このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の よくある質問 の中の くらしの情報のよくある質問 の中の 税金・国保・年金 の中の 国民健康保険 の中の 国民健康保険の資格について の中の 今月70歳になりますが、医療機関にかかる時の自己負担額が安くなるのですか。 のページです。


本文ここから

質問 今月70歳になりますが、医療機関にかかる時の自己負担額が安くなるのですか。

更新日:2021年4月1日

回答

70歳になられたかたには「国民健康保険高齢受給者証」をお送りしています。高齢受給者証には2割又は3割の自己負担が記載されているため、医療機関に受診の際は保険証と一緒に必ず提示してください。
一部負担金割合は、前年の所得(注記1)の状況に応じて判定します。8月1日から翌年の7月31日を1年として判定するため、毎年8月1日に一部負担金割合の見直しを行ないます。前年と負担割合が変わらない場合でも毎年7月下旬に、対象者全員に新しい「国民健康保険高齢受給者証」をお送りいたします。
70歳の誕生日の翌月からが対象となります。(1日が誕生日のかたはその月から対象となります。)70歳になられたかたには高齢受給者証の対象となる前月下旬に、世帯主あてに普通郵便で郵送します。届出は不要です。

.(注記1)1月から7月までは前々年の所得をもとに判定します。

備考

一部負担金割合の判定の仕方
本人及び世帯に70歳以上の国民健康保険加入者の課税所得(注記2)が145万円以上のかたがいる場合は、負担割合は3割になります。それ以外の場合は2割です。ただし、所得判定で3割負担となったかたも、収入が基準を満たした場合、申請により2割負担になります。

(注記2)課税所得=総所得金額等-所得控除額(所得税の控除額ではありません。)

以下のうちいずれか1つに該当する場合は、申請してください。

  • 70歳から74歳の国民健康保険被保険者が1人の世帯で、年間の収入が383万円未満であるかた。
  • 70歳から74歳の国民健康保険被保険者が1人かつ年間の収入が383万円以上で、国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行したかたの収入も含めて520万円未満であるかた。
  • 70歳から74歳の国民健康保険者が2人以上の世帯で、年間の収入を合計して520万円未満であるかた。

関連情報

高齢受給者証について

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保険年金課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2533~2538、2543~2545、2546~2547)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部保険年金課のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

よくある質問検索

国民健康保険の資格について

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る