このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 東村山市議会 の中の 議会情報 の中の 会議録検索 の中の 平成30年・委員会 の中の 第5回 平成30年9月21日(都市整備委員会) のページです。


本文ここから

第5回 平成30年9月21日(都市整備委員会)

更新日:2018年12月10日


都市整備委員会記録(第5回)


1.日   時  平成30年9月21日(金) 午前10時1分~午前10時17分


1.場   所  東村山市役所第1委員会室


1.出席委員  ◎山口みよ     ○石橋光明      朝木直子      白石えつ子
         小町明夫      肥沼茂男各委員


1.欠席委員  なし


1.出席説明員  大西岳宏資源循環部長   肥沼卓磨資源循環部次長   田口輝男ごみ減量推進課長
         武田源太郎施設課長


1.事務局員  湯浅﨑高志事務局次長   萩原利幸事務局次長補佐   新井雅明主事


1.議   題  1.閉会中の委員派遣について
         2.行政報告


午前10時1分開会
◎山口委員長 ただいまより都市整備委員会を開会いたします。
―――――――――――――――― ◇ ――――――――――――――――
 〔議題1〕閉会中の委員派遣について
◎山口委員長 閉会中の委員派遣について、お諮りいたします。
  特定事件の調査のため、議長に委員派遣承認要求をいたしたいと思いますが、これに賛成の方の起立を求めます。
(賛成者起立)
◎山口委員長 起立多数と認めます。
  なお、日程は10月18日木曜日から翌日の19日金曜日の2日間とし、目的地及び視察項目は、岐阜県各務原市、新那加駅周辺地区交通バリアフリー基本構想について、大阪府大阪市、交通バリアフリー基本構想についてであります。
  諸手続については、正副委員長に御一任願いたいと思いますが、これに賛成の方の起立を求めます。
(賛成者起立)
◎山口委員長 起立多数と認めます。よって、さよう決しました。
  次に進みます。
―――――――――――――――― ◇ ――――――――――――――――
 〔議題2〕行政報告
◎山口委員長 次に、行政報告を議題といたします。
  本日は、資源循環部からの報告のみです。
  なお、疑問点についての質問は最小限でお願いいたします。
△武田施設課長 施設課より、市民意見交換会について御報告申し上げます。
  今後のごみ処理施設の基本方針策定に当たっては、幅広く市民の方々の御意見を伺う必要があると考えておりまして、本日の説明資料としてお配りしております「~ごみ処理施設の基本方針策定に向けて~市民の皆様のご意見をお聞かせください!」の御案内文書に記載のある日程で、現時点で市として整理した内容につきまして御意見を伺うべく、市民の皆様との意見交換会を開催する予定となっております。
  また、本案内文書につきましては、市内の自治会向けに配布するほか、市の公共施設等にも配布し、市民の皆様にお知らせしていく予定でございます。
  このほか、市民意見交換会開催についての情報につきましては、平成30年10月1日に発行される市報及び「ごみ見聞録」、市のホームページ上にも掲載してまいります。
  市民意見交換会は、平成30年10月中旬から平成30年12月中旬を目途に10回程度開催する予定でございまして、会場の都合もございますが、多くの方が参加できるように、市内をおおむね網羅できるよう、開催会場を分散させて調整を図ったところでございます。
  委員の皆様におかれましては、御多忙と存じますが、ぜひ御参加いただきたくお願い申し上げます。
  なお、本日、都市整備委員会終了後に、本案内文書につきまして議員ボックスに配付させていただきたいと考えております。
△田口ごみ減量推進課長 ごみ減量推進課より、東村山市リサイクルフェアの開催について御報告申し上げます。
  東村山市リサイクルフェアは、市民の皆さん、事業者の皆さん、行政の協働のもと、3R、リデュース、リユース、リサイクルの推進を掲げまして、毎年開催しております。会場につきましては秋水園におきまして、10月21日日曜日に開催する予定でございます。
  主なイベントといたしましては、フリーマーケット、ごみ収集車の展示及び環境標語の募集、お宝ハンター、みんなのプロジェクトの参加表明に伴い、携帯電話を初め使用済み小型家電の回収、フードドライブ、スタンプラリー、施設見学会などを企画しており、多くの市民の皆様にお越しいただきたいと思っております。
  また、委員の皆様方におかれましても、御多忙かと存じますが、ぜひお越しいただきたく、何とぞよろしくお願い申し上げます。
◎山口委員長 報告が終わりました。
  ただいまの報告について、質問等ございませんか。
○朝木委員 このごみ処理施設の基本方針策定の件なんですが、中身は具体的にどういうことになりますか。
△武田施設課長 現時点で市として整理した中身なんですけれども、あり方検討会の最終報告書を参考に改めて検討・整理した結果なんですけれども、内容について大きく変更が生じたものはなかったと認識しております。
  あり方検討会の中では、単独処理及び広域処理の検討、施設整備用地に関する検討、新しいごみ処理施設の目指すべき方向性、ごみ処理施設整備スケジュールの検討、今後のごみ処理施設計画等の検討についてということで、5つ、大きくやっていただいたんですけれども、それぞれについて市として検討した結果、あり方検討会の最終報告書の内容を大きく変更するようなものはなかったというふうに、(不規則発言多数あり)それについての検討を行いまして、結果といたしまして、あり方検討会の最終報告書の内容と大きく変更したものはなかったと。(「何をやるか」「説明会の内容についてだよ」「焼却炉のほうの話なのか、これじゃ市民が見ても全くわからないということが言いたいの」と呼ぶ者あり)申しわけございません。
  それぞれ、今申し上げました基本方針の柱となる内容について検討したものについて、市民意見交換会で市として整理した内容について御説明をした中で御意見を伺ってまいりたいと、このように考えております。
○朝木委員 何が言いたいかというと、要するに焼却炉の建てかえとか、そういう具体的な中身を聞きたいんですよ。何が言いたいかというと、これこのまま配るわけでしょう。これ見たときに、普通の市民が見て何のこっちゃという話で、「ごみ処理施設の基本方針策定に向けて」と書いてあっても、具体的な中身が書いてないと、基本方針策定と言われたって普通の人はわからない。ぴんとこないです。
  それから、今のあり方検討会についても、一般市民ですよ、非常に関心のある方は別として、一般の人は多分ほとんどやっていたことも知らないという意味で、こういうふうに何か市から提案とか説明会とかやるときには、やはり内容を具体的にわかりやすく説明するとか周知するということが必要なんじゃないですかという意味でいうと、「ごみ処理施設の基本方針策定に向けて」という題名で、どれだけの人が関心持つのかなというふうに思ったので伺ったんです。
  もっと、例えば焼却炉の建てかえも含まれるのか、この中にね。そうすると、やはり我が事として、皆さん関心持つんじゃないでしょうかということが言いたいの。どうですか、そこは。
△大西資源循環部長 今、委員御指摘のとおり、表題のほうに、下の「ひがっしー」のところに書かせていただいていますとおり、焼却施設が現在稼働37年目ということで、老朽化してますので、今後の施設を考えていく中では、焼却炉の更新というのは大きな課題になっております。
  こちらの部分について、先ほど課長が御説明した、今後、単独処理なのか広域処理なのか、また場所が秋津でいいのかどうかという検討を重ねてまいりましたので、そちらの市の素案を御説明した上で、市民の皆様の御意見を賜りたいという形にしております。
  ちょっと目的がわかりにくいという御指摘もございましたので、そこについては、広報の内容につきましても、間に合うものにつきましては差しかえ等の対応をさせていただいて、より目的がわかるように考えてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
○朝木委員 やはり焼却炉が寿命が来てるんだよとか、建てかえも含めてね。そういう課題があるんだということを具体的に書いていただかないと、ちょっとこれ、議員の私でも何やるのかなと聞きたくなっちゃう内容なので、そこはちょっと工夫していただきたいなと思います。
◎山口委員長 ほかにございませんか。
○小町委員 今の説明会の件ですが、今、朝木委員からお話があったのも確かにそうかなと思いもありながら、秋津の皆さんは、あり方検討会にたしか地域の代表の方が出ていたんですよね。今回これを拝見すると、秋津町で4回ですか、最初にやっていただくということもあるので、一番は秋津町の皆さんに対してが、大変手厚くやっていらっしゃるけれども、おっしゃるように、あとの6回はどうしても秋津以外の町で行うことになるので、その辺からすると、どういう経過があってこの会になっていくのかというのを少し御提示いただかないと、我が事のようにはなっていかないのかなと。
  ごみの問題というのはずっと続く問題ですから、市としての方針を出すという意味では、その辺を少し丁寧にやっていただければいいかなと、これは意見として申し上げておきます。
◎山口委員長 ほかにございませんか。
○白石委員 10月16日から12月12日までに、市民センターであるとか、ふれあいセンターとか、いろいろなところを回ると思うんですけれども、全市となっていると思うんですけれども、皆さんがごみを出すわけですから、秋津に偏っているというのはわかるんですけれども、多摩湖町であるとか萩山であるとか全てのところでやらないと、自分たちのごみがどうなっていくのかというのは皆さんが考えて、皆さんの、全市の意見を集約するんだとすると、全てのところを入れないと、行けない方たちもいるんだとすると、近くのところで通って意見を出すという方策をとらないといけないんじゃないかなというのと、あと、この期間だけで、人数が集まれば出前講座みたいのはやるんでしょうか。そこを伺っていいですか。
△武田施設課長 御指摘のところもありますけれども、会場の都合もございますので、その辺を加味して全体を網羅できるように調整を図ったところでございますが、当然、市民意見交換会後も、幅広く市民の方々の意見を伺うための機会は設けていく必要があると考えておりますので、実施する際には改めて御案内を申し上げたいと考えております。(不規則発言多数あり)出前講座等、そういった類いのものを実施する際には、改めて御案内をさせていただければと思っております。(「市民から言うことはできるの。それに応えることはできますかということです」と呼ぶ者あり)まずは12月の意見交換会終了後に、そちらの意見を整理した後に、改めてそういったことについても検討し、実施する際には周知をまた、御案内していきたいなと考えております。(不規則発言多数あり)
◎山口委員長 でも、白石委員のあれでは、この場所だけだと行けないところとか、行けなかった人とかができるように、もっといろいろな人の声を集めて、そういう出前講座とか、臨時にやれないかということですよね。
△大西資源循環部長 今お話がありましたとおり、現時点で市がここで全てを決めるということではなくて、平成31年度に今後の方針ということで基本方針の策定に入ります。方針をつくるときには、当然市民の説明会、またパブリックコメント等を実施して基本方針を策定してまいる予定ですけれども、その前段として、昨年度の末にあり方検討会の報告が提出されまして、「ごみ見聞録」等でも御案内を差し上げていますけれども、地元を中心に、今、市はこういうことを基本の方針をつくる前に検討している段階でございますということを説明申し上げ、それについての市民の皆様の御意見を伺って、今後の基本方針策定の素案に生かすための意見交換会、説明会ということではなくて、あくまでも意見交換会という形で実施させていただく予定でございます。
  先ほど白石委員からありました出前講座につきましても、今後、方針を策定するに当たっては、先ほど申し上げたように、市民の御意見を賜る場だとか説明会とか、かなり回数を重ねる必要があると考えております。
  したがいまして、この意見交換会が終わったときに、そのときの意見も踏まえまして、例えば出前講座が必要であれば、今後所管で説明の出前講座の準備をして、改めて全市民の方に出張出前講座もやりますというような御案内を進めていく予定で考えております。
◎山口委員長 ほかにございませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
◎山口委員長 ないようですので、以上で行政報告を終了いたします。
  次に進みます。
  以上で、本日の都市整備委員会を閉会いたします。
午前10時17分閉会

 東村山市議会委員会条例第23条の規定により、ここに署名又は押印する。

都市整備委員長  山  口  み  よ








議会事務局職員

記録担当

議事係長

次長

局長

関連情報

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2812~2815)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

平成30年・委員会

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る