このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

令和2年 第2回議会報告会

更新日:2020年10月26日

新型コロナウイルス感染防止のため、8月に予定していた議会報告会は中止し、東村山市議会では初めての取り組みとなる、動画配信による議会報告を行うことにしました。この動画では、6月定例議会の内容を中心に報告しています。

6月定例会の議会報告

議会報告(動画)

議長挨拶(テキスト版)

こんにちは、市議会議長の熊木敏己です。
はじめに、この度の大雨により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧をお祈りいたします。
また、新型コロナ感染症はいまだ終息することなく、私たち議員も三密を避け、うつらない・うつさないを実践し、議会の運営も変更してまいりました。
そのような中で、議会報告会をどのように開催すべきか検討し、今回は動画を活用し、発信のみではありますが、報告させていただくことといたしました。
本来であれば、皆さんと顔を合わせ直近の定例会の報告とテーマを設けての意見交換会もさせていただきたいところですが、コロナ禍の中お許しいただければと思います。
今回の方法が最善であるとは思いませんが、報告会を中止してしまう選択ではなく、できることはやってみる、ダメならば改善する。試行錯誤、トライアル・アンド・エラーの気持ちでおりますので、ご理解をいただきたくお願い申しあげます。
それでは、動画による議会報告をスタートします。

6月定例議会について(テキスト版)

報告1は、6月定例議会についてです。

6月議会は6月4日から25日までの22日間行われました。新型コロナ対策に関わる条例改正や補正予算などが多く提案されたため、通常は1日で行う初日の本会議での審議を2日続けて行い、その後の一般質問、各委員会、最終日の本会議はほぼ通常に近い形で行いました。

市長から提出された議案は37件。議員提出による議案は、国等への意見書2件、結論を出した陳情は5件でした。個々の議員の賛否については市議会だより8月15日号の最終面でご確認ください。 それでは、審議の際に質疑が多く出された議案を中心にピックアップしてご報告いたします。

保育所の利用者負担条例の一部改正と児童館条例の一部改正です。

この2件の条例改正は、新型コロナ対策として登園や登所の自粛にご協力いただいた世帯に対し、保育所では保育料、児童クラブでは使用料の日割り減免を行うもので、市長による専決処分が行われ、報告がありました。経緯や日割りの仕組み、手続き等について質疑を行い、全会一致で承認といたしました。

一般会計補正予算(第1号)国の特別定額給付金と子育て世帯臨時特別給付金に関する総額156億6,443万円の補正予算です。

市長による専決処分が行われたことについて報告がありました。
補正予算の規模、給付状況、対象世帯数、申請手続きが困難な方への支援策等が明らかになり、賛成多数で承認といたしました。

専決処分について簡単にご説明いたします。議会が議決しなければならない事項を、議会を招集することができない緊急な場合などに、地方自治法に基づいて市長が議会に代わって意思決定することを言います。市長は直後の議会で報告し、承認を受けなければなりません。不承認でも決定は覆りませんが、速やかに措置を講じ、議会に報告しなければなりません。

一般会計補正予算(第2号)です。これは新型コロナの拡大防止対策、市民や地域経済への支援策、ウィズコロナを見据えた新たな施策に要する経費等、総額21億7,143万円の補正を行うものでした。

妊娠中の方の感染予防に役立つ育児パッケージの内容、清瀬市とPCRセンターを共同設置する費用、感染防止のための防護服など備品の費用、GIGAスクール構想に向けての学校への対応、新型コロナの影響を受けている農業者や企業への応援金などに充てられることがわかりました。
賛成多数で可決といたしました。

小中学校通信ネットワーク整備設計及び工事請負契約です。児童・生徒が一人一台ずつタブレット端末を持ち、活用できる環境を整える「GIGAスクール構想」の早期実現を目指し、市立小中学校に高速大容量の通信ネットワークを整備するための設計と工事を一体にした契約です。

予定価格に対する落札率の低さや、最低制限価格を設定しなかったことへの疑問、工事による影響等について質疑が行われ、工事は土日や放課後に行うことや、一括発注方式のメリットを生かして柔軟にスケジュールを組んで対応したい。という答弁がありました。賛成多数で可決しました。

名誉市民の選定についての議案です。
当市出身で令和2年3月29日に逝去された志村けんさんのこれまでの功績をたたえ、広く市民の敬愛の対象として顕彰し、名誉市民の称号を贈るものでした。

選定までの経緯等について質疑を行い、全会一致で同意しました。
議決後、志村さんのご親族出席のもと、本会議場で顕彰式が執り行われました。

議員提出議案として、「子どもの歯の矯正治療に保険適用を求める意見書」と「気候変動対策の更なる強化を求める意見書」を賛成多数で可決し、関係機関へ送付しました。

結論を出した陳情5件のうち「新型コロナ感染症対策の強化を求める陳情」「学校への児童クラブ併設と運営に関する陳情」「全国一律最低賃金制度を求める陳情書」は不採択に、「女性(女子)差別撤廃条約選択議定書の批准を求める意見書に関する陳情」も不採択に、「東村山市特別支援教育推進計画第5次実施計画に反映を求める施策に関する陳情」を採択しました。

市議会の新型コロナ対策(テキスト版)

報告の2として、市議会の新型コロナ対策について報告します。

4月から5月は予定していた委員会は開催を見合わせ、5月に予定していた議会報告会は中止しました。
6月定例議会では、一般質問は発言時間を短縮して実施し、委員会は通常開催としました。議場での密を避けるため、定足数を欠かない範囲で離席を可能とし、休憩時の換気、発言席の消毒を実施、発言席を設けて演壇にはアクリル板を設置しました。傍聴は別室のモニターでお願いし、傍聴時には氏名・連絡先を記入いただきました。

7月から8月、閉会中の委員会は、感染対策を施して開催。傍聴も可能です。議会報告会は8月も中止とし、議会報告は現在ご覧いただいている動画による配信とし、市議会だよりでアンケートを実施いたします。

7月から8月の間、新型コロナ対策に対する要望や提案を会派毎に取りまとめ、議長を通じて定期的に市長へ提出いたしました。

政務活動費について(テキスト版)

報告3として、昨年度の政務活動費と議長交際費についてご報告します。

東村山市議会では、会派に対して議員1人月額12,500円を交付。使わなかった分は市に返還します。研究研修費、調査旅費、資料作成費、資料購入費等に区分し、すべての領収証を添付し、1円単位で収支を議長に報告します。内容を確認後、収支報告書や領収証の写しを市長に送付します。収支報告書、出納簿、視察報告書、平成29年度からは領収書の写しも市議会HPでご覧いただけます。

令和元年度は4年に一度の改選期であったため、収支報告は、改選前の1か月間と、改選後の5月から翌年3月までの2期に分けてあります。ここでは改選後の収支一覧を掲載します。細かい数字のご説明は省略いたします。

議長交際費です。議長または議長の代理者が議会を代表して各種行事などの対外的な活動をするために要する経費で、「議長交際費支出基準」に基づき支出しています。支出の透明性を高めるために基準を策定し、執行状況を市議会ホームページで公表しています。

令和元年度の支出実績については、合計90件、39万9,020円でした。

会派異動について(テキスト版)

会派の異動がありましたのでご報告します。5月1日付で4人会派だった「つなごう!立憲・ネット」が、佐藤まさたか・かみまち弓子・白石えつ子議員による3人会派となり、藤田まさみ議員が新たな会派「立憲民主党」を結成しました。

9月定例会の予定(テキスト版)

市議会の予定をご案内いたします。9月定例議会は8月28日から9月29日の予定です。議案審議、請願・陳情審査、一般質問のほか、令和元年度の決算審査も行います。

副議長挨拶(テキスト版)

副議長の石橋光明です。ご視聴いただきありがとうございました。
コロナ禍において市議会報告をどのような方法で開催すべきか議会で話し合ってまいりました。
今回の動画を通じた議会報告は、全国でも類をみない方法で、賛否はあると思います。しかし、開かれた議会を目指す我々東村山市議会は、新しい試みに挑戦することを決意し、動画を通じて皆様に報告をさせていただきました。
至らぬ点や改善点は多くあると思われます。是非とも今回の報告に関するご意見を頂ければ幸いです。皆様のご意見を反映しつつ、新しい議会報告の形を市民の皆様と共に作ってまいりたいと思っております。
「市議会だより」8月15日号には、この議会報告に関するアンケートを頂戴しております。ご協力のほど宜しくお願いいたします。
改めて、本日はご視聴誠にありがとうございました。

議会報告会 報告書

【スケジュール】

 令和2年7月17日(月曜) リハーサル(全議員参加)
 令和2年7月30日(木曜) 動画撮影(広報広聴委員)
 令和2年8月13日(木曜) 配信開始

 動画再生回数 353回(令和2年9月30日現在)

報告内容

【6月定例議会について】

 議案、陳情の審査経過と結果について報告した。
● 市長提出議案37件のうち6件を報告した。
 (1) 報告第3号 専決処分事項(東村山市保育所の利用者負担に関する条例の一部を改正する条例)の報告   
 (2) 報告4号 専決処分事項(東村山市立児童館条例の一部を改正する条例)の報告
 (3) 報告第5号 専決処分事項(令和2年度東京都東村山市一般会計補正予算(第1号))の報告
 (4) 議案第51号 令和2年度東京都東村山市一般会計補正予算(第2号)
 (5) 議案第50号 東村山市立小中学校内通信ネットワーク整備設計及び工事請負契約
 (6) 議案第52号 東村山市名誉市民の選定について同意を求める件

● 議員提出議案2件を報告した。
 (1) 議員提出議案第2号 子どもの歯の矯正治療に保険適用を求める意見書
 (2) 議員提出議案第3号 気候変動対策の更なる強化を求める意見書

● 結論を出した陳情5件を報告した。
 (1) 2陳情第5号 新型コロナ感染症対策の強化を求める陳情書
 (2) 2陳情第6号 小学校への児童クラブ併設と運営に関する陳情
 (3) 2陳情第8号 全国一律最低賃金制度を求める陳情書
 (4) 2陳情第9号 女性(女子)差別撤廃条約選択議定書の批准を求める意見書に関する陳情
 (5) 2陳情第13号 東村山市特別支援教育推進計画第5次実施計画に反映を求める施策に関する陳情

【市議会の新型コロナ対策について】
 4月から7月の間に実施した、議会の新型コロナウイルス感染症対策を報告した。

【令和元年度の政務活動費と議長交際費について】
 令和元年度の収支の実績を報告した。

アンケート集計結果

アンケート

アンケート

アンケート

アンケート

アンケート

5-2.動画配信による議会報告に対するご意見の理由をお聞かせください

・ 議会報告に関しては良い部分と悪い部分あり。ここでは書ききれない。
・ 市議会報告を知るきっかけになりました。
・ 内容や方法についてはいろいろ考えられると思いますが、コロナ禍においても市議会からの「報告」を維持することは非常に重要なことと考えます
・ 文章よりもわかりやすい
・ いつでもだれでも匿名で視聴できるので動画はあったほうがいい
・ 議会報告会が、形式的なものになっています。各会派が賛否を表明していますが、なぜその様な結論になったかの意見表明がなければ、報告会を見る意味がない。
・ 議会報告会の会場に行くことが出来ない人のためにも、動画配信を続けて欲しい
・ コロナ禍での、市議会の挑戦ありがとうございます。報告会をどのような形式でするかは、皆さん(議員・市民)で知恵を出し合いましょう。音声に集中できたので、わかりやすかったですが、さらなる説明を求めての質問ができないのが残念です。ネットを利用できない方々も含めて、報告会のありかたを検討しましょう。一方、参加していなかった方々や、できなかった市民層への、新たなる参加につながる希望も持ちたいです。今まで,報告会に参加する機会があり、議員のみなさんと直接お話することもできていました。音声から、お顔を想像したりもできました。もし、この動画配信が初めての報告会参加でしたら、つまらなすぎて、次の回は参加しなかったかもしれません。今まで、人と人が直接交流するというときには煩わしいつながり方をしてきたのだと、考えさせられました。報告会はなぜ、何のためにやるのか再考してみます。でも、報告会は必要な情報共有の場であると考えます。よって、今後も実施したほうがいいを選択しました。

成果と課題

・ 動画撮影や編集に関しては、初心者ばかりだったが、知恵を出し合ってやりきることができた。
・ 試行錯誤しながら、1つのものを作りあげることができた。
・ 手話通訳を入れた動画が作れてよかった。
・ YouTubeのようにもっと興味を持ってもらえるような効果を付けた動画にしたいが、議会全体の集約の難しさはある。
・ つまらない、淡々としているという意見もある。
・ 議員が動画に出たほうが訴求力があがるのではないか。今後のつくり方を考えるうえで、ホワイトボードや議員が出ることも検討すべき。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2813・2814)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る