このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

男女共同参画条例

更新日:2011年2月15日

男女共同参画の実現が「21世紀の最重要課題」と位置づけた国の男女共同参画社会基本法が平成11年6月に成立し、「国の施策に準じた施策」と「区域の特性に応じた施策」を策定し実施することが地方公共団体の責務とされたことにより、東京都では、平成12年4月に「東京都男女平等参画基本条例」を施行しています。

市では、「東村山市らしさ」のある条例づくりのため、平成13年度より東村山市女性プラン推進市民会議のなかで検討を重ねて参りました。このたび、「東村山市男女共同参画条例」が制定されました。

条例の目的

男女共同参画の推進に向けて、基本理念を定め、市、市民及び事業者の責務を明らかにするとともに、市の施策について基本的な事項を定めることにより、男女の人権が等しく尊重される男女共同参画社会を実現することを目的としています。

基本理念

  1. 性別により差別されることなく、個人としての人権が尊重されること
  2. 性別による固定的な役割分担意識により、社会活動の選択に対して影響を受けることのないよう配慮されること
  3. 市の施策及び民間の団体における意思決定過程に、対等な構成員として参画する機会が確保されること
  4. 家庭が、相互の協力と社会の支援の下に、家庭生活及び社会活動に平等に参加し、責任を分かち合うこと
  5. 互いの性を理解し、対等な関係の下に、互いの生涯にわたる健康及び女性の妊娠・出産等に関する意思が尊重されること
  6. 男女共同参画の推進に関する取組みが、国際社会及び国内の取組みとの協調の下に行われること

条例ができたことによって・・・

  • 市・市民。事業者の責務が明確になりました。
  • 基本計画を策定します。
  • 男女共同参画を阻害する行為の制限をしています。
  • 苦情等の申し出ができるようになりました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

市民部市民相談・交流課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2552~2559)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
市民部市民相談・交流課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る