このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 東村山市議会 の中の 市議会の活動状況 の中の 議案一覧 の中の 平成18年 の中の 平成18年12月定例会 議員提出議案の審議結果 の中の 療養病床の廃止・削減計画の凍結・見直しすることを求める意見書 のページです。


本文ここから

療養病床の廃止・削減計画の凍結・見直しすることを求める意見書

更新日:2011年2月15日

1 要旨

「介護療養病床の廃止計画」及び「医療療養病床の削減計画」の凍結・見直しを国に要請する

2 理由

(1)「医療制度改革関連法」に療養病床の廃止・削減計画が盛り込まれた

本年(平成18年)6月、第165回通常国会において、いわゆる「医療制度改革関連法」が成立し、この中で「介護療養病床の廃止」と「医療療養病床の削減」が盛り込まれた。計画では、2012年(平成24年)までに介護療養病床13万床を全廃し、医療療養病床25万床を15万床に削減するものとしており、療養病床は介護・医療を含め現在の38万床から15万床に大幅に削減されることになります。

(2) 東京都・北多摩北部保健医療圏における試算

東京都においては、現在21,700床ある療養病床のうち、介護療養病床(現在7,720床)は全廃、医療療養病床は(現在14,000床)は5,300床削減され、わずか8,700床程度になります。

北多摩北部保健医療圏においては、現在1,551床ある療養病床のうち、介護療養病床(現在703床)は全廃、医療療養病床(848床)は228床削減され、わずか620床程度になるものとそれぞれ試算されます(東京都福祉保健局「医療圏別療養病床状況」「指定介護療養型医療施設一覧」(2006年7月1日)から作成)。

(3) 現在既に療養病床・介護施設は著しく不足しているため療養病床を退院させられた患者は行き場を失う

しかしながら、現時点で既に介護療養病床・老人保健施設・特別養護老人ホームはいずれも著しく不足しており、全国で多数の入院・入所待機者を抱えているのが実情です。特別養護老人ホームの入所待機者は全国で38万人、東京都では4万人と報告されています(平成18年3月厚生労働省調査)。療養病床の廃止・削減計画がこのまま実施されれば、療養病床を退院させられる患者は適正な医療を受けられなくなるのみならず行き場を失うことは明白です。いわゆる「医療難民」「介護難民」が多数発生し、社会的混乱をきたすことは必至です。すでに、本年10月より実施されている区分食費・居住費の給付制限と入院基本料の引き下げもこうした事情に拍車をかけています。

従って、以上の理由により地域住民が安心して医療や介護を受けられるよう、介護・医療・福祉を含め、基盤整備の充実こそが強く望まれるところであり、国及び関係機関の迅速かつ十分なる対応を要請するものであります。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成18年12月20日

東京都東村山市議会議長 丸山 登

内閣総理大臣 安倍 晋三 殿

厚生労働大臣 柳沢 伯夫 殿

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2813・2814)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

平成18年12月定例会 議員提出議案の審議結果

  • 療養病床の廃止・削減計画の凍結・見直しすることを求める意見書
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る