このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

ふるさと歴史館施設の案内

更新日:2011年2月15日

ふるさと歴史館内案内図

東村山ふるさと歴史館は、「みち」をテーマにした常設展示室や、視聴覚室・研修室がある博物館施設です。年4回程度の企画・特別展も開催します。

ふるさと歴史館施設・窓口案内トップ

交通案内・開館時間・駐車場案内など

東村山ふるさと歴史館の概要はこちら

ふるさと歴史館展示案内、頒布書籍の案内など

施設内容

常設展示室

ヒストリーマップ

館の基本テーマを「みち」と位置付け、正面入口には東村山を中心とした関東地方をかたどった大きな「ヒストリーマップ」(広域地図模型)があります。古代の東山道、中世の鎌倉街道などを電飾で表示し、合わせて原始から現代までの ビデオが流れます。入口左側の壁面から東村山の歴史を原始・古代・中世・近世・近代・現代と時代に沿って、当市で発掘された土器・石器、歴史を語る板碑や古文書とともに展示 しています。 展示室中央には、東村山の歴史を象徴する多摩湖町で出土した「瓦塔」と重要文化財「元弘の板碑」のレプリカ、国宝「正福寺地蔵堂」の模型などが展示されています。

歴史館では、館から外に出て市内の史跡・文化財を実際に歩いてもらうために「歴史のさんぽみち」として5コースを設定してあります。このコースを電飾とビデオで紹介するフィールドマップ(東村山市の地形模型)が同じ中央にあります。
右奥には、民俗展示コーナーがあり、「雑木林とくらし」の展示をしています。
最近は、落葉公害といわれるようになりましたが、落葉はサツマ床などさまざまに利用されてきたのです。サツマ床がどんなものか模型でみることができます。
このコーナーの両側に2台のビデオを設置し、館内展示をより詳しく映像で紹介しています。

図書・AVコーナー

ヒストリーマップ

館の基本テーマを「みち」と位置付け、正面入口には東村山を中心とした歴史館の入口に入って右側に図書・AVコーナーがあります。 ここには、閲覧 用の図書と雑誌、館所蔵の資料や市内の史跡・文化財を調べるための簡単な操作の コンピュータの端末2台、 「ひがしむらやまの縄文時代」など館で作成した映像資料 をみるためのビデオ1台があります。このコーナーは、市民の皆さんがくつろいで、本や雑誌をみたり、 歴史を学んだり できるスペースとなっています。

施設の貸し出し

ふるさと歴史館では、施設の有効活用として視聴覚室・研修室などの貸出を行なっています。博物館施設等の性格上、原則的には、施設利用目的は会議などの利用に限られています。その他の利用については職員にご確認下さい。 

施設貸し出し案内


施設貸出の際には、施設使用承認書を窓口にご提示ください。
公共施設予約システムで仮予約後、ご利用当日の本予約も可能です。

施設の使用時間は、開館時間とは別に別表の時間区分となります。また、施設使用料が必要となります。

施設貸し出し料金表
※平成21年
4月から
午前9時30分から12時00分 午後1時00分から4時30分
視聴覚室 1,600円 2,200円
研修室 800円 1,100円

※使用時間には準備と後片付け時間も含みます。

貸し出し施設

施設の使用時間は、開館時間とは別に別表の時間区分となります。また、施設使用料が必要となります。定員は、研修室が定員30名、視聴覚室が定員100名となります。ただし、通常の視聴覚室は、机を使用して54席のみです。54席以上のイスが必要な方は、窓口にある備品申請書を事前にお出しください。

※車での来館は、ご遠慮下さい。

利用時間

午前の貸出/午前9時30分~12時、午後の貸出/午後1時~4時30分
※上記の時間内に準備・片付けもお願いいたします。

備品貸出

机・イス等の各施設付属以外の備品貸出(マイク等の視聴覚設備)については、事前に備品申請書の提出をお願いします。なお、茶器等に関しても貸出を行なっています。
〔部屋に附属している備品/視聴覚室〕
机18、演台1、イス54、ホワイトボード1
ステージについては他の事業に使用しているために貸出ができない場合があります。
〔部屋に附属している備品/研修室〕
机10、テレビビデオ(ビデオの視聴のみ)1、イス30、ホワイトボード1
〔貸出の備品等/視聴覚室〕
有線マイク2、無線マイク2、ピンマイク3、マイクスタンド大2、マイクスタンド小2、DVD(再生用)1、VHS(再生用)1、書画カメラ1、スライド映写機1、スクリーン1
〔貸出の備品等/各部屋共通〕
急須2(茶葉はご持参下さい)、茶碗40、ポット(大)1、ポット(小)1、お盆2、水差し1、イス(但し、視聴覚室の定員は100名、研修室の定員は30名です)

その他注意事項

  • 施設内での喫煙・菓子等の食事はご遠慮下さい。(利用施設でのお茶などについては除外します)
  • 会議・学習会以外での使用はご遠慮願います。
  • 大音量を発する機器・楽器の利用、声楽等の仕様はご遠慮願います。
  • 退室の際の窓・ドアの施錠や空調のスイッチを切ることをお願いします。
  • 施設・備品の破損等があった場合速やかに職員にご連絡ください。(破損の状況により、実費をご負担頂くこともあります。)
  • 使用した備品その他のものについては、元に戻して鍵をご返却ください。
  • 駐車スペースは、歴史館裏手に3台のみとなっています。
  • 身障者用駐車場は別途ありますので、必要な方は窓口にお申し出下さい。
  • 当日実施する事業に関してのポスター等の掲示が必要な時は、窓口にお申し出下さい。

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る