このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の くらしの情報 の中の 戸籍・住民登録 の中の 戸籍の届書(出生届等) の中の 離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届) のページです。


本文ここから

離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)

更新日:2015年9月3日

離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)とは

離婚をして婚姻前の氏に戻る人が、婚姻中の氏を継続して称するための届書です。

届出をする人

離婚届を提出する(した)人で、婚姻した時に氏を変更した人

届出をする場所

本籍地、住所地もしくは所在地で届出することができます。
市内各所地域サービス窓口、休庁日・夜間受付窓口においても届出が可能です。

届出に必要なもの

印鑑(認印でかまいません)

届出期間

  • 離婚届と同時に提出することが可能です。
  • 離婚の日から3カ月以内

  (例 離婚日:平成27年3月10日→届出可能な最終日:平成27年6月10日
     離婚日:平成27年11月30日→届出可能な最終日:平成28年2月28日)

離婚の際に称していた氏を称する届の書き方について

離婚の際に称していた氏を称する届の記入見本です。
離婚の際に称していた氏を称する届の用紙は市役所本庁舎1階6番窓口、休庁日・夜間受付窓口及び地域サービス窓口で入手ください。
届書の用紙は全国共通です。他の市区町村で入手した用紙も使用できます。

その他

  • 離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)を提出した後に、結婚前の氏に戻ることは市役所の手続きではできませんのでご注意ください。
  • 離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)を提出しただけではお子さんと同じ戸籍にはなりません。
  • 離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)を提出した人の戸籍にお子さんを入籍させる場合は別途「子の氏の変更」手続きが必要になります。

関連情報

離婚届

地域サービス窓口

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 子の氏の変更

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

市民部市民課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2512~2526)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
市民部市民課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る