このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

雨水貯留施設設置助成

更新日:2017年4月1日

 浸透施設設置不適地にお住まいのかたに、「雨水貯留施設」の設置費用の一部を助成します。
 

雨水貯留施設設置イメージ

 雨水貯留施設を設置することにより、屋根に降った雨水を貯めておけるようにすると、大雨のとき、すぐに川に流れ込む水の量を減らすことができるため、浸水被害の軽減が期待されます。貯めた水は草花への散水、打ち水等に有効利用できます。
 
 平成23年7月1日から、特に溢水を繰り返す前川流域を「前川流域雨水流出抑制重点地域」に定め、平成32年度までの時限で、補助率と補助上限額を拡大しています。

雨水貯留施設設置助成のパンフレットです。

水色(浸透施設設置不適地)で着色された場所が対象地です。
詳細は、下水道課までお問い合わせください。

前川流域の詳細については、下水道課までお問い合わせください。

助成対象者

 浸透施設設置不適地内であり、敷地面積が1,000平方メートル未満の土地に住宅、店舗その他建築物を所有するかた、または当該建築物にお住まいのかた。
 ただし、東村山市宅地開発及び建築物の建築に関する指導要綱(平成13年東村山市訓令2号)第3条に規定する事業に係る建築物を除きます。

以下に該当する場合は、助成対象者にはなりません

  1. 法人その他の団体。
  2. 自己の所有物でない土地・建築物に雨水貯留施設を設置する場合で、当該土地・建築物の所有者から雨水貯留施設の設置についての同意を得ていない場合。
  3. 複数の所有者が共有し、または区分所有する土地・建築物に雨水貯留施設を設置する場合で、当該土地・建築物の他の所有者や区分所有者全員から雨水貯留施設の設置についての同意を得ていない場合。
  4. 下水道使用料、下水道事業受益者負担金、市税を滞納している場合。

助成対象要件

 雨水貯留槽は、次のすべての要件を満たすものとなります。

  1. 屋根からの雨水を、雨どいから一時的に貯留できるもの。
  2. 貯留槽が満杯になったとき、雨どいを通して、あわせて設置する浸透ますへ排水できるもの。
  3. 安全性、ゴミ・ほこりの流入防止を目的としたふたを備えたもの。
  4. 貯めた水を利用する取水口を1個以上備えたもの。また、貯留槽内部に堆積した土砂等を排出するドレンを備えたもの。
  5. 貯留量200リットルを標準とし、硬くて丈夫な材質と構造で、耐久性を備えたもの。

助成金額

 選択される貯留槽、設置する現場の状況によって、工事費用が変わりますので、まずは東村山市指定下水道工事店にご相談ください。

前川流域内の浸透施設設置不適地

 雨水貯留施設の設置に要する費用の額の10分の9に相当する額(1,000円未満の端数切り捨て)とし、10万円を限度とする。
 
例) 雨水貯留槽設置費(設置工事費含む)が110,100円の場合
  (A社200リットル雨水貯留槽1基+浸透ます250ミリメートル1基)
  110,100円×9÷10=99,090円→99,000円(補助額)、110,100円-99,000円=11,100円(自己負担額)

前川流域以外の浸透施設設置不適地

 雨水貯留施設の設置に要する費用の額の4分の3に相当する額(1,000円未満の端数切り捨て)とし、7万円を限度とする。
 
例) 雨水貯留槽設置費(設置工事費含む)が110,100円の場合
  (A社200リットル雨水貯留槽1基+浸透ます250ミリメートル1基)
  110,100円×3÷4=82,575円→70,000円(補助額)、110,100円-70,000円=40,100円(自己負担額)

申請手続き

 助成制度を利用される場合は、東村山市指定下水道工事店が手続きを代行しますので、工事を始める前に、東村山市指定下水道工事店にご相談ください。工事着手・完了後の申請については、助成制度の対象外となります。

指定下水道工事店一覧

注意事項

  • 貯留施設設置助成は、浸透施設設置不適地内でのみ補助対象となります。
  • 前川流域内では、貯留施設と同様に、浸透施設設置適地・可能地に設置する浸透施設に対しても、補助率と補助上限額が割り増し(補助率10分の9、補助上限額10万円)となります。
    ただし、前川流域以外では、今までと同じ補助率と補助上限額(補助率4分の3、補助上限額7万円)となります。
  • この助成制度は、助成対象建築物につき1回を限度とします。
  • 浸透施設設置不適地は、分流式下水道区域内にありますので、貯留槽の水(雨水)は下水道に流せません。また、雨水ですので、飲用には不適です。

関連情報

前川流域の雨水貯留・浸透施設設置助成の拡大

雨水浸透施設設置助成

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部下水道課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 本庁舎4階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線 庶務係:2782 施設係:2783・2784)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
まちづくり部下水道課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る