このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

質問 国民健康保険の保険税はどのように計算するのですか。

更新日:2019年5月1日

回答

国民健康保険税は、「基礎課税分(医療分)」と「後期高齢者支援金分(後期分)」、「介護納付金分(介護分)」の合計となります。医療分と後期分は加入者全員にかかり、介護分は40歳以上65歳未満までのかたにかかります。
それぞれの国保税は、所得割額(前年の所得に応じてかかる金額)と均等割額(加入者一人ひとりが負担する金額)を合計します。(各金額については、年度ごとに見直しがされます。)

(注記)平成29年度相当分までの医療分については、平等割額(1世帯あたりにかかる金額)も課税されます。

税率について

平成31年度

 (注記)「平成」の元号を用いた表記は、改元後の年度(年)に対応するものとします。

【医療分】(最高限度額61万円)
所得割額(算定基礎額((注記)×5.35%)+均等割額(加入者数×34,000円)

【後期分】(最高限度額19万円)
所得割額(算定基礎額((注記)×1.8%)+均等割額(加入者数×11,400円)

【介護分】(最高限度額16万円)
所得割額(40歳以上65歳未満の方の算定基礎額((注記)×1.8%)+均等割額(40歳以上65歳未満までの加入者数×14,000円)

平成30年度

【医療分】(最高限度額58万円)
所得割額(算定基礎額((注記)×5.35%)+均等割額(加入者数×34,000円)

【後期分】(最高限度額19万円)
所得割額(算定基礎額((注記)×1.8%)+均等割額(加入者数×11,400円)

【介護分】(最高限度額16万円)
所得割額(40歳以上65歳未満の方の算定基礎額((注記)×1.8%)+均等割額(40歳以上65歳未満までの加入者数×14,000円)

平成28年度から29年度

【医療分】(最高限度額54万円)
所得割額(算定基礎額((注記)×4.95%)+均等割額(加入者数×27,000円)+平等割額(1世帯12,000円)

【後期分】(最高限度額19万円)
所得割額(算定基礎額((注記)×1.6%)+均等割額(加入者数×10,800円)

【介護分】(最高限度額16万円)
所得割額(40歳以上65歳未満までの方の算定基礎額((注記)×1.6%)+均等割額(40歳以上65歳未満の加入者数×13,800円)

平成27年度

【医療分】(最高限度額52万円)
所得割額(算定基礎額((注記)×4.5%)+均等割額(加入者数×21,000円)+平等割額(1世帯12,000円)

【後期分】(最高限度額17万円)
所得割額(算定基礎額((注記)×1.5%)+均等割額(加入者数×8,400円)

【介護分】(最高限度額16万円)
所得割額(40歳以上65歳未満までの方の算定基礎額((注記)×1.5%)+均等割額(40歳以上65歳未満の加入者数×13,000円)

平成26年度

【医療分】(最高限度額51万円)
所得割額(算定基礎額((注記)×4.5%)+均等割額(加入者数×21,000円)+平等割額(1世帯12,000円)

【後期分】(最高限度額16万円)
所得割額(算定基礎額((注記)×1.5%)+均等割額(加入者数×8,400円)

【介護分】(最高限度額14万円)
所得割額(40歳以上65歳未満までの方の算定基礎額((注記)×1.5%)+均等割額(40歳以上65歳未満の加入者数×13,000円)

(注記)算定基礎額=総所得金額等-33万円

年度の途中で加入した場合の国保税は、加入資格が発生した月から年度末までの加入月数で、年間保険税を月割計算した金額となります。
年度途中で脱退(国保資格喪失)する場合の国保税は、脱退のお手続きの際に資格喪失する月の前月分までを月割計算した金額となります。

国保税算定例(平成31年度) (注記)「平成」の元号を用いた表記は、改元後の年度(年)に対応するものとします。

世帯主(40歳・給与所得3,460,000円)・妻(38歳・所得0円)2人世帯の場合

【算定基礎額】
世帯主・・・給与所得3,460,000円(給与収入5,000,000円)-330,000円=3,130,000円
妻・・・0円

【医療分】
所得割額
世帯主3,130,000円×5.35%=167,455円
妻0円
所得割額計・・・167,455円

均等割額
34,000円×2人=68,000円
均等割額計・・・68,000円

医療分計
167,455円+68,000円=235,455円→235,400円(100円未満切り捨て)

【後期分】
所得割額
世帯主3,130,000円×1.8%=56,340円
妻0円
所得割額計・・・56,340円

均等割額
11,400円×2人=22,800円
均等割額計・・・22,800円

後期分計56,340円+22,800円=79,140円→79,100円(100円未満切り捨て)

【介護分】
所得割額
世帯主3,130,000円×1.8%=56,340円
所得割額計・・・56,340円

均等割額14,000円×1人=14,000円
均等割額計・・・14,000円

介護分計・・・56,340円+14,000円=70,340円→70,300円(100円未満切り捨て)

国保税額=235,400円+79,100円+70,300円=384,800円
年間国保税額・・・384,800円

世帯主(40歳・給与所得3,460,000円)・妻(38歳・給与所得300,000円)2人世帯の場合

【算定基礎額】
世帯主・・・給与所得3,460,000円(給与収入5,000,000円)-330,000円=3,130,000円
妻・・・給与所得300,000円(給与収入950,000円)-330,000円=0円(所得が控除額の330,000円を下回るため)

【医療分】
所得割額
世帯主3,130,000円×5.35%=167,455円
妻0円
所得割額計・・・167,455円

均等割額
34,000円×2人=68,000円
均等割額計・・・68,000円

医療分計
167,455円+68,000円=235,455円→235,400円(100円未満切り捨て)

【後期分】
所得割額
世帯主3,130,000円×1.8%=56,340円
妻0円
所得割額計・・・56,340円

均等割額
11,400円×2人=22,800円
均等割額計・・・22,800円

後期分計56,340円+22,800円=79,140円→79,100円(100円未満切り捨て)

【介護分】
所得割額
世帯主3,130,000円×1.8%=56,340円
所得割額計・・・56,340円

均等割額14,000円×1人=14,000円
均等割額計・・・14,000円

介護分計・・・56,340円+14,000円=70,340円→70,300円(100円未満切り捨て)

国保税額=235,400円+79,100円+70,300円=384,800円
年間国保税額・・・384,800円

世帯主(40歳・給与所得3,460,000円)・妻(38歳・給与所得1,920,000円)2人世帯の場合

【算定基礎額】
世帯主・・・給与所得3,460,000円(給与収入5,000,000円)-330,000円=3,130,000円
妻・・・給与所得1,920,000円(給与収入3,000,000円)-330,000円=1,590,000円

【医療分】
所得割額
世帯主3,130,000円×5.35%=167,455円
妻1,590,000円×5.35%=85,065円
所得割額計・・・252,520円

均等割額
34,000円×2人=68,000円
均等割額計・・・68,000円

医療分計252,520円+68,000円=320,520円→320,500円(100円未満切り捨て)

【後期分】
所得割額
世帯主3,130,000円×1.8%=56,340円
妻1,590,000円×1.8%=28,620円
所得割額計・・・84,960円

均等割額
11,400円×2人=22,800円
均等割額計・・・22,800円

後期分計84,960円+22,800円=107,760円→107,700円(100円未満切り捨て)

【介護分】
所得割額
世帯主3,130,000円×1.8%=56,340円
所得割額計・・・56,340円

均等割額14,000円×1人=14,000円
均等割額計・・・14,000円

介護分計・・・56,340円+14,000円=70,340円→70,300円(100円未満切り捨て)

国保税額=320,500円+107,700円+70,300円=498,500円
年間国保税額・・・498,500円

世帯主(30歳・所得0円)・妻(30歳・所得0円)2人世帯の場合

7割軽減の条件に該当するので、均等割額が7割減額となります。

国民健康保険税の軽減制度についてはこちらです。

【算定基礎額】
世帯主・・・0円
妻・・・0円

【医療分】
所得割額
世帯主0円
妻0円
所得割額計・・・0円

均等割額
10,200円×2人=20,400円
均等割額計・・・20,400円

医療分計0円+20,400円=20,400円

【後期分】
所得割額
世帯主0円
妻0円
所得割額計・・・0円

均等割額
3,420円×2人=6,840円
均等割額計・・・6,800円

後期分計0円+6,840円=6,840円→6,800円(100円未満切り捨て)

国保税額=20,400円+6,800円=27,200円
年間国保税額・・・27,200円

世帯主(25歳・給与所得500,000円)1人世帯の場合

5割軽減の条件に該当するので、均等割額が5割減額となります。

国民健康保険税の軽減制度についてはこちらです。

【算定基礎額】
世帯主・・・給与所得500,000円(給与収入1,150,000円)-330,000円=170,000円
【医療分】
所得割額
世帯主170,000円×5.35%=9,095円
所得割額計・・・9,095円
均等割額
17,000円×1人=17,000円
均等割額計・・・17,000円

医療分計9,095円+17,000円=26,09526,000円(100円未満切り捨て)

【後期分】
所得割額
世帯主170,000円×1.8%=3,060円
所得割額計・・・3,060円

均等割額
5,700円×1人=5,700円
均等割額計・・・5,700円

後期分計3,060円+5,700円=8,760円→8,700円(100円未満切り捨て)

国保税額=26,000円+8,700円=34,700円
年間国保税額・・・34,700円

世帯主(56歳・給与所得1,500,000円)・妻(49歳・所得0円)・子1(17歳)・子2(16歳)4人世帯の場合

2割軽減の条件に該当するので、均等割額が2割減額となります。

国民健康保険税の軽減制度についてはこちらです。

【算定基礎額】
世帯主・・・給与所得1,500,000円(給与収入2,400,000円)-330,000円=1,170,000円
妻・・・0円
【医療分】
所得割額
世帯主1,170,000円×5.35%=62,595円
0円
所得割額計・・・62,595円
均等割額
27,200円×4人=108,800円
均等割額計・・・108,800円

医療分計
62,595円+108,800円=171,395円→171,300円(100円未満切り捨て)

【後期分】
所得割額
世帯主1,170,000円×1.8%=21,060円
0円
所得割額計・・・21,060円

均等割額
9,120円×4人=36,480円
均等割額計・・・36,480円

後期分計21,060円+36,480円=57,540円→57,500円(100円未満切り捨て)

【介護分】
所得割額
世帯主1,170,000円×1.8%=21,060円
0円
所得割額計・・・21,060円

均等割額
11,200円×2人=22,400円
均等割額計・・・22,400円

介護分計
21,060円+22,400円=43,460円→43,400円

国保税額=171,300円+57,500円+43,400円=272,200円
年間国保税額・・・272,200円

関連情報

国民健康保険税について

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保険年金課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2533~2538、2543~2545、2546~2547)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部保険年金課のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

よくある質問検索

国民健康保険の税について

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る