このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

第68回人権週間

更新日:2017年3月23日

みんなで築こう 人権の世紀 「考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心」

 人権とは、誰もが生まれながらにして持っているかけがえのない権利であり、幸せに生きるために、なくてはならないものです。
 しかし、人種、信条、性別、障害等による不当な差別や人権侵害が今なお存在しています。
 人権の世紀といわれる21世紀を迎え「人権が共存する人権尊重社会」を実現するためにも、市民ひとりひとりがもう一度人権の大切さを心に刻み、学校、職場、家庭、地域社会などさまざまな場面で普段から人権尊重の意識を高めることが強く求められています。

第68回人権週間(平成28年12月4日から12月10日)

 国連は世界人権宣言採択後、採択日の12月10日を「人権デー」と定め、加盟国に対し人権擁護活動を推進する各種行事の実施を要請しています。

人権週間強調事項

  • 女性の人権を守ろう
  • 子どもの人権を守ろう
  • 高齢者の人権を守ろう
  • 障害を理由とする偏見や差別をなくそう
  • 同和問題に関する偏見や差別をなくそう
  • アイヌの人々に対する理解を深めよう
  • 外国人の人権を尊重しよう
  • HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見や差別をなくそう
  • 刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう
  • 犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう
  • インターネットを悪用した人権侵害をなくそう
  • 北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう
  • ホームレスに対する偏見や差別をなくそう
  • 性的指向を理由とする偏見や差別をなくそう
  • 性同一性障害を理由とする偏見や差別をなくそう
  • 人身取引をなくそう
  • 東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう

◆人権啓発講演会及び人権パネル展は終了いたしました。ご来場ありがとうございました◆

人権啓発講演会「LGBTってなんだろう?」を開催します

さまざまな組織がダイバーシティ(多様性、「違い」を生かすこと)の実現に取り組む中で、女性や障害者、外国人に加えて、性的マイノリティを対象とする動きが出てきています。日本では、人口の約3から10パーセントがLGBT(性的マイノリティの総称)だと言われていますが、受け入れる側の意識やシステム、慣習や情報が追い付いていないのが現状で、当事者たちは所属する集団でカミングアウトすることができずに多くの生きづらさを抱えています。今回の講演会では、LGBTと周囲の人々がともに暮らしやすい社会の実現のため、多様な性のあり方について正しい知識を身につけることを目的に開催します。

日時

平成28年12月11日(日曜)午後2時から4時まで(午後1時30分開場)

場所

市民センター2階 第1から2会議室

内容

性的マイノリティをテーマとした人権啓発講演

講師

NPO法人ReBitメンバー

参加費

無料

定員

先着100名程度

申込み

不要、直接会場へお越しください。

人権パネル展を開催します

 国連が定めた「人権デー」を最終日とする1週間を「人権週間」として、人権意識の高揚と普及に向けた啓発活動が全国でおこなわれ、当市では、今年も人権パネル展を開催します。
 「人権の大切さ」を考える機会に、ぜひお越しください。 

日時

平成28年12月5日(月曜)から12月8日(木曜) 午前9時から午後5時
(注記)5日(月曜)は午後1時から、8日(木曜)は午後2時まで

場所

いきいきプラザ1階ロビー

内容

人権の花活動、人権作文、市内公立小学校の人権教育活動のパネル展示等

このページに関するお問い合わせ

市民部市民相談・交流課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2552~2559)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
市民部市民相談・交流課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る