このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

生産緑地地区

生産緑地制度とは

 市街化区域内において良好な生活環境機能と将来必要となる公園、道路等の公共施設用地として、すぐれた農地等を計画的に保全し、農林漁業と調和した都市環境づくりを目指す都市計画上の制度です。

対象となる農地等

  • 公害又は災害の防止、農業と調和した都市環境の保全等良好な生活環境の確保に相当の効果があり、かつ、公共施設等の敷地の用に供する土地として適していること
  • 面積が、500平方メートル以上の規模の区域であること
  • 用排水その他の状況を勘案して、農業の継続が可能な条件を備えていると認められるものであること
  • 相当期間にわたって農業経営等の継続が期待できるものであること

農地等とは)

  1. 現に農林漁業に使われている農地、採草放牧地、森林、養魚池をいい、これらに隣接し、かつ、これらと一体となって農林漁業の用に使われている農業用道路、農業用水路及び生産緑地法第8条において許可される施設の立地する土地も区域として含まれます
  2. 何らかの理由により一時的に耕作されていない状態のいわゆる休耕地であっても、容易に耕作することができるようなものであれば、農地等に含まれます

(注記) 生産緑地法第8条において許可される施設とは

  • 農林水産物の生産集荷施設(ビニールハウス、温室、畜舎、集荷施設等)
  • 農林漁業生産資材の貯蔵保管施設(サイロ、種苗貯蔵施設、農機具等の収納施設等)
  • 農林水産物の処理貯蔵のための共同利用施設(選果場、ライスセンター等)
  • 農林漁業従事者のための休憩施設(休憩所、あずまや等)
  • 市民農園のための講習施設、管理施設

500平方メートル以上とは)

  1. 五畝を含みます。
  2. 一筆では500平方メートル以上なくても他の連たんする農地等との合計で500平方メートル以上あるものは可能です。なお、道路を挟んで連たんする場合の道路幅員は6mを上限とします。
  3. 当該農地等は、道路又は通路に2m以上接道していることとします。なお、既に指定された生産緑地と一体化又は整形化が図れる場合はこの限りではありません。

指定することができない農地等

  1. 都市計画により、商業地域等の土地の有効、高度利用等を図るべき地域、地区に指定されている区域内にある農地等。
  2. 既に都市計画法第59条の認可又は承認が行われている道路、公園等の都市計画施設の区域と重複する農地等。
  3. 主要な生活道路の区域と重複する農地等で、1年以内に道路化が確実なもの。
  4. 計画的市街地の形成を図る上で支障があると認められるもの。
  5. 現況が農地であっても、農地法(昭和27年法律第229号)の規定に基づく転用の届出がおこなわれている農地等。
本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

都市計画

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る