このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 子育て・教育 の中の 子どもの健康・医療 の中の 風しんの流行に注意してください のページです。


本文ここから

風しんの流行に注意してください

更新日:2019年6月6日

風しんの流行について

 東京都内での風しんの感染者数が大幅に増加しています。感染する方の多くは、過去に定期の予防接種を受ける機会のなかった30代から50代の男性です。今後も流行が続くおそれがあり、注意が必要です。

風しんとは

 風しんとは、風しんウイルスによる感染症で、せきやくしゃみなどの飛まつによって感染します。感染力が非常に強く、インフルエンザの2~4倍の感染力があると言われています。ウイルスに感染してもすぐには症状が出ず、約14~21日の潜伏期間を経て、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。
 妊娠早期に風しんにかかると、風しんウイルスが赤ちゃんに感染し、白内障や難聴、心臓病などの、先天性風しん症候群と呼ばれる障がいを持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 風しんについて(厚生労働省)

風しんの感染拡大防止の為に

 風しんは咳・くしゃみで他人にうつるため、特に、学校、職場、公共交通機関などの人が集まる場所で感染が拡大する恐れがあります。

妊娠を希望する女性、妊婦とそのご家族にできること

  • 抗体検査を受けましょう
  • 抗体価が低い場合は、ワクチン接種を検討しましょう

(注記) 妊婦はワクチン接種が出来ないので

  • 不要不急の外出は避け、人混みに近づかないようにしましょう
  • 風しんを疑う症状(発熱・発疹など)が出現した際は医師に相談しましょう

みんなで出来る対策

  • 体調がすぐれない時は、ムリして外出しないでください
  • どうしても外出が必要な場合には、咳エチケットを徹底しましょう
  • 風しんを疑う症状(発熱・発疹など)が出現した際は医師に相談しましょう

クーポン券による風しん抗体検査・第5期定期予防接種について

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、市から発行されるクーポン券を使用し、風しんの抗体検査と予防接種(第5期定期接種)を無料で受けられます。本制度は、令和4年3月31日までの3年間実施されます。

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

クーポン券一斉発送について

 本年度においては、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象に、クーポン券の一斉発送を予定しております。発送時期は6月末から7月初旬を予定しております。

クーポン券の個別申請について

 一斉発送の対象外のかたや、一斉発送前にクーポン券が必要なかたは、個別申請による発行を受け付けています。詳しくは、「風しん抗体検査と風しん第5期定期予防接種について」のページをご確認ください。

風しん抗体検査と風しん第5期定期予防接種について

風しん抗体検査・予防接種助成制度(先天性風しん症候群対策事業)について

 東村山市では、対象となるかたに風しんの抗体検査と予防接種(麻しん・風しん混合ワクチン、風しんワクチン)費用を助成する事業を実施しています。

対象者

 以下のかたは、先天性風しん症候群対策事業の対象者となります。全額公費負担(無料)での抗体検査や、一部自己負担(約1割の自己負担)での予防接種を受けることができます。

東村山市に住民登録がある19歳以上のかたで、下記1.~3.に該当するかた
1.妊娠を予定又は希望している女性
2.妊娠を予定又は希望している女性の同居者
3.妊婦の同居者

ただし、下記に該当するかたは対象になりません。

  1. 妊娠中、または妊娠している可能性が高いかた
  2. 風しん(麻しん・風しん混合ワクチン含む)予防接種を過去2回以上受けたことが確認できるかた
  3. 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(クーポン券の制度をご利用ください。)

詳しくは、先天性風しん症候群対策事業のページをご確認ください。

先天性風しん対策(抗体検査・予防接種)事業

風しんの予防接種について

 風しんの感染を防ぐには、予防接種が有効です。上記「先天性風しん症候群対策事業」及び下記「定期の予防接種」の対象ではないかたは、自己負担となってしまいますが、ワクチンの接種をご検討ください。

特に検討が必要なかた

(1)30歳代から50歳代の男性(抗体価が低いかたが2割程度いると言われています)
(2)妊婦の夫、子どもなどの同居家族
(3)妊娠を予定または希望する女性

定期の予防接種

 以下のかたは、定期の予防接種の対象者となります。全額公費負担(無料)で予防接種を受けることができます。
 子どもの予防接種については「麻しん風しん予防接種(第1期・第2期)」のページをご確認ください。

麻しん風しん予防接種(第1期・第2期)

 大人(男性)の予防接種については「風しん抗体検査と風しん第5期定期予防接種について」のページをご確認ください。

風しん抗体検査と風しん第5期定期予防接種について

【対象者】
(1)生後12か月から24か月に至るまで(2歳の誕生日前日まで)のお子さん
(2)平成25年4月2日生まれから平成26年4月1日生まれのお子さん
(3)昭和37年4月2日生まれから昭和54年4月1日生まれの男性

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部子育て支援課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 いきいきプラザ2階(育成係:手当・子ども医療証について) いきいきプラザ3階(母子保健係:母子保健・予防接種について、地域支援係:子育て支援について)
電話:市役所代表:042-393-5111(内線:育成係3265~3268・母子保健係3362~3366・地域支援係3263)  ファックス:育成係042-394-7399・母子保健係・地域支援係042-390-2270
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
子ども家庭部子育て支援課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る