このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

正副議長あいさつ

更新日:2020年3月10日


議長 熊木敏己


副議長 石橋光明

ようこそ 東村山市議会のホームページへ


 日頃より、東村山市議会に対し、ご理解とご協力を賜り、心より御礼申し上げます。
東村山市議会は、平成31年4月の市議会議員選挙において新たに25名の議員が選出されました。この結果、8名の新人議員、12名の女性議員が誕生し、女性議員の比率は約5割となり、この割合は全国トップクラスになっていますが、男性議員、女性議員に関わらず、市民の皆様の負託に応えられるよう働いてまいります。

 さて当市議会は、平成26年4月、都内では5番目に「議会基本条例」を施行しました。施行以降、議会報告会の開催や議会基本条例の定期検証などを実践し議会改革を進めております。これら実践の結果、早稲田大学マニフェスト研究所主催「議会改革度調査」の直近のランキングでは、調査に参加した全国の市議会(1,447市議会)中、79位と高いランキングとなっております。これらの評価をいただいていることなどにより、近年では全国の議会から議会改革関連の視察が大変増加していることは有難くもあり、また、当市議会の活動が参考になれば幸いと考えております。

 現在市議会は、令和元年12月に設置した「議員報酬及び政務活動費に関する調査特別委員会」での議論がスタートしています。この特別委員会は、様々な視点から報酬や政務活動費を調査すると同時に、議員の議会以外の活動に何があるか、またその活動に要する時間を調査する目的で、本年2月~4月の3カ月間「議員活動実態調査」を行っております。今後もしっかりとした調査を踏まえ、将来の議会・議員のための議論をしていきます。

 最後に、東村山市議会基本条例の第一条「目的」では、「この条例は、二元代表制の下、東村山市議会が果たすべき責任と役割を明らかにし、そのための活動原則のほか、議会及び議員に関する基本的事項を定めることにより、議会が市民の負託に応え、もって市政の発展及び市民福祉の向上に寄与することを目的とする。」としております。
 “議会が果たすべき責任と役割”をしっかり認識した上で仕事をしていくこと同時に、“信頼される議会”になれるよう努力していく所存です。
 今後とも議会へのご理解とご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。

                           東村山市議会議長   熊木 敏己
                           東村山市議会副議長  石橋 光明

このページに関するお問い合わせ

議会事務局
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 市役所本庁舎5階
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2813・2814)  ファックス:042-397-9436
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
議会事務局のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る