○東村山市一時保育事業実施規則

平成8年3月7日

規則第6号

(目的)

第1条 この規則は、東村山市立保育所及び民間の保育所の持つ機能を活用して、一時保育を実施し、家庭における児童の養育を支援することにより、児童福祉の増進を図ることを目的とする。

(対象児童)

第2条 一時保育の対象児童は、東村山市に居住する児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条の規定による保育の実施の対象とならない生後3月から小学校入学前までの健康な児童で、次の各号に掲げる保育の対象児童に応じ、当該各号に定めるものとする。

(1) 非定型的保育対象児童 保護者の就労、通学、職業訓練等で、家庭における保育が断続的に困難になる児童

(2) 緊急保育対象児童 次のいずれかに該当し、緊急で一時的に保育が必要となる児童

 保護者が死亡、行方不明等により不在であるとき。

 保護者が疾病又は出産等により入院するとき。

 保護者が親族等の看護に当たるとき。

 保護者が災害復旧活動に従事するとき。

 その他市長が特に必要と認めるとき。

(3) 私的事由等保育対象児童 保護者の育児等に伴う心理的・肉体的負担を解消するために一時的に保育が必要となる児童

(4) 体験保育対象児童 1歳6月検診時において、児童相談所の相談及び医師の診断等により集団保育の必要性があるとされた児童

(実施保育所)

第3条 一時保育を行う保育所は、市立保育所及び市長が指定する民間の保育所とする。

2 一時保育の児童の定員は、次のとおりとする。

(1) 専用部屋を設けて実施する場合は、10人程度

(2) 通常保育定員の範囲内で実施する場合は、2人以内

(保育の実施期間)

第4条 一時保育の実施期間は、同一の理由につき、月15日以内とする。ただし、特別の理由があると認めたときは、さらに15日を超えない範囲内で当該実施期間を延長することができる。

(保育の実施時間)

第5条 一時保育の実施時間は、保育所開所日の午前8時30分から午後5時までとする。ただし、特別の理由があると認めたときは、これを変更することができる。

(申込み)

第6条 一時保育を受けようとする対象児童の保護者は、東村山市一時保育申込書(第1号様式)により市長に申し込まなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、緊急を要すると市長が認める場合にあっては、電話等の方法により申し込むことができる。この場合における申込みの手続は、事後速やかに行うものとする。

(決定)

第7条 市長は、前条の規定に基づく申込みがあったときは、その内容を審査し、かつ、申込みをした保護者の希望する保育所と協議を行い、決定したときは、東村山市一時保育決定通知書(第2号様式)により当該申込みをした保護者及び民間の保育所にあってはその設置者に通知する。

(保護者負担)

第8条 一時保育の承認を受けた保護者は、市立保育所にあっては別表第1に定める一時保育料及び市長が別に定める食材料費(一時保育を行う保育所が提供する給食等の材料の調達に要する費用をいう。以下同じ。)を市長に、民間の保育所にあっては保育所が定める一時保育料及び食材料費を当該保育所の設置者に支払わなければならない。

(保護者負担の特例)

第9条 前条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する世帯の児童に係る一時保育料及び食材料費は、無料とする。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯(単給世帯を含む。)又は中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)による支援給付受給世帯

(2) 前号に該当する世帯を除き、当該年度分(4月から8月にあっては、前年度分)の市町村民税が非課税の世帯

2 前項の規定により民間の保育所において無料とされた一時保育料及び食材料費については、東村山市が当該民間の保育所に対して負担するものとする。

(一時保育料等の免除)

第10条 市長は、一時保育の承認を受けた保護者が災害等により著しく損害を受け、経済的に困窮していることが認められるときは、一時保育料及び食材料費を免除することができる。

2 前条第2項の規定は、前項の規定により民間の保育所において免除を行った場合について準用する。

(一時保育充実費)

第11条 市長は、民間の保育所が一時保育を実施したときは、当該民間の保育所に対して、別表第2に定める補助基準により算出した額を一時保育充実費として補助するものとする。

(中途解約)

第12条 民間の保育所の設置者は、一時保育を中途において解約する者があったときは、東村山市一時保育変更届(第3号様式)を市長に提出しなければならない。

(完了届)

第13条 民間の保育所の設置者は、一時保育が完了したときは、速やかに東村山市一時保育完了届(第4号様式)を市長に提出しなければならない。

(その他必要事項)

第14条 この規則に定めるもののほか一時保育料及び食材料費並びに一時保育充実費の補助に関して必要な事項は、東村山市補助金等の予算の執行に関する規則(昭和45年東村山市規則第29号)の定めるところによる。

附 則

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年5月7日規則第27号)

この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後の東村山市一時保育事業実施規則の規定は、平成9年4月1日から適用する。

附 則(平成10年2月27日規則第7号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成10年4月17日規則第38号)

この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後の東村山市一時保育事業実施規則の規定は、平成10年4月1日から適用する。

附 則(平成13年12月4日規則第78号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成14年1月1日から施行する。

附 則(平成14年4月1日規則第27号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月14日規則第8号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月28日規則第15号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年4月1日規則第39号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和元年9月30日規則第35号)

この規則は、令和元年10月1日から施行する。

別表第1(第8条)

区分

1日の利用時間

一時保育料

半日

4時間未満

児童一人当たり 1,320円

1日

4時間以上

児童一人当たり 2,320円

別表第2(第11条)

補助基準

1施設当たり月額

専用部屋を設けて実施する場合

通常保育定員の範囲内で実施する場合

480,600円

半日(4時間未満)1,500円×1月の入所日数×1月の入所人数

1日(4時間以上)2,500円×1月の入所日数×1月の入所人数

画像

画像

画像

画像

東村山市一時保育事業実施規則

平成8年3月7日 規則第6号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第8編 福祉・衛生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成8年3月7日 規則第6号
平成9年5月7日 規則第27号
平成10年2月27日 規則第7号
平成10年4月17日 規則第38号
平成13年12月4日 規則第78号
平成14年4月1日 規則第27号
平成19年3月14日 規則第8号
平成25年3月28日 規則第15号
平成27年4月1日 規則第39号
令和元年9月30日 規則第35号