このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年 第1回議会報告会

更新日:2019年3月6日

概要


12月議会の報告と意見交換会のポスター

第1回議会報告会を開催しました。
41名の方にご参加いただきました。
ありがとうございました。

テーマ

「市民に開かれた議会」~これまで&これから~

  • 内容

平成30年12月議会の報告&意見交換会

(1) 12月議会・視察報告
(2) 3つの議会報告(所沢市・多摩市・東村山市)
    質疑応答&意見交換会

  • 日時、場所 

平成31年2月2日(土曜) 午前10時から正午まで

中央公民館 4階 レクリエーションルーム

 

議会報告会報告書


会場の様子


3市議会からの報告(多摩市、所沢市、東村山市)

日時:平成31年2月2日(土曜)午前10時から正午
場所:中央公民館レクリエーションルーム
参加人数:41人(子ども2人を含む)

司会:石橋博

報告と説明:小林美緒、村山淳子

記録:渡辺みのる

出席議員:伊藤真一、島崎よう子、かみまち弓子、おくたに浩一、蜂屋健次、渡辺英子、村山淳子、
       横尾孝雄、佐藤まさたか、大塚恵美子、白石えつ子、土方桂、小町明夫、小林美緒、
       肥沼茂男、石橋博、熊木敏己、駒崎高行、石橋光明、山口みよ、渡辺みのる、さとう直子

報告内容

12月定例議会の報告
 議案、陳情の審査経過と結果について報告をした。
  ・市長提出議案7件のうち、3件の報告をした。
  ・議員提出議案の4件を報告した。
  ・結論を出した陳情の6件を報告した。

委員会視察の報告

報告内容に対する質疑応答

「市民に開かれた議会」~これまで&これから~
 司会:亀井誠史氏(自治体議会改革フォーラム)
 パネリスト:多摩市議会 岩永ひさか議長、所沢市議会 近藤哲男副議長、東村山市議会 伊藤真一議長

  ・イントロダクション
  ・東村山市議会・所沢市議会・多摩市議会それぞれから、これまでの取組みの報告
  ・3市議会からの報告に対する質疑応答
  ・東村山市議会の議会報告会をより良くするには(グループトーク)

主な質問と回答

12月定例議会の報告について
〈質問〉社会福祉センターの改修が行われるとのことだが、ここは災害時に要支援者の2次避難所となっている。車椅子が必要な時は、他から借りてくることになっているが、代替えはあるのか。
〈回答〉指摘の点については、審査の中で触れていない。所管に確認する。
〈質問〉「東村山市にゴミ屋敷や空き家問題などを解消するための条例の制定を求める陳情」が不採択になっているが、地域では深刻な問題になっている。なぜ不採択になったのか。
〈回答〉ゴミ屋敷については、環境部門と福祉部門で空家等対策計画が作られているので、条例は必要ないと判断した。委員会としては、計画の中で関係機関と連携を強化し、対策をしてほしいと考えている。

委員会視察の報告について

〈質問〉視察で見に行った内容を委員会として、市に提言する考えはあるのか。
〈回答〉その通りだと思う。そこを目指して改革していきたいと考えている。会派・委員会と言うよりは、議会として提言ができるようにしていきたい。改選後に引き継いでいく。

その他

(意見)萩山憩いの家で、5年間も正常じゃない運営がなされていた。建設業を40数年やってきたが、東京都などからは事細かに指示がある。それがなかったことと、記録がないということが問題だ。議会の中で特別委員会などを作り、調査しないと防げないと思う。契約などに対して、数値目標がないということも問題だと思う。プロポーザルをやっている意味がない。

(意見)東村山市では医療関係が充実してきている。高齢化対策のため、認知症対策の施設を考えてもらいたい。健康維持のための施設を市で考えてもらいたい。

〈質問〉一昨年6月議会に陳情を出し、全会一致で採択された。1年半が過ぎ、任期も終わろうとしている。採択した陳情の扱いがどうなっているのかわからない。全会一致で採択した陳情の重みをどのように考えているのか。
〈回答〉昨年の9月議会から、採択した陳情は市長に報告を求める議決をとっている。採択した以上、議会にもその責任はある。所管とのやり取りの中で31年度に着手すると聞いている。

3市議会からの報告について

〈質問〉所沢市の人口は、東村山市の倍だが、議員定数が33人。市の広さ、人口分布などを見て市民の声が議会にきちんと反映されているのか。議会として拾いきれているのか。
〈回答:所沢市〉年4回報告会を開催しており、各地域のまちづくりセンターを巡回している。人口が多いので周知するのは難しいが、議会報告会のお知らせ入りティッシュの配布や、マスコットを作り市民が関わりやすくしている。
〈質問〉小・中学校の冷暖房の住民投票の結果がどうなったのか知りたい。
〈回答:所沢市〉投票数87,563票、賛成56,921票、反対30,047票だった。(注記)所沢市議会の近藤副議長に代わり、参加者の所沢市議会 桑畑健也議員より回答
〈質問〉多摩市で議会報告会を、率先して取り組んだキッカケは何か。決まったことの報告より、決める前に市民の声を聞く、というやり方はいいと思うが、どのように反映させているのか。
〈回答:多摩市〉議会運営が不安定になったことが理由のひとつ。多摩市では全ての問題が全会一致で決まるが、市民がみんな同じ考えではないはず。市民の意見を踏まえて、議会の議論を作っていくことが大切。沢山の人に参加してもらうこともいいが、少ない方が意見交換が活発にできる。あげられた意見を委員会の中で話し合って執行部と意見交換をして進めている。

グループトーク各テーブルでの意見

〈参加者の感想など〉
・聞くだけの会だと思ってきた、これからは委員会別に開催することも有意義だと思う。年に4回やっているのは大変だろう、継続していくことの大切さもわかりました。
・議会報告の優先順位、1人の声、10人の声、100人の声も伝わらないといけないし、この報告会が何を主にしているか明確に考えているのか。
・初めて参加した時の一番の収穫は「知らなかった議員を知った」こと。時折来ているが、グループディスカッションは良いと思う。マイナスとして思うことは、議会報を読んでいると報告部分はわかっている。知らない議員と話をしたい。出席していない2人の議員の理由を聞きたい。本人に問いたい。
・「開かれた議会」というのは、わかるようでわからない。3つくらいの題をつけて何をしているのかわかるようにしたほうが良い。
・フロアからの質問に対して、回答がスマートすぎる。前回の質問の回答から始める。どのように扱ったか?聞きっぱなし。
・議会の存在価値は何か。
・団体・グループごとに招待する。
・多摩市は大学と連携しているのがいい。
・小さいお子さんを巻き込む。保護者会や授業参観などで、政治学習などできたらよい。若い人達、同じ年代の人との交流ができたらよい。
・同じ人、限られた人ばかりが参加している傾向がある。多くの新しい人達が参加できるようにしてほしい。そうでないと特定の人の意見が通ってしまう危険性がある。
・資料に「3市議会の比較表」があったらよかった。
・「報告会」という名前だと受け身になってしまう。報告だけなら、市報を見ればよいのではと思ってしまう。
・プロ市民が前提の報告会のように映る。初めての人にもわかりやすい工夫が必要。
・無関心の人にどう情報を届けるか。
・自治会に出かけていき、意見交換会を開く。
・報告会アピール時に、駅前で報告会をしてみる、課題を列記し、シール投票形式で意見を聴き取る。
・地域別開催だと参加者に新しい層が見える。参加しやすい。
・議会報告会で、市民の要望を聞く時間を設けてほしい。

成果と課題

(1) 3つの議会の取組みを比較する意見交換会を開催したことにより、それぞれの議会の特徴や、東村山市議会のありようを伝えることができた。
(2) 年4回の報告会を重ねる中で、市民と議員が一体となってディスカッションできる雰囲気を醸成できた。
(3) グループトーク形式にしたことで、参加した市民から様々な意見をあげてもらえた。
(4) キッズスペースがあったことで、子どもを連れてきた保護者が会に参加できた。
(5) 初めて参加する市民が一定数いたので、「ようこそ議会報告会へ」をやるべきだった。
(6) 会場の借用時間を少し延びてしまったので、次の時間帯を借りている方に迷惑をかけてしまった。
(7) 備品の準備不足があった。
(8) 新しい会場を借りる際は下見をしていたが、どの会場であっても事前に何を準備するかをチェックするべきであった。
(9) 時間配分を意識して、丁寧にタイムキープをするべきであった。
(10)議会全体への説明が不足していた、との意見があった。
(11)議会報告と意見交換をセットで行うのは、内容が盛りだくさんで時間的にも厳しい。意見交換のやり方をどのようにするかを議論していきたい。
(12)後半の意見交換会の時間が足りず、企画内容がもったいなかった。
(13)頂いた意見を今後、どのように活かしていくのか。

アンケート集計結果

アンケート集計表
日時、場所 2月2日(土曜) 午前10時~正午 中央公民館レクリエーションルーム
参加人数 41人(子ども2人を含む)
アンケート数 34枚(83%)
1.お住い 市内 32人
本町 3人 久米川町 4人
秋津町 1人 青葉町 1人
恩多町 3人 萩山町 3人
栄町 3人 富士見町 2人
美住町 2人 廻田町 3人
多摩湖町 0人 諏訪町 2人
野口町 5人    
市外 2人
2.年代   ~10代 0人
20代 1人
30代 1人
40代 1人
50代 9人
60代 10人
70代 10人
80代~ 2人
3.何で知りましたか(複数回答あり) 市議会だより 3人
市議会HP 3人
公共施設ポスター 2人
案内チラシ 1人
議員から 16人
知人、友人から 7人
その他 3人
Facebook(フェイスブック)
4.これまで参加したことがありますか はじめて参加した 16人
参加したことがある 18人
5.議案の報告 わかりやすかった 19人
わかりにくかった 9人
どちらともいえない 2人
6.市議会だよりを読んだことがありますか? 毎号読む 18人
特定の記事 13人
代表質問/一般質問 11人
議案の質疑   6人
予算/決算    4人
審議結果    5人
その他      2人
全く読まない 3人

(注記)未記入や複数回答があるため、内訳と合計が合わない場合があります。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3905~3906)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

平成31年/令和元年

このページを見ている人はこんなページも見ています

お勧めのリンクはありません。

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る