このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

東村山のパワースポットのご紹介

更新日:2017年2月23日

東村山は、建武の新政樹立の立役者となった新田義貞が、鎌倉攻めの際に陣を構え、勢いを得た土地です。現代でも、芸能界、スポーツ界などに多くの優秀な人財を輩出しています。さらに近年では、「東村山トライアングル」と呼ばれる財運にまつわる場所のエピソードもあり、東村山には、未来を変える不思議な力が宿っているのかもしれません。
 知る人ぞ知る東村山のパワースポットを巡り、東村山の魅力に触れてみませんか。

平成28年11月3日に開催された「東村山で未来が変わる!?多摩屈指のパワースポット巡り」のコースマップはこちらです。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

パワースポット巡りコースマップ(印刷用)

パワースポット巡りのコースを辿る

大地と自然のパワーが凝縮された寺(大善院)

霊的波動があると言われる霊峰富士の溶岩石で造られた築山の上に鎮座する不動明王三十六童子。そして、10本の苗木が成長の過程でお互いを引き寄せあい、1本の大木になった「友情」「信頼」等の花言葉を持つこぶしの木。この寺で「大地」と「自然」のパワーと「絆」を感じてください。


不動明王三十六童子


霊峰富士の溶岩石でつくられた築山に鎮座する不道明王三十六童子(左)

その佇まいから、ものすごいパワーを感じられるかも。

大善院には七福神やかわいらしいお地蔵様など、他にも魅力がたくさんあります。

こぶしの木(左下)から「結びつき」のパワーをもらい、「隠れハート」(右下)を見つけられれば、素敵なご縁に巡り合えるかもしれません…


強い「結びつき」で巨木となったこぶしの木


ヒント:ご本堂の近くに隠れています。

地蔵菩薩のご加護(国宝正福寺地蔵堂)

病に倒れた北条時宗は、夢枕に立った地蔵菩薩から丸薬を与えられ、これを飲んだところ病が治ったことから、地蔵堂を建てたという言い伝えがあります。現在建っている地蔵堂は応永14(1407)年に建立された、東京都唯一の国宝木造建造物です。


円覚寺舎利殿とともに中世禅宗様建築の代表的遺構です。


15~30cmの一木彫りの立像です

如意宝珠の加護により、正しい福を授けられたことを意味して名づけられた正福寺。

その敷地内にある国宝正福寺地蔵堂の千体地蔵は、病気回復などを祈願する人が、小地蔵尊像を一体借りて、家に持ち帰り、願いが成就すれば別に一体添えて奉納するという繰り返しにより増えていったことがその名のいわれのようです。

新田義貞がパワーを蓄えた要衝(将軍塚)

新田義貞が鎌倉攻めの際に陣を置いたとされる八国山にある将軍塚。上野、下野、常陸、安房、相模、駿河、信濃、甲斐の八国を見渡すことのできる狭山丘陵東端のこの地でパワーを蓄え、義貞は上昇気流に乗っていきます。
  (注記)なお、「将軍塚」は所沢市内に位置します。


八国山の尾根道沿いに将軍塚があります。


東村山トライアングルの頂点とも…

近年「東村山トライアングル」と呼ばれているこの地域。

東村山周辺は、鎌倉時代交通の要衝であり、鎌倉から全国へと通じていた鎌倉街道があり、「久米川宿」がありました。
「将軍塚」は地方武士から天皇の信任を受けるまでに立身出世した新田義貞が鎌倉攻めの際に陣を張ったとされている場所。

出世運の良い場所には財運ももたらす。
ここ「東村山トライアングル」には、そんな力が宿っているようです。

白衣観世音菩薩のお導き(徳蔵寺)

新田義貞の鎌倉攻めの際に、藤原氏盛貞公が今後の戦勝を祈願するために守り本尊としたという説もある白衣観世音菩薩が安置されています。


白衣観世音菩薩が祀られているご本堂


板碑保存館には多くの歴史的展示品が。

観音菩薩は、人々の声を観じ、その苦悩から救うという慈悲深い菩薩として知られています。

藤原氏盛貞公が鎌倉決戦の前に、自身の守り神として白衣観世音菩薩を安置したのは無事に苦しい戦いを勝ち抜けるよう、祈願したのかもしれませんね。

巨木から感じる大地の“気”(梅岩寺)

樹齢約700年と言われる都の天然記念物であるケヤキと樹齢約600年と言われる市の天然記念物であるカヤが山門にそびえたつ梅岩寺。ケヤキの花言葉は「幸運」、「長寿」。カヤの花言葉は「努力」。東村山に著名人が多いのは、2本の巨木の「気」を浴びていたからかもしれません。


高さ約27m 幹囲約7.3mあるケヤキ


高さ約30m 幹囲約5mあるカヤ


梅岩寺ご本堂

梅岩寺は、足利尊氏開運の霊佛であったと伝えられることと、徳川家より寺領10石を受領していることから、寺紋として「足利家の二引紋」と「徳川家の葵紋」が用いられています。

境内には、居ながらにして八十八箇所参りができる「新四国石仏」や、廃寺となり現在は石碑のみ残っている「瀧谷寺」など、他にもたくさんの魅力があります。

自然からのパワーと歴史からのパワーを同時に感じることのできる場所です。

福を招く伝説の牛頭天王(白山神社)

厄除けの神であるとともに、家内繁栄や招福の神としても知られている白山神社に祀られている牛頭天王は、井戸の中から発見されたと伝えられています。武蔵野地域には珍しく、恐いお顔をしている牛頭天王が見つめる先には、一体何があるのでしょう…。


招福の神「牛頭天王様」


笑っているようにも…見えますが…


久米川少年野球場

白山神社は、新田義貞の鎌倉攻めに使われた、旧鎌倉街道沿いにあります。
この道沿いには、「久米川少年野球場」があり、東北楽天ゴールデンイーグルスのオコエ瑠偉選手が少年時代、場外ホームランを放っていたそうです。

現在でも、週末にはたくさんの子どもたちがグラウンドで野球を楽しんでいます。
オコエ選手に次ぐプロ野球選手が、またこの地から誕生するかもしれませんね。

東村山の生んだ偉大なコメディアンの魂がここに宿る(志村けんの木)

「東村山音頭」等により東村山の名を世に知らしめた東村山市出身の志村けんさんの功績に対し、市が感謝状を贈呈したことをきっかけに、昭和51(1976)年に植樹されたケヤキの木。成長は衰えることを知らず、その生命力から人を笑顔にするパワーが感じ取れるかもしれません。


すくすくと成長しています。


自筆サイン入りプレートも設置されています。

東村山駅周辺は連続立体交差事業が始まり、見える景色も刻々と変わっていきます。

このページに関するお問い合わせ

経営政策部都市マーケティング課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2242)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
経営政策部都市マーケティング課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る