このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

歴史の散歩道 狭山公園・石仏コース

更新日:2016年3月10日

狭山公園・石仏コース案内図

コース概要

全長

約10キロメートル

所要時間

徒歩2時間から2時間30分

道順

西武園駅前→瓦塔出土地→狭山公園→氷川神社→赤坂庚申塔→宝珠寺→応永の板碑(廻田ふれあいセンター)→金山神社→廻田緑道→富田家の宝篋印塔→下宅部遺跡→西武園駅前

みどころ

瓦塔出土地

多摩湖町4丁目19番地
現在は住宅地ですが、まだ松の木の茂る昭和9年、丘陵の中腹からたくさんの瓦のようなかけらが発見されました。復元すると高さが2メートル近い五重の塔になりました。奈良時代のもので、市にも仏教文化が伝わっていたことの証明です。現物は東京国立博物館に所蔵されています(市旧跡)。

狭山公園

狭山公園の写真

多摩湖町3丁目18番地
多摩湖に隣接した公園。公園はプラタナスやマツ、サクラなどが繁り、花見シーズンには、公園を中心に大勢の見物客でにぎわいます。堰堤の上から眺める街並みは絶景のひと言。初日の 出のポイントでもあります。6月中旬から7月初旬にかけて、源氏ホタルと平家ホタルの光の舞いが見られます(東村山30景)。

氷川神社

氷川神社の写真

多摩町3丁目16番地
スサノオノミコトを祀り、例大祭は9月上旬の土日。今は狭山公園として整備された狭山丘陵の中腹にあります。一帯は回田宅部(めぐりたやけべ)また下宅部ともいわれ、古くは境村、日向村などもあり、多摩湖の湖底に沈んだ村々の信仰も集めていたと思われます。

赤坂庚申塔

赤坂庚申塔の写真

多摩湖町2丁目7番地周辺
滑りやすい赤土の坂「赤坂道」は、中世からの古い道で、路傍には多くの石造物がみられます。この庚申塔は、右面に「山口くわんおん(観音)道」と刻まれ、道標もかねていました。隣には「坂東西国秩父百ヶ所」と刻まれた供養塔、付近には馬頭観音や石橋供養塔もあります(市有形民俗文化財)。

宝珠寺の延命地蔵

宝珠寺の写真

廻田町3丁目23番地
左手に宝珠、右手に錫杖を持つ、市内では一番古い石造地蔵菩薩立像です。1668年(寛文8)に「回田村男女十一人」によって建てられたものです。17世紀も半ばを過ぎると、村人の手でこうした信仰の石造物がつくられるようになり、農民の生活にも少し余裕が出てきました(市有形民俗文化財)。

応永の板碑

応永の板碑の写真

多摩湖町2丁目7番地
1406年(応永13)の建立と推定されています。橋の代わりに使われたとの伝承もあり、いくつかの破片になっています。多数の人命をきざんでおり、法華経を信仰する人々による結衆(けちじゅう)板碑(いたび)といわれるものです。文書の残っていない中世の村人の信仰を示す貴重な板碑です(市有形民俗文化財)。

金山神社

金山神社の写真

廻田町3丁目23番地
鍛冶の神様であるカナヤマノヒコ等を祭神としており、例大祭は9月18,19日に近い土日です。江戸時代には廻り田村の下組の鎮守でしたが、明治に入り、村の鎮守となりました。創建等は不詳ですが、鍛冶職小町大膳左京主水がその屋敷に祀ったとの伝承があります。

廻田緑道

廻田緑道の写真

本緑道は、廻田の丘をまっすぐに通る東京都水道局の埋設水道敷を、散策道として整備したものです、土の感触や地形の特性を生かした枕木舗装を施し、自然の植生を生かした植栽となっています。廻田の丘の頂上からは八国山や狭山丘陵を見渡せ、絶景スポットとして知られています。

富田家の宝篋印塔

富田家の宝篋印塔の写真

廻田町4丁目33番地
江戸時代の中期まで、廻り田村のうち200石の領主は富田家でした。富田家は、初め金山神社に近い丘陵に陣屋を構えていました。2基の宝篋印塔(ほうきょういんとう)が、その陣屋の北の小町家の墓地に残されています。銘文は読みにくくなっていますが、領主であった富田家の墓塔と考えられます(市有形民俗文化財)。

下宅部遺跡

下宅部遺跡

下宅部遺跡の写真

多摩湖町4丁目3番地4

縄文時代から奈良・平安時代を中心とする遺跡で、作りかけの丸木舟や水辺の施設などが発見され、 当時のくらしがわかる貴重な遺跡です。現在は下宅部遺跡はっけんのもりとして整備され、体験学習会等を開催しています (都史跡)。

関連情報

ふるさと歴史館

下宅部遺跡

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る