このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の くらしの情報 の中の 住まいとまち・ライフライン の中の 上下水道 の中の 東日本大震災による避難者に対する水道料金・下水道料金の減免措置期間の延長 のページです。


本文ここから

東日本大震災による避難者に対する水道料金・下水道料金の減免措置期間の延長

更新日:2017年4月25日

 東京都と東村山市では、東日本大震災による避難者で、東村山市内に避難し居住しているかたや、避難者が同居している世帯を対象に、下記のとおり、水道料金と下水道料金の減免措置期間を延長することとしました。

減免措置期間の延長

  • 現行  平成29年3月31日まで
  • 延長後 平成30年3月31日まで


 (注記)既に減免措置が適用されている場合、再申請手続きは不要です。

減免措置の対象

 東日本大震災により居住継続が困難となった被災者や、福島第一・第二原子力発電所の周辺において、国から避難指示等が出された地域等からの避難者について、避難者が給水契約者である場合は本人、親族等の住居に入居している場合は当該住宅の給水契約者を対象とします。

減免措置の内容

水道料金

 基本料金と、ひと月当たりの使用水量10立方メートルまでの分に係る従量料金の合計額に100分の108を乗じた額を減免します。

下水道料金

 ひと月当たり8立方メートル以下の汚水排出量に係る料金の全額を減免します。

申請手続き

都営住宅等、東京都があっせんした住宅に入居する避難者

 申請書等の提出は不要です。

そのほかの住宅に入居する避難者

  • 申請方法

 全国避難者情報システムに登録された避難者については、避難先住所へ申請書等を郵送しますので、記入のうえ必要書類と合わせて返送してください。
 多摩地区サービスステーション窓口でも申請を受け付けます。

  • 申請に必要な書類
  1. 減免申請書
  2. り災証明書又は被災証明書(写し可)

  (注記)提出が困難な場合は、被災時の住所が分かる書類(運転免許証、保険証等)の写しでも可。

お問い合わせ

 申請時に証明書等の提出が困難なかたや、ご不明な点がある場合は、下記までご連絡ください。

  • 東京都水道局多摩お客さまセンター 

 電話:0570-091-101 (ナビダイヤル)
 又は 電話:042-548-5110

関連情報

水道についてのお問い合わせ

下水道料金について

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部下水道課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 本庁舎4階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線 庶務係:2782 施設係:2783・2784)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
まちづくり部下水道課のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る