このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

こんなときには届出を

更新日:2017年4月1日

届け出が必要な場合
こんなとき 必要な手続き 手続きに
必要なもの
20歳になったとき 20歳になって職場の年金(厚生年金)に加入していないかたは、国民年金の加入手続きが必要です。
一定の所得以下の学生の方で納付の猶予を希望するとき 学生納付特例の申請をしてください。 年金手帳
学生証
第1号被保険者のかたが、住所や氏名がかわったとき 住所や氏名を変更する手続きをしてください。(住民票の届出といっしょにできます。)届出先は市区町村となります。 年金手帳
第2号、第3号被保険者のかたが、住所や氏名がかわったとき 住所や氏名を変更する手続きをしてください。届出先は勤務先となります。 勤務先にお問い合わせ下さい。
会社等に就職(厚生年金に加入)したとき

60歳になる前に就職して、厚生年金に加入したときは、本人の勤務先を経由しての届出になりますので役所での手続きは不要です。
(注記)国民年金保険料の納付は厚生年金に該当した月の前月分までです。

勤務先にお問い合わせください。
会社等を退職したとき 厚生年金に加入していたかたが60歳前に退職したときは、国民年金に加入する手続きをしてください。扶養する配偶者がいるかたは、併せて種別変更の手続きをしてください。 年金手帳
退職年月日がわかるもの
保険料の納付が困難なとき 収入が少なく国民年金保険料の納付が困難なときは、国民年金保険料免除申請の手続きをしてください。なお、学生を除く50歳未満のかたには、納付猶予制度もあります。 年金手帳
被扶養配偶者(第3号被保険者)になったとき

結婚したり、収入が減ったりして配偶者に扶養されるようになったときは、第3号被保険者への種別変更の手続きをしてください。
(注記)国民年金保険料の納付は、3号に該当した月の前月分までです。

配偶者の勤務先にお問い合わせください。
被扶養配偶者(第3号被保険者)でなくなったとき
死別や離婚をしたときや、収入が増え配偶者の扶養からはずれたとき、また配偶者が退職したときは、第1号被保険者への種別変更の手続きをしてください。 年金手帳
扶養から、はずれた日のわかるもの
第3号被保険者の配偶者が転職したとき 配偶者が転職したときは、引き続き第3号被保険者となることの確認を受ける手続きをしてください。
配偶者の勤務先にお問い合わせください。
65歳未満の国民年金第1号保険者及び任意加入中のかたが亡くなられたとき

国民年金の喪失の手続き及び遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金等の請求手続きをしてください。

死亡したかたの年金手帳
来庁するかたの認印

年金受給中のかたが亡くなられたとき 未支給年金、死亡届、遺族年金の請求等は年金事務所へ届け出(障害基礎年金・遺族基礎年金・寡婦年金のみの受給者は市役所へ届け出) 年金事務所(年金係)にご確認ください。

(注記)14年度より第3号被保険者の提出先が変更となりました。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保険年金課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2533~2538、2543~2545、2546~2547)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部保険年金課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る