このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

地下水揚水施設(井戸)について

更新日:2021年8月10日

地下水揚水施設(井戸)を設置される方へ

 地盤沈下を防ぐために、新たに揚水施設(井戸等)を設置する際、「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(以下、「環境確保条例」)」により、構造基準等において設置が厳しく制限されています。揚水施設を設置される方は、設置届の提出が必要になります。

 環境確保条例施行規則が改正され、平成28年7月1日から、動力を用いる全ての揚水施設(一戸建て住宅で家事用のみに使用するものは、出力300ワットを超える揚水施設)が規制対象となり、届出が必要となります。詳しくは東京都環境局のホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 東京都環境局ホームページ(外部リンク)へ

(注記)環境確保条例の様式の改定により、届出者の押印は不要になりました。

地下水揚水施設(井戸)の構造基準等

 環境確保条例では、下表のとおり地下水揚水施設(井戸)の構造基準と揚水量の制限が定められています。

揚水施設の構造基準等
吐出口の断面積 ストレーナーの位置 揚水機出力 揚水量の上限

6平方センチメートル
以下のもの

制限なし 2.2キロワット以下

一日平均
10立方メートル
一日最大
20立方メートル

6平方センチメートルを超え
21平方センチメートル以下のもの

500メートル以深とすること 制限なし 制限なし

21平方センチメートルを超えるもの

設置禁止

設置届提出時に必要な書類

  • 設置周辺の状況図
  • 配置図(井戸、水量計器等の位置図)
  • 井戸の構造図
  • 揚水機のカタログ
  • 水量測定器のカタログ など

地下水揚水量報告書の提出

 環境確保条例の対象となる揚水施設を設置された方は、年に1回、市に使用量を報告する義務があります。  

報告様式

報告対象時期

前年の1月1日から12月31日

報告内容

稼働日数、月別地下水揚水量、用途別揚水量内訳、一日平均揚水量、日最大揚水量、水位、水温

提出時期

毎年1月から2月頃
(注記)詳細については、決まり次第、揚水施設設置者に直接お知らせします。

提出先

環境資源循環部 環境保全課(秋水園)へ2部提出してください。

地下水揚水施設(井戸)を廃止される方へ

地下水揚水施設(井戸)を廃止した場合は、井戸廃止報告書を提出してください。

このページに関するお問い合わせ

環境資源循環部環境保全課
〒189-0001 東村山市秋津町4丁目17番地1
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2652・2653)  ファックス:042-391-5847
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
環境資源循環部環境保全課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る