このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 東村山市議会 の中の 市議会の活動状況 の中の 請願等一覧 の中の 請願一覧 の中の 21年6月~現在 の中の オリンピック・パラリンピックの聖火リレー・全生園セレブレーション中止を求める陳情 のページです。


本文ここから

オリンピック・パラリンピックの聖火リレー・全生園セレブレーション中止を求める陳情

更新日:2021年6月3日

陳情趣旨

 新日本婦人の会の活動に対してのご理解・ご協力に感謝申し上げます。
 新日本婦人の会は、子育てや、くらし、介護、環境、安全な食べ物、平和など、地域のさまざまな要求を大切にして活動している創立59年のNGO団体です。
 今、新型コロナの変異株が広がり、東京、大阪、京都、兵庫の4都道府県に緊急事態宣言が出されるなど、感染が深刻な状態になっております。一方、インドでの変異株による感染爆発(一日41万人 5/7現在)について、世界の一日の感染者数の半分がインドでの感染者になっていると紹介されています。こういう感染爆発のきっかけが、3月に行われた世界最大級のヒンズー教の宗教行事である可能性が高いとされています。日本はこれから世界最大級のスポーツ行事である五輪をやろうとしています。インドの経験から学ぶべき教訓は、オリンピック・パラリンピック中止の決断をすることではないかと思います。たとえ、「無観客開催」としても、世界中から9万人が来日することになると感染爆発の危険があるのではないか、負のスパイラルが日本から世界に広がったら、こんな悲劇はない。何のためのオリンピックかということになります。日本国民の命と健康に責任を持っているのは日本政府です。IOC(国際オリンピック委員会)ではないのです。政府と東京都が決断をすべきです。
 オリンピックまで3ヶ月を切りましたが、大会で新型コロナウイルスを拡大させないための対策は、未だ不十分のままです。
 7月13日に行われる東村山の聖火リレー・全生園でのオリンピック・パラリンピックのセレブレーションは、感染拡大を防ぐためにも中止すべきです。

1.全生園でのオリンピック・パラリンピックの聖火リレー・セレブレーションは中止すること。

令和3年5月7日

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2812~2815)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

21年6月~現在

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る