このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

特別展 鎌倉街道と中世のみち―狭山丘陵の中世

更新日:2014年12月21日

東村山ふるさと歴史館リーフレット
住所 東村山市諏訪町1丁目6番地3、電話042-396-3800

はっくくん

展示案内  会期 平成22年10月9日 (土曜)から12月19日(日曜) (注記)入館無料

東村山には、国宝正福寺地蔵堂とはじめとする中世の文化財が多くあります。また、新田義貞の鎌倉攻めにしようされた鎌倉街道上道が市内を通り、その鎌倉街道の宿である久米川宿が東村山にあったことがわかっています。
今回の展示では、この鎌倉街道を中心に東村山市と市の北西部にある狭山丘陵全体の中世の歴史を紹介します。

会期 平成22年10月9日 (土曜)から12月19日(日曜) 

開催時間 午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日 毎週月曜・火曜日(祝日の場合は開館し、次の平日が休館日となるため、10月11日(月曜)・11月23日(火曜)は開館し、10月13日(水曜)・11月24日(水曜)は休館となります)

駐車場が少ないので、お車での来館はご遠慮ください。

展示構成

1、狭山丘陵のみちと人々の暮らし

狭山丘陵に通った古い道と遺跡からみた丘陵内の暮らしのようすを紹介します。

2、鎌倉街道上道と久米川宿

鎌倉街道上道にあった「久米川宿」が、どのような宿であったか、他での発掘事例や古文書などから紹介します。また、久米川宿周辺の文化財や遺跡も紹介し、東村山の中世の歴史を紹介します。

3、『廻国雑記』の世界

京都から北陸、東国、みちのくを訪問した道興准后の手記『廻国雑記』から武蔵野を中心に訪れた地域と旅のようすを紹介します。

付随事業/講演会「板碑から見る中世の東村山」 

  • 日時/平成22年11月20日 (土曜)  午後2時00分から午後4時00分
  • 定員/60名(先着)
  • 講師/伊藤宏之 氏
  • 参加費/200円
  • 申込み/11月5日9時30分より電話(042-396-3800)あるいは電子申請にてお申込みください。

展示図録

展示図録

「鎌倉街道と中世のみち―狭山丘陵の中世―」
判型・頁/A4判、本文48頁
頒布価格/400円
郵送頒布/頒布案内を参照ください。

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る