このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

堆肥化容器のご案内

更新日:2019年7月31日

堆肥容器の写真
蓋付の堆肥化容器

容器の説明
生ごみを投入し、生ごみ発酵促進剤(ボカシなど)をかけ、発酵させて、「堆肥」に変えるための容器です。

生ごみ減量化容器補助について
「堆肥化容器」や「コンポスト容器」の購入費 の一部を補助しています。
詳しくは、「生ごみ減量化容器購入補助」のページをご参照ください。

利用方法等

保管方法 直接日光や雨が当たらない所。
台所や物置でも使用できますが、ふたの開閉により臭気が出る事があります。
利用方法 (1)新鮮な生ごみを水切りをして投入します。
(2)生ごみを投入する際に、生ごみ発酵促進剤を振りかけます。
(3)堆肥化容器のふたを閉めて密封させます。
(4)容器の底に発酵液が溜まりますので、溜まったら下から抜く作業を行う必要があります。 
★(1)から(4)の作業を容器が一杯になるまで繰り返します。
(注記)夏場は1週間程度、冬場は2週間程度密閉させたまま熟成させます。
容器の底に褐色の液が溜まりますが、できれば毎日取り出しを行い(容器の底にある排出口がある)、500から1000倍以上に薄めて、液肥として植物等にも使用できます。
詳しい使用方法などは説明書などをご覧ください。
使用について 腐敗臭は、腐敗菌が増えてガスを発生させると出てきます。
腐敗する原因は、水分が多いことがあげられますので、十分に水気を切ってから生ごみを投入してください。
また、空気に触れると酸化腐敗をするので、ふたをキチンと閉めることと生ごみ発酵促進剤をよく振り混ぜてください。
詳しい使用方法などは説明書などをご覧ください。

関連情報

コンポスト容器のご案内

生ごみ減量化容器購入補助

このページに関するお問い合わせ

環境資源循環部ごみ減量推進課
〒189-0001 東村山市秋津町4丁目17番地1
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2622~2624)  ファックス:042-391-5847
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
環境資源循環部ごみ減量推進課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る