このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

後期高齢者医療保険料の仮徴収

更新日:2019年1月30日

仮徴収とは

 年金からの天引きにより後期高齢者医療保険料を納付する方法を「特別徴収」といい、偶数月(4月、6月、8月、10月、12月、2月)が保険料の納付月となります。

 保険料額は確定申告後の所得をもとに計算されます。特別徴収の「仮徴収」とは、所得が確定するまでの間、前年度の保険料額を基に仮算定された保険料額を徴収することです。

 7月中に年間の保険料額(4月から3月までの1年度分)が決定するため、4月、6月、8月の保険料額は、仮徴収として、前年度の2月納付額と同じ額を年金から天引きします。
 その後、決定した年間の保険料額から、仮徴収で天引きした額を差し引いた残りの額を、10月、12月、2月に本徴収として年金から天引きします。

後期高齢者医療保険料仮徴収について

 後期高齢者医療保険料の仮徴収の対象となるかたは、これまで保険料が年金から天引きされているかたです。前年度2月に支給された年金から天引きされた保険料額と同じ金額が、4,6,8月の年金から天引きされます。仮徴収額決定通知書は送付しませんので、ご留意ください。

 ただし、次のかたは保険料が年金から天引きされません。

  1. 特別徴収(年金天引き)から口座振替へ納付方法を変更されたかた
  2. 介護保険料が差し引かれている年金の年間受給額が18万円未満のかた
  3. 介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が、介護保険料が差し引かれている年金の2分の1を超えるかた
  4. 介護保険料が年金から天引きされなくなったかた

新たに仮徴収の対象となるかた

 これまで納付書や口座振替で納めていた「普通徴収」から、年金から保険料が天引きされる「特別徴収」に変わります。対象となるかたは、次のとおりです。

  1. 4月2日から10月1日までの間に75歳になられたかた
  2. 4月2日から10月1日までの間に東村山市へ転入されたかた
  3. 4月2日から10月1日までの間にその他の理由で後期高齢者医療保険の資格を取得されたかた

 年金から天引きされる保険料額(仮徴収額)は、前年度の保険料を元に算出されます。2月下旬に「後期高齢者医療保険料仮徴収額決定通知書」を送付いたします。

 ただし、次のかたは保険料が年金から天引きされません。

  1. 特別徴収(年金天引き)から口座振替へ納付方法を変更されたかた
  2. 介護保険料が差し引かれている年金の年間受給額が18万円未満のかた
  3. 介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が、介護保険料が差し引かれている年金の2分の1を超えるかた
  4. 介護保険料が年金から天引きされなくなったかた

 該当されるかたは、7月に「保険料決定通知書」および「納入通知書」を送付いたしますので、納入通知書または口座振替でご納付ください。

口座振替でのご納付を希望されるかた

 後期高齢者医療保険料の納付方法は、年金天引きと口座振替による納付を選択できます。年金からの天引きを希望されないで、口座振替を希望されるかたは、振替口座の登録と納付方法変更申出書の手続きが必要です。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保険年金課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2533~2538、2543~2545、2546~2547)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部保険年金課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る