このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 子育て・教育 の中の 子どもの健康・医療 の中の 風しんの流行に注意してください のページです。


本文ここから

風しんの流行に注意してください

更新日:2018年9月4日

風しんの流行について

 現在、例年と比較し、東京都内での風しんの感染者数が大幅に増加しています。感染する方の多くは、過去に定期の予防接種を受ける機会のなかった30代から50代の男性です。今後も流行が続くおそれがあり、注意が必要です。

風しんとは

 風しんとは、風しんウイルスによる感染症で、せきやくしゃみなどの飛まつによって感染します。感染力が非常に強く、インフルエンザの2~4倍の感染力があると言われています。ウイルスに感染してもすぐには症状が出ず、約14~21日の潜伏期間を経て、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。
 妊娠早期に風しんにかかると、風しんウイルスが赤ちゃんに感染し、白内障や難聴、心臓病などの、先天性風しん症候群と呼ばれる障がいを持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。

風しんの予防接種について

 風しんの感染を防ぐには、予防接種が有効です。下記「定期の予防接種」及び「先天性風しん症候群対策事業」の対象ではないかたは、自己負担となってしまいますが、ワクチンの接種をご検討ください。

特に検討が必要なかた

(1)30歳代から50歳代の男性(抗体価が低いかたが2割程度いると言われています)
(2)妊婦の夫、子どもなどの同居家族
(3)妊娠を予定または希望する女性

定期の予防接種

 以下のお子さんは、定期の予防接種の対象者となります。全額公費負担(無料)で予防接種を受けることができます。
 詳しくは、麻しん風しん予防接種(第1期・第2期)のページをご確認ください。

対象者

(1)生後12か月から24か月に至るまで(2歳の誕生日前日まで)のお子さん
(2)平成24年4月2日生まれから平成25年4月1日生まれのお子さん

麻しん風しん予防接種(第1期・第2期)

先天性風しん症候群対策事業

 以下の方は、先天性風しん症候群対策事業の対象者となります。全額公費負担(無料)での抗体検査や、一部自己負担での予防接種を受けることができます。
 詳しくは、先天性風しん症候群対策事業のページをご確認ください。

対象者

東村山市に住民登録がある19歳以上のかたで、妊娠を予定又は希望している女性

(注記)下記に該当するかたは対象になりません。
1.妊娠中、または妊娠している可能性が高いかた
2.風しん(麻しん・風しん混合ワクチンを含む)予防接種を過去2回以上受けたことが確認できるかた

先天性風しん症候群対策事業

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部子育て支援課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 いきいきプラザ2階(育成係:手当・子ども医療証について) いきいきプラザ3階(母子保健係:母子保健・予防接種について、地域支援係:子育て支援について)
電話:市役所代表:042-393-5111(内線:育成係3265~3268・母子保健係3362~3366・地域支援係3263)  ファックス:育成係042-394-7399・母子保健係・地域支援係042-390-2270
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
子ども家庭部子育て支援課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る