このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の くらしの情報 の中の ごみ・リサイクル・環境 の中の お知らせ の中の 「ごみ収集車の火災事故防止」協力のお願い のページです。


本文ここから

「ごみ収集車の火災事故防止」協力のお願い

更新日:2017年9月20日

 平成29年度において、9月13日及び9月20日に燃やせないごみの収集車両において、スプレー缶が原因とみられる車両火災が発生しました
 市民の皆様には、ごみの分別徹底による事故の発生防止にご協力をお願い致します。

(注記)ガスライター、スプレー缶及びカセットボンベは「燃やせないごみ」では排出できません。
スプレー缶、ガスライター及びカセットガスボンベ等の中には、可燃性ガスが含まれています。
下記の「ライターの出し方」「スプレー缶・カセットガスボンベの出し方」を必ず守っていただくよう、お願いします。

 最後までガスを使い切らずにごみとして出すことにより、収集車両の中で圧縮される時にガスが噴出し、ごみ圧縮時に発生した火花が引火し、火災の原因になります。

 こうした火災が発生すると、周囲にいらした方や周辺の住宅に被害が及ぶ可能性があり、大変危険です。
 また、収集車の損傷によりごみの収集に大幅な遅れをきたすばかりか、作業員が大ケガを負う可能性もあります。

 ごみの正しい分別に、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


収集車両の消火活動(平成29年)


収集車両の消火活動(平成29年)


焼け焦げた不燃物(平成29年)


不燃物として出されたガス缶・スプレー缶(平成29年)

ライターの出し方

中身の有無に関わらず、「びん・かん・有害物」の収集日に「有害物」として、透明又は半透明の袋で出してください。

ごみと資源の分け方・出し方

スプレー缶・カセットガスボンベの出し方

必ず中身を使い切ってから、穴を開けずに「びん・かん・有害物」の収集日に「びん・かん」として、透明又は半透明の袋で出してください。

ごみと資源の分け方・出し方

このページに関するお問い合わせ

資源循環部ごみ減量推進課
〒189-0001 東村山市秋津町4丁目17番地1
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2622~2624)  ファックス:042-391-5847
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
資源循環部ごみ減量推進課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る