このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

中等度難聴児発達支援事業

更新日:2016年1月4日

中等度難聴児発達支援事業とは

身体障害者手帳の交付対象とならない中等度の難聴児に、補聴器の購入費用の一部を助成し、言語の習得や生活能力、コミュニケーション能力等の向上を図り、健全な発達を支援する事業です。

対象者

  • 市内に居住する18歳未満の児童。
  • 聴覚障害に係る身体障害者手帳の交付対象となる聴力でない児童。
  • 両耳の聴力レベルが概ね30デシベル以上であり、補聴器の装用により、言語の取得等一定の効果が期待できると医師に判断された児童。
  • 当該児童の属する世帯に、市区町村民税の所得割が46万円以上の方がいない児童。

助成内容

補聴器の購入費と助成金額(137,000円)を比較して、少ない方の額の9割を助成します。非課税、生活保護・中国残留邦人等支援給付受給世帯は10割を助成します。ただし、修理や付属品は対象外となります。
注記:補聴器購入前の事前申請が必要となります。購入後の助成は対象となりませんので、ご注意ください。

助成できる補聴器の種類
補聴器の種類 1台あたりの基準価格 基準価格に含まれるもの 耐用年数
高度難聴用ポケット型 137,000円 補聴器本体及びイヤーモールド 5年
高度難聴用耳かけ型
重度難聴用ポケット型
重度難聴用耳かけ型
耳あな型(レディメイド)
耳あな型(オーダーメイド) 補聴器本体
骨導式ポケット型 補聴器本体、骨導レシーバー及びヘッドバンド
骨導式眼鏡 補聴器本体及び平面レンズ

申請書類

  • 補聴器購入費助成申請書
  • 補聴器購入費助成金交付意見書(注記あり)
  • 補聴器の販売業者が作成した見積書
  • その他、市長が必要と認める書類

(注記)
以下のいずれかの耳鼻咽喉科医師が記入した意見書
1.身体障害者福祉法第15条第1項に基づく指定医
2.障害者総合支援法第59条第1項の規定による指定自立支援医療機関の医師
3.主治医

問い合わせ先

東村山市役所 健康福祉部 障害支援課 支援第1係
Tel:042-393-5111(内線3165~3169)
Fax:042-395-2131

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部障害支援課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線3152、3153、3155~3157、3163~3169)  ファックス:042-395-2131
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部障害支援課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る