このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

第19回(平成30年度)受賞作品

更新日:2018年11月26日

 東村山の出来事や催し、心温まる情景などを撮影した作品を9月から10月にかけて募集しました。「第19回大好き東村山写真コンクール」にご応募をいただき、ありがとうございました。
 応募いただいた71作品を審査し、受賞作品が決定しましたのでご紹介します。

受賞者一覧
賞の種類 作品名(撮影場所) 受賞者
最優秀賞 野火止用水の川蝉(万年橋) 郡 英士さん
優秀賞および写真家賞 裏方さん(北山公園) 宗林 保広さん
優秀賞 波紋(中央公園) 中村 智行さん
里に八国賞 花菖蒲と水鏡(北山公園) 木村 隆成さん
JA東京みらい 東村山支店長賞 うきうきお花見(狭山公園) 松長 まりえさん
西武鉄道 東村山駅管区長賞 多摩湖線の春(多摩湖線沿線) 武田 稔さん
イトーヨーカドー東村山店店長賞 非対称(萩山八幡神社) 酒匂 一成さん
東村山市長賞 こいのぼりだー!!(中央公園) 濱田 野々子さん

(注記)写真の著作権は東村山市に帰属し保護されています。商用・非商用を問わず無断で使用および転載はできません。

最優秀賞


野火止用水の川蝉

郡 英士さんのコメント
「今年の3月15日いつも通り野火止を散歩していると万年橋の側でこの川蝉を見つけビックリしてシャッターを切りました。」

審査員による講評:宇井眞紀子氏(写真家)、片野田 斉氏(写真家)

 最優秀賞の「野火止用水の川蝉」は、川蝉を画面いっぱいに配置し、餌取りの決定的瞬間を逃さず捉えたことで、迫力ある写真になりました。小さな川蝉が食べるには大き過ぎるように思える魚のびっくりしたような眼も印象的で、色々と考えさせられる写真です。若干ピントが甘く、バックが煩雑なので気を付けて撮ると良いでしょう。(宇井氏)
 よく撮られました。魚をくわえた得意気な表情が何とも言えません。このような珍しい光景に遭遇する機会はそうそうないと思いますが貴重な一瞬を見事に捉えています。ただ、露出が少し明るいのでデジタル処理で画面を調整すると深みが増したと思います。(片野田氏)

優秀賞および写真家賞


裏方さん

宗林 保広さんのコメント
「日の出前の菖蒲園で菖蒲田の中に枯れ花摘みをしている裏方さんが居ました。綺麗な花を見せてくれる裏方さんの努力に感謝します。」

審査員による講評:宇井眞紀子氏(写真家)、片野田 斉氏(写真家)

 優秀賞と写真家賞のダブル受賞です。早朝に菖蒲園で枯れ花摘みをする裏方さんに敬意を払って撮っているのが伝わってきます。青味がかった全体の色味が朝の空気を感じます。3人の配置、後方に小さく写る2台の手押車(特に赤い手押車)も良いポイントになっています。(宇井氏)
 今回も北山公園をモチーフにした作品が多かった中で異彩を放っていたのが「裏方さん」でした。日の出前の淡い光がとても印象的で人物の配置も決まっています。「早起きは三文の徳」といいますが、日の出前からカメラを持ち現場に向かわれた作者の「いい写真を撮りたい」という情熱も感じられます。 (片野田氏)

優秀賞


波紋

中村 智行さんのコメント
「突然小枝が水面に落ちてきて波紋が拡がり始めた様子を撮りました。」

審査員による講評:宇井眞紀子氏(写真家)、片野田 斉氏(写真家)

 水面いっぱいに広がる色鮮やかな落ち葉と水辺の紅葉が美しいです。そして池に映り込む青空。それだけでもすばらしい被写体ですが、波紋を捉えたことで生き生きとした表現になりました。(宇井氏)
 色味がきれいですが、波の模様を強調するなら余分な背景をカットしたほうがよかったのではないでしょうか。(片野田氏)

里に八国賞


花菖蒲と水鏡

木村 隆成さんのコメント
「菖蒲祭りの後の北山公園で、静かに咲く花菖蒲や水面に写る初夏模様が好かった。」

審査員による講評:細渕 太郎氏(東村山市商工会会長代理同副会長)

 多くの来場者でにぎやかだった菖蒲まつりのあとの静けさの中で、これから夏を迎えるエネルギーと東村山の自然の豊かさを感じ、選出しました。

JA東京みらい 東村山支店長賞


うきうきお花見

松長 まりえさんのコメント
「お父さんとの初めてのお花見でした。満開の桜の下、ベビーカーから手がちょっと見えているのがはしゃいでいるようにも見えます。」

審査員による講評:立川 義男氏(東京みらい農業協同組合東村山地区統括東村山支店長)

 満開の桜の花が画面いっぱいに広がり、暖かな光であふれている春の風景の中で、初めてのお花見にはしゃいでいる子どもとそれを優しく見守るお父さんの構図に大変ほほえましい気持ちとなり、選出しました。

西武鉄道 東村山駅管区長賞


多摩湖線の春

武田 稔さんのコメント
「多摩湖線沿いの桜並木が一斉に開花し、線路に覆い被さるように咲いている景色を見るにつけ、春の到来を感じさせてくれます。」

審査員による講評:増子 保幸氏(西武鉄道株式会社東村山駅管区管区長)

 厳しい冬が過ぎ、うららかな日ざしの中、満開の桜並木のそばを黄色の電車が走り抜ける。東村山市には都会と自然の共存というイメージがあり、この写真は東村山市の豊かな自然を象徴するような写真だと思い、選出しました。

イトーヨーカドー東村山店 店長賞


非対称

酒匂 一成さんのコメント
「毎年恒例の泣き相撲大会です。毎年大人は雨に泣かされますが、赤ちゃんの泣き声で雨も吹き飛んでしまいました。」

審査員による講評:足立 和壇氏(イトーヨーカドー東村山店店長)

 少子高齢化が進む今日、今後の日本を背負って立つ新しい力に一票です。小さくても大きなパワーと活気、元気はイトーヨーカ堂でも大切なことです。この写真から今後の日本、これからの東村山を想像しました。東村山の皆さんに喜んでいただける、人と人を大切にした店づくりに励んでいきます。

東村山市長賞


こいのぼりだー!!

濱田 野々子さんのコメント
「中央公園へピクニックへ行った時に、まっ先に見つけたこいのぼり。つかまえにでも行ったかの様な猛ダッシュでした!」

審査員による講評:渡部 尚(東村山市長)

 空を雄大に泳ぐ鯉のぼりに駆け寄る2人の少女。ご自身のお子さんを撮ったスナップですが、どこまでも広がる青空、豊かな緑、躍動する子どもたち等、東村山の魅力を余すところなく捉えた愛情あふれる1枚に感動です。

表彰式を開催しました

 第19回「大好き東村山写真コンクール」の表彰式が、11月20日(火曜)にいきいきプラザ「マルチメディアホール」で開催されました。
 和やかに執り行われた式には、受賞された皆さんの笑顔があふれていました。
 受賞された皆さん、誠におめでとうございます。


受賞者及び審査員の集合写真

このページに関するお問い合わせ

経営政策部秘書広報課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 (東村山市役所本庁舎3階)
電話:市役所代表:042-393-5111(内線 秘書係:2013~2015 広報広聴係:2016~2018)  ファックス:042-393-9669
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
経営政策部秘書広報課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る