このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

児童福祉法のサービス

更新日:2019年10月1日


 児童福祉法のサービスである障害児通所支援(児童発達支援・医療型児童発達支援・居宅訪問型児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援)をご利用いただくためには、所要のお手続きをしていただくことになります。児童福祉法のサービスにおきましても、障害者総合支援法と同じく、利用者負担額は原則1割となりますが、所得に応じて月額の負担上限が減額されます。ご利用にあたりましては、障害支援課窓口までお問い合わせください。

*令和元年10月1日から児童発達支援等の利用者負担が無償化されます。無償化の対象となる期間は満3歳になって初めての4月1日から3年間です。なお、利用者負担対象外の費用(食事等の実費で負担しているもの等)はお支払いただきます。無償化にあたり、手続きは必要ありません。
児童発達支援等の無償となるサービスを利用されている無償化対象の方は、通所受給者証の特記事項欄に「無償化対象児童」の印字が記載されます。また、負担上限月額に金額の記載(4,600円、37,200円)がある方も、無償になりますのでご了承ください。

無償となるサービス
 ・児童発達支援 ・医療型児童発達支援 ・居宅訪問型児童発達支援 ・保育所等訪問支援 ・福祉型障害児入所施設 ・医療型障害児入所施設

児童福祉法のサービス

児童発達支援

障害児の日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練等を行います。

医療型児童発達支援

肢体不自由児につき、医療型児童発達支援センターや医療機関等に通い児童発達支援のサービスや治療を行います。

放課後等デイサービス

就学児童に対し、授業終了後や休業日に、生活能力向上のための訓練や社会交流等を行います。

保育所等訪問支援

保育所等において、集団生活への適応のための専門的な支援を行います。

居宅訪問型児童発達支援

外出が著しく困難な障害児の自宅に訪問し、療育を行います。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部障害支援課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:電話:市役所代表:042-393-5111(内線3152、3153、3155~3157、3163~3168)  ファックス:042-395-2131
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部障害支援課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る