このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

歴史の散歩道 秋津神社・地蔵堂コース

更新日:2016年3月10日

路線案内図

秋津神社・地蔵堂コース案内図

コース概要

全長

約4.5キロメートル

所要時間

徒歩約1時間30分

道順

秋津神社→氷川神社→一石六地蔵→光あまねしの碑→馬頭観音→庚申塔など

みどころ

1 秋津神社(秋津町5丁目27番地)

秋津神社の写真

ヤマトタケルノミコトを祭神としていますが、石造の不動明王を祀り、秋津のお不動さまとして、近郷近在の人々の信仰をあつめています。境内には、「力石」という、力比べや大人の仲間入りをする力だめしの大きな石が奉納されています。本殿の正面、側面は精巧な彫刻が施されています。(東村山30景)

2 氷川神社(秋津町4丁目13番地)

氷川神社の写真

以前の南秋津村の鎮守で、スサノオノミコトを祭神としています。本殿は、1908年(明治41)の再建です。旧本殿の棟木には、1659年(万治2)の建立であったことを示す墨書銘があります。現在の社殿は昭和59年に再建されました。

3 一石六地蔵(秋津町3丁目35番地・地蔵堂墓地)

一石六地蔵の写真

六角石柱の各面に、蓮座にのった地蔵立像が浮彫りにされています。高さ62センチメートルのお地蔵様です。1760年(宝暦10)と、1766年(明和3)の年号があります。市内には、六地蔵が11組ありますが、そのうち9組は6体別々の丸彫りで、これだけが六面となっています。地蔵信仰は、江戸時代庶民の間で広く盛んになりました。(市有形民俗文化財)

4 光あまねしの碑(秋津町4丁目15番地)

光あまねしの碑の写真

詩人の草野心平氏は昭和38年から秋津に住み、あたりを自然のままという意味の「五光」と命名しました。その後、秋津橋のたもとに氏の筆により「光あまねし」の木柱が立てられましたがその墨痕も薄くなったため、昭和56年11月に地域の人々により、石の記念碑が立てられました。(東村山30景)

5 馬頭観音など(秋津町3丁目16番地・柳瀬橋)

馬頭観音の写真

所沢へと向かう古くからの道筋であった柳瀬橋のたもとには、いくつかの石仏が祀られています。そのうちの馬頭観音は、1781年(安永10)のもので、大切な輸送力であった馬を供養し、道行く人々の安全を祈ったものです。1707年(宝永4)の立派な庚申塔も並んでいます。

6 庚申塔など(秋津町2丁目7番地付近)

庚申塔の写真

市内のあちこちに立てられた庚申塔は、庚申信仰のひろまりをしめしています。多くは江戸時代のものです。巡ってくる庚申の日に徹夜でお祈りするという庚申講の人々によってつくられたものです。

関連情報

ふるさと歴史館

東村山市史研究目次

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る