このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

令和4年 第2回議会報告会

更新日:2022年9月5日

popopo

3月定例議会の議会報告会を開催しました。
多くの方にご参加いただきありがとうございました。

日時

令和4年5月20日 (金曜) 午後7時から午後8時30分
市民センター2階 第1から第3会議室
(注記) オンラインは午後6時45分から配信を開始します。

内容(次第)

  1. 議長あいさつ
  2. 3月定例議会の報告
  3. 報告(1)3月定例議会の議案、陳情等
  4. 報告(2)令和4年度予算について
  5. 質疑応答
  6. 意見交換会「どうなる?どうする?新年度の東村山市」
  7. 今後の予定
  8. 副議長挨拶

3月定例議会の報告

議会報告会(動画)

開会(要約テキスト版)

本日は、東村山市議会議会報告会にご参加いただきありがとうございます。東村山市議会は平成26年4月1日に施行した東村山市議会基本条例第5条の規定に基づき公務として議会報告会を行ってきました。令和2年8月からは新型コロナウイルス感染症対策としてオンラインを活用して継続してきました。今回は初の会場とオンラインの同時開催となります。
会場でご参加の皆さまは資料の置いてある椅子にお座りください。オンラインでご参加の皆さまはカメラはオン、マイクはオフ(ミュート)でお願いします。 お名前の表示はご本名と町名をお書きください。ご質問がありましたらチャット機能を使ってお送りください。ご質問につきましては時間の都合ですべてにお答えできないこともありますが、議会内で共有し今後につなげていますのでどうぞご理解ください。それでは開会まで少しお待ちください。本日も手話通訳を社会福祉協議会の長谷川さんと鈴木さんにお願いをしています。本日の様子は録画をいたします。参加された方が特定されないようにした上で市議会ホームページで後日公開する予定です。不明な点などありましたらお近くの議員にお声がけください。
最後に本日まで十分に準備を重ねてきましたが、会場とオンラインで同時に行うのは初めてのため不手際やトラブルがあるかもしれません。その際にはご説明しながら進めてまいりますので、皆さまのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

議長挨拶(要約テキスト版)

こんばんは。東村山市議会議長の土方桂です。どうぞよろしくお願いいたします。
皆さまとお会いできるのは、2年3か月ぶりになります。私たちは面と向かって皆さまのご意見を伺い、市政に反映させることが仕事です。本日を迎えられ議長として嬉しい限りです。夕方のお食事されているような時間に会場に来てご参加いただき本当にありがとうございます。そしてオンラインでつながっている皆さまもありがとうございます。皆さまの顔をみれてほっとしています。意見交換会もございますので日頃から思っている疑問やご提案を多く頂ければと思います。オンラインの皆さまもご協力お願いいたします。広報広聴委員長をはじめ多くのスタッフが汗を流し、トライアンドエラーをモットーに開催しています。今日は色々なお話ができればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

議員紹介(要約テキスト版)

常任委員会ごとに議員紹介をいたします。
最初に政策総務委員会です。伊藤、下沢、藤田、佐藤(ま)、横尾です。
続いて厚生委員会です。志村、熊木、駒崎です。
続いてまちづくり環境委員会です。渡辺(英)、小町、白石、村山、木村です。
最後は生活文教委員会です。小林、石橋、清水、鈴木、かみまちです。
よろしくお願いいたします。

報告(1) 3月定例議会の議案、陳情等(要約テキスト版)

3月定例議会は質疑の持ち時間を変更する等、引き続き新型コロナウイルス感染症対策をして本会議と委員会を行いました。議案数が多かったため、通常は1日で終える初日即決分を2月24日と28日の2日間かけて審議、議決しました。3月1日に代表質問を3月2日から4日までの3日間で一般質問を行いました。7日から10日は常任委員会、議会改革調査特別委員会を開催し、3月14日から17日令和4年度予算特別委員会を行いました。24日に最終日を迎えました。今議会では、市長提出議案19件、うち本会議即決9件、委員会付託10件、委員会提出議案1件、議員提出議案2件の審議、議決を行い、6件の請願・陳情で結論を出しました。 まず、3月定例議会で議決しました議案や請願・陳情等について報告いたします。
最初に市長提出議案です。議案1号はいわゆるマイナンバー法の関係で、東京都が心身障害者の医療費の助成制度にマイナンバーを利用するにあたり、当市として対応するためです。議案2号は個人情報保護に関する条例の一部改正です。デジタル社会の形成を図るため、個人情報保護に関する法律の廃止等に伴い、改正を行うものです。議案3号は非常勤特別職の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正です。自治体DXを推進するにあたり、高度な専門知識を有する外部人材を最高情報総括責任補佐官(CIO補佐官)として任用するためです。議案4号は国保財政の健全化と安定運営に資する税率改定、軽減や減免の継続のための改正するものです。議案5号は後期高齢者医療広域連合規約の一部変更で、令和4、5年度の後期高齢者保険料の軽減を区市町村負担金の支弁とするために変更をするものです。議案6号は市立公園の一括包括指定管理に伴い、令和4年7月1日から令和14年3月31日までの指定管理者を指定するための議案でした。議案11号から15号は、令和4年度予算です。後ほど予算特別委員会委員長よりご説明させていただきます。議案16号は教育委員1名の任期満了に伴い、市議会の同意を求めるもの。議案17号は一般会計補正予算第7号。報告1号は、一般会計補正予算第6号を専決処分したことによるものです。
委員会提出議案1号は本会議の開始時刻をこれまでの午前10時から9時30分に改めるものでした。
議員提出議案は2件で、1号は聴覚障害の方たちのスポーツの世界大会であるデフリンピックを東京で開催することを都に求めるものです。2号は決議で、ロシアによるウクライナ侵攻に東村山市議会として強く抗議する内容です。

おもな議案の審議内容をお伝えします。市立公園の指定管理者の指定は、令和4年7月1日から令和14年3月31日まで10年間の指定管理者を指定する議案でした。市立公園169か所の指定管理者として株式会社日比谷アメニス、大和リース株式会社、相羽建設株式会社による共同企業体「アメニス東村山市立公園グループ」を指定しました。選定の決め手は市域を4ブロックに分けてスタッフを配置し、管理拠点を設ける。日比谷アメニス株式会社が市内に営業所を開設すること。当初2年間は全ての公園を毎日巡回して樹木管理等を行う。管理・運営を指定管理者に移行することで期待することは、経費を抑制しながら適切に維持管理が行えることや新たなサービスの提供。エリアマネジメントによるまちづくりであることがわかりました。ユニバーサル公園が提案されているが、全てが対象か?の問いには、全ての人が平等に利用機会を得られるよう改善するため、多機能トイレ、授乳室、オムツ替え台の設置や段差などのバリアフリーの実現も提案があると答弁がありました。なお、写真にある遊具は他自治体で設置されているものであくまでイメージです。採決の結果、賛成多数で提案の通りに指定することに決しました。
次に最終日に提出された令和3年度の補正予算についてご説明します。歳入歳出それぞれ15億7,626万5,000万円増額し、総額を693億3,714万2,000円とする補正予算でした。令和3年度7回目となるこの補正は(1)進捗状況に応じた歳入歳出予算の整理(2)新型コロナウイルス対策ワクチンの小児接種分委託料(3)財政運営の持続可能性のため、基金への積み立てや土地開発公社の長期保有土地の買戻し等を行うことを目的とするものです。地域環境力活性化事業補助金の使途は、アライグマ・ハクビシン等駆除事業、公園管理費、せせらぎの道整備事業、野火止用水整備事業費等に充てるとされ、野火止用水の整備については、令和2年12月定例議会で、東村山市議会として都知事に対して「野火止用水保全に必要な整備、及び維持管理等に対する助成措置を求める意見書」を可決した効果であることがわかりました。予算案は、賛成多数で可決しました。
続いて、議員提出議案です。東村山市議会として、今般のロシアによるウクライナ侵攻に抗議するため、全会一致で決議を行いました。

 

報告(2) 令和4年度予算審査について(要約テキスト版)

続いて、令和4年度予算審査について、特別委員会委員長を務めた小林美緒議員より報告します。
予算審査は、正副議長を除く議員全員で構成する特別委員会で4日間にわたって行いました。令和4年度の予算は一般会計と国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療の3つの特別会計、公営企業会計の下水道を合わせた総額で1,008億3,624万8千円です。一般会計も総額も過去最大規模です。これは一般会計611億3千万円余りの歳入の割合を示すグラフです。市民の皆さまが納めてくださる税金、国や都から交付されるお金、借入金である市債、地方交付税等で構成されています。こちらは歳出です。福祉関係の民生費がほぼ半分を占め、道路や鉄道連続立体交差、公園等に充てられる土木費が10.7%、市役所の運営等に充てられる総務費が9.4%等となっています。一般会計の主な事業としては、都市計画道路整備に約16億円、鉄道連続立体交差には12億円余り、萩山公園用地の買い取りに9億3千万円余り、小中学校のトイレ洋式化には5億7千万円余り、公園の指定管理には2億2千万円等となっています。4日間の審査の結果、一般会計と国民健康保険事業特別会計は2つの会派と会派に属さない議員4人が賛成し、後期高齢者医療と介護保険事業の特別会計、下水道会計は、2つの会派と5人の会派に属さない議員が賛成し、いずれも可決となりました。
 

6月定例議会の予定(要約テキスト版)

最後に、6月定例議会の予定をお知らせいたします。会期は6月6日から6月28日を予定しています。6月6日初日(市長所信表明・試案審議等)、6月9日・10日・13日 一般質問、6月15日・16日・17日・20日・21日 各委員会開催、6月28日 最終日(委員長報告・議案審議等)
傍聴につきましては、感染対策として人数制限をしながら、傍聴席で行えるように進めております。インターネットによる中継もぜひご活用ください。状況の変化もありますので、事前に市議会HPでご確認の上、お越しください。ご理解のほどお願いを申し上げます。

 

副議長挨拶(要約テキスト版)

皆さま本日は議会報告会にご参加いただきましてありがとうございました。
今回リアルとオンラインで40名近くの方がご参加いただいたこと重ねて御礼申し上げます。意見交換会では時間が足りなかったのではないかと思います。また引き続き意見交換も大切にしながら議会として皆さまのご意見を市政に反映することができたらというふうに考えております。長時間お付き合いいただきましてありがとうございました。また本日伝えきれなくて個別に伝えたいことがあればお声がけいただければと思います。本日は本当にありがとうございました。以上で議会報告会を終了いたします。

 

報告書

スケジュール

令和4年3月 1日(火曜)内容の協議、概要決定
令和4年3月11日(金曜)周知方法の共有等(オンライン)
令和4年3月25日(金曜)内容の確定(オンライン)
令和4年4月 7日(木曜)報告内容案の提出
令和4年4月19日(火曜)広報広聴委員による報告内容と流れの確認 
令和4年5月 9日(月曜)全体でのリハーサル
令和4年5月20日(金曜)Zoomによるオンライン報告会、質疑応答、意見交換会

参加人数

37名(会場15名、オンライン22名)

報告内容

  • 議員紹介

常任委員会ごとに議員の紹介をした。 

  • 議案や陳情等について

・市長提出議案19件のうち次の2件を詳細に報告した。
(1)東村山市立公園の指定管理者の指定
(2)一般会計補正予算(第7号)

  • 議員提出議案

・委員会提出議案1件、議員提出議案2件のうち、次の1件を報告した。
ロシアによるウクライナ侵攻に抗議する決議

  • 令和4年度予算審査

・令和4年度予算の概要を報告した。

  • 質問への回答

【質疑応答】
質問 以前、議案などの報告は常任委員長が担当していたが、ひとまとめで報告するようになった理由は?(オンラインから)
回答 担当者の入れ替えに時間がかかっていたため、参加者から報告が長いという意見があり、少しずつ報告時間を短くしてきた中で、報告者を最小限にした経緯がある。
質問 欠席議員がいるのはなぜか。(オンラインから)
回答 議会運営において気に入らない結果があるというのをもって、ほかの議員と同一行動はできないという理由で出席しないということだ。これまで以上に働きかけていく。
質問 東村山市役所や出先機関で使用している電力の再生可能エネルギーの比率は?(会場から)
回答 市役所本庁舎といきいきプラザで使用している高圧電流は、今年度から民間提案制度を活用し100%再生可能エネルギーに切り替えた。低圧電力は検討中である。
質問 公園の指定管理者の決め手や他方のJVに決定しなかった理由が聞きたい。(会場から)
回答 点数的には競り合ったが、入札金額と市内を4つのブロックに分けて拠点を設けて毎日見回りをする、最初の2年間ですべての公園の一定の整備をするという点が決め手になった。
【意見】
・東村山市の道路はひどすぎる。デコボコしている道は多いし、暗い。なんとかならないのか。(会場から)

  • 意見交換会

意見交換会「どうなる?どうする?新年度の東村山市」
各委員会に分かれて、予算特別委員会の内容を中心に、所管内容についてハイブリッド方式(オンラインと現地参加)で意見交換を行った。
(1)政策総務委員会
(2)厚生委員会
(3)まちづくり環境委員会
(4)生活文教委員会

アンケート集計結果

参加方法
12件の回答

annke-to

1.お住まい
12件の回答

annke-to

2.年代
12件の回答

annke-to

3.議会報告会の開催および動画配信を何でしりましたか(複数回答可)
12件の回答

annke-to

4.これまでに会場・オンラインも含めて、議会報告会に参加したことがありますか
12件の回答

annke-to

5.報告の内容はいかがでしたか?
12件の回答

annke-to

6.長さはいかがでしたか?
11件の回答

annke-to

7.感染症の流行が終わっても、オンライン議会報告は必要ですか?
12件の回答

annke-to

8.市議会だよりを読んだことがありますか?
12件の回答

annke-to

8-1.特定の記事だけ読むと答えた方は、該当するところを教えてください(複数可)
2件の回答

annke-to

9.議会報告会に参加された感想、ご意見を聞かせください(リアル会場およびオンライン参加)
・介護中の方が参加されており、オンラインでなければ参加できない市民にも機会があることは素晴らしいと思います。スマホのカメラを使って、話している人の様子を写すなど、オンライン参加者への配慮も良くされていると思いました。意見交換の時間がもう少し欲しかったです。ありがとうございました。
・傍聴だけしたい方への配慮があっても良いのでは。
・議会報告Zoomが掲載されている市のHPのページに、該当する市議会だよりのリンク先を掲示していただけたら。また、市のHPにある市議会だよりのPDFはファイルサイズを小さくするためか8分割ぐらいになっていますが、一つずつ開くのが面倒な人用に統合版があるとよい。
・もう少し時間が長い方がいい。また、土日の日中にやれたらさらに参加者が増えるのでは?
・会場に行くほどの熱意をもっているわけでなく、少し覗いてみたいという気持ちなので、オンライン配信はありがたいです。議員の方々の懸命な努力を感じています。新しいことにチャレンジするのは大変ですが、やってみることで新しい視点が入ることはとても重要だと思います。むしろ新しいことを取り入れられない方々は正直、議会にいてほしくないです。どうしたらクリーンな議会になるのか。そればかりを考えています。建設的な話し合いができる議会を望んでいます。いつもご尽力ありがとうございます。今後も宜しくお願いします。
・短い限られた時間なので、欠席市議の方のご説明に時間をとるのは、勿体ないと感じました。また、ブレイクアウトルームの、リアルに参加されている方の個別事案は、後ほど丁寧にお話し聞かれるか、その方のお話聞く方と、オンライン対応される市議さんと、分かれても良かったのではないかなと思います。
・障害のある娘の介護と家事をしながらですが、参加させていただきありがとうございました。オンラインでなければ、お話しを聞く機会もありませんので、とても貴重な時間となりました。私は、障害のある娘の介護をしており、日々時間におわれております。その中での参加は、有意義なものであってほしいと思っております。ですので、せっかくブレイクアウトルームでの、参加された方々の貴重なお話しをうかがえる事がタイムアップでできなかった事が残念でした。 そう思いますと、最初の欠席議員の理由説、ご説得された経緯などは、口頭でなくても良いかと。欠席議員の質問に対しては、今までの経緯をまとめた文章を作成し、こちらをご覧くださいのご案内でもよいのではないですか?市民の声を市政に活かす為の議会報告会と、市役所のホームページにあり、一市民の声をきいていただける素晴らしい取り組みと思いました。子育て中の若い方もオンラインですと参加しやすいと思います。ご検討よろしくお願いいたします。

・ハイブリッドでの開催、ありがとうございました。自分の参加させていただいたグループでは大きな問題もなく、会場に行かれる人行かれない人が共に話し合える貴重な対話の機会となりました。ぜひ継続いただきたいです。
・ブレイクアウトルームの話し合いは短く感じましたが、最初の自己紹介で各自の関心事を話す機会があったため全員、最低限の発散、共有ができてよかったです。
・Zoom参加者が置いてきぼりにならないような配慮、細かな役割分担、運営にあたる皆さんのチームワークが感じられ、オンラインでも不安なく臨むことができました。
・委員会報告は、案件にもよりますが(固定の担当者ではなく)持ち回りの方が、様々な議員さんの声を聞くことができよいと感じました
・市民の縮図としての議会において(欠席議員については)「誰かが悪い」ではなく、粘り強く解決を目指されることと理解します。毎回、大小によらず改善や工夫のみえる議会報告会、次回も楽しみです。
・市民の意見を実際の政策に活かすために、議論の時間の確保やより正しい認知認識を市民に広げる目的で、将来的には定例会報告とは別に、テーマごとの意見交換会を設けることもご検討をお願いいたします。
・会って話し合いが出来る事は素晴らしいです!
・今のリアルとオンライン同時進行は手探り段階ですが応援したいです。この方向性であっていると思いました。是非とも継続、改善していってください。
・高齢者が自宅からオンラインで参加しやすいようにしてはいかがでしょうか。参加率ぐっと上がると思いますよ。このままですと質疑応答などで吸い上げられる意見が若い方々の声に片寄る気がします。高齢者のオンライン参加はハードルが高いので大変なこととおもわれますが対策お願いします。
・リアルとかオンラインなどという言葉を使うのであれば50代以上の市民にはその説明からしてあげてください。会場参加、スマホで自宅から参加、等の日本語で言ったほうが。
・最後のグループに分かれて話し合った件です。グループ会の報告をする時の立ち位置は最初から床に印でもして決めておいてください。手話通訳さんが画面に映っているか気にしている様子でしたが時間の無駄かな、と感じました。

・なぜツイッターでお知らせしないのですか?ホームページで、議会報告会にたどりつくまで、何回もポチっと繰り返し。これは、開催お知らせにはなっていないと思います。
・リアル開催ができて、よかったです。たとえ主義主張が異なっていても、議員さんは市民のために活動をしていらっしゃるので、直接会話ができ、人となりを知る機会にもなります。顔と顔を合わせて、こんにちはの挨拶がまずできること。人と人がつながらなければ、街づくりをし、災害時には命を守るわが街にはならないとコロナ禍を経験し、さらに感じております。
・オンライン開催は、日本中世界中の方々と交流できる機会をぜひ続けていただきたいです。
・委員会ごとの挨拶は、各員会に所属される方が覚えられないので良かったです。しかし、次の挨拶集団は、脇に集まって待機する習慣がやっとできるようになっていたのに、今回はなさえていませんでした。時間短縮にご協力お願いしたいです。
・公務としての議会報告会においても、ご負担にならない程度に災害時の避難時経路のご確認意識付けをお願いいたします。活動しやすい服装か、行動分担はどうかのちょっとした意識の積み重ねは、大切にしていただきたいです。
・議会災害マニュアルの訓練報告は、議会報告会・議会たより、ツイッターで発信をお待ちいたします。
・流れるような報告。私自身が傍聴できていない項目や、知識不足の議事は理解できないまま終わりました。
・永年欠席していた議員さんたちについて、公的な場面で、論理的表現での市民向け説明は、見たり読んだり聞いた覚えが私にはありません。不満です。
・参加する方々の抱える問題や要望意見は、幅広いのに、時間は短い討論会です。議会報告会の討論ならば、その時の委員会議題に合わせたグループ討議にして、次の議会や委員会の運営につながるような場はいかがでしょうか?委員会ごとに取り組んでいることへの意見交換でもよいと思います。
・市外、遠方や様々な年代参加がありよかったです。せっかくなので、市外の方々のご意見感想も、その場でお伺いできたらなと感じました。
・ご担当の議員さんたちが、お忙しそうで気の毒でした。事務的な操作は、事務局にお願いできないのですか?操作できない議員さんばかりになると、開催できないことが、はっきりわかった現場でした。
・コロナ禍や発災時の議会運営にも必要なSNS?(言葉の使い方がわかりません)への取り組みを課題として取り組んでほしいです。

成果と課題

  • 全体

・アンケートの回答数が少なく、来場者には紙で提供した方がよかったと思った。
・会場とオンラインと偶然同数ほどであったので何とか対応できたが、今後併用する際は少なくともオンライン参加者の人数をある程度把握していないと対応が難しいのではないか。事前申し込みも検討すべきか。
・本番中にカメラの電池が切れてしまった。カメラと立ち位置を決めておかないと、手話に発言者がかかってしまったところがあった。
・議会報告会をボイコットしている議員の欠席理由は毎回同じなので、欠席届に書かれていることを読み上げるのみでよいのでは?
・事前の準備が足りず、スムーズにできないところがめだった。シミュレーションが必要だった。

  • 意見交換

・委員会に分かれての話し合いは充実し、時間が足りないとの声が聞かれた。
・オンライン参加、リアル参加の全ての人に公平に話してもらう工夫が必要と感じた。また、オンライン参加者にわかりやすいカメラの配置や音声も工夫が必要である。
・質問を要約するのは大変であり、締め切り時間などを工夫する必要がある。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3905~3906)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る