ごみの水切り

家庭での「水切り」がごみの減量に効果があります。

  • 最初から濡らさない

野菜などは使えない部分を洗う前に切り落とすのも一つの方法です。

  • 乾かす

水気のある生ごみは、三角コーナーなどで水のかからない状態で一定時間放置すれば、かなりの水切りができます。

  • しぼる

水切りネット等を使い、最後にひと絞りしてください。

3.日常の買物での工夫

マイバックを持参する、詰め替え商品を選ぶ等の行動がごみの減量につながります。

このページに関するお問い合わせ

資源循環部ごみ減量推進課
〒189-0001 東村山市秋津町4丁目17番地1
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2622~2624)  ファックス:042-391-5847
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
資源循環部ごみ減量推進課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る