このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

在宅避難のすすめ

更新日:2020年8月25日

 災害時には、危険な場所にいる人は避難することが原則ですが、自宅が安全な場合は避難所に行く必要はありません。
 過去の災害においても、避難所生活よりも住み慣れた自宅のほうがストレスなく生活できる場合が多いと言われています。

在宅避難生活への備え

必要物品の用意

  • 食糧や飲料水(1人1日3リットル)を3日から7日分以上用意しておきましょう。
  • 生活用水は、ポリタンクなどで備えておきましょう。
  • 災害時用の簡易トイレを用意しておきましょう。
  • カセットコンロ、ガスボンベ(予備も)を備えておきましょう。
  • 懐中電灯・ラジオ(手動式)・電池(携帯電話のバッテリーも)などの備蓄をしておきましょう
  • 自分専用のものなどで、なくては困る日用品を用意しておきましょう。(例)メガネ、コンタクトレンズ、生理用品、おむつ、哺乳瓶、補聴器など

家具類の転倒・落下防止対策など

  • 家具を安全に配置する。
  • 家具の転倒や移動を防止する措置をとる。
  • 棚の中の収納を工夫する。
  • 通路や出入り口付近には家具や荷物を置かない。
  • 窓ガラスに飛散防止フィルムを貼る

災害が発生したら

正しい情報を収集しましょう

ラジオ・テレビや市の広報に注意し、最新の情報を取得しましょう。
また、避難所でも各種情報の提供が行われます。

防災情報を取得できるシステム

物資などがなくなったら

 在宅避難をしていても支援物資の配布を避難所で受けることができます。配布は原則自治会単位となります。

地域で助け合いましょう

 災害発生後の混乱状況においては、自衛隊、警察、消防機関などの救援活動は限界を超えてしまいます。自身の身の安全を確保し、周囲の皆さんで助け合いながら災害を乗り越えましょう。

関連情報

避難場所等

このページに関するお問い合わせ

環境安全部防災安全課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2431~2434)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
環境安全部防災安全課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る